Illustrator:グラデーションスウォッチの編集と更新できないと思ってたらできたわ

InDesignスクリプト以外でネタ投入するの何年ぶりかなんですけど。

えー、諸作業で行き詰まってまして。

Illustratorのグラデーションスウォッチって、
カラースウォッチと違ってグローバル要素がないので
ちょっと気に入らなくて内容を編集したくてもうまくいかなかったり、
適用済みのオブジェクトにまったく反映しなかったりで
毎回アタマが煮えてたんですが、ちゃんとやり方があったんですね。。

偶然見つけたやつなので、
知らなかったのが自分だけだともったいないと思っていちおう記録しておきます。

古いやつでも動くか確認したかったのでCS6で検証してみました。


 

こう、オブジェクトに適用しちゃったグラデーションスウォッチがあって、
これをぜひ直したい。


スウォッチパネルで対象グラデーションを選択しても、
グラデーションパネルでいじり始めるとハイライトが消えて無関係になっちゃう。
うちはこれ、それこそ平成ヒト桁の頃から諦めてたわけで。。。ほんとに。


まあ、無関係になってもほっといて、いい感じにグラデーションをいじります。
いい感じなんです、これで。これが。


グラデーションパネルのサムネイルを、元のスウォッチに
optionキーを押しながら(Windowsはaltキー)ドラッグ&ドロップ。
ドラッグ元のサムネイルはカラーパネルでもツールボックスでもなんでもおっけー。


これでグラデーションスウォッチの更新完了。
そんで適用済みオブジェクトにもばっちり反映。
やったーやったー。

このoption+ドラッグ、グラフィックスタイルで有効なのは知ってたけど
グラデーションでも通用したのはうれしい。ほんとに知らなかった。
パターンにも使えるかもね。

で、ほんとはコレをスクリプトでやりたかったので、
今もんどり打ってのたうちまわってます。。できるのか。(追記:あっさりできましたorz 難しく考えすぎてた)

Facebooktwitter

InDesign:アンカーオブジェクトの基準点がおかしくて直したら位置がぶっとんだときに実行すると変更前の位置になるようオフセット値を調整してくれるやつ

半年ぶりー。
なかなか手ごろな規模のネタがなくて更新久々っすな…
またぞろInDesignスクリプトですけど。

アンカーオブジェクト(もう「付き」つけない。めんどいから)があって、
気軽にサイズ変更すると基準点がヘンテコでチキショーッ、ってあるでしょう。
ヒトが作ったデータだと高確率でコレが来たりして、もうチキショーッ
それをちょっとラクして直すやつ書きました。


id_anchoredObjectHelper.jsx


2020.06.22 ver_b  もっとシンプルに直しました
InDesignたぶんどれでも動きます。
ファイル名は自分でてきとうにわかりやすくリネームしてください。
作者の手元では「アンカー位置なおすやつ.jsx」として活躍しています。

あそびかた

動画こしらえました。(が、最初のバージョンの挙動なので見なくていいです)


〜操作の流れ〜

設定のおかしいアンカーオブジェクトを選択、基準点を適正なものに変更
これで一旦オブジェクトがへんな位置に行きます。とても悲しい。

スクリプト実行

以下、スクリプトの挙動

取り消し
オブジェクトは正しい位置、ヘンな基準点、の状態に戻ります。

座標を取得
正しい位置を覚えます。

やり直し
オブジェクトは再度スクリプト実行前の、正しい基準点、ヘンな位置に。

オフセット値を調整
正しい位置に。

完了

となります。やったーばんざーい。

 

設定のおかしいアンカーオブジェクトを選択 
設定を変えたり、目的の変形したりするのはまだ我慢しててください。

スクリプト実行(1回め) 
実行履歴がない場合はダイアログ表示を割愛し、選択オブジェクトの座標値を記憶します。そのむねアラートでお知らせします。

アンカーオブジェクトの設定を修正 
いい感じにやっちゃってください。その結果、アンカーオブジェクトはヘンな場所に飛ばされますが、それも今は我慢。

スクリプト実行(2回め) 
ここでダイアログが出ます。記憶しといた位置に戻したいので「復元」を押してください。

終了 
アンカーオブジェクトは元のイイ位置になってるはずなので、存分にいじくりましょう。

 

えー、以上。くれぐれもコード見て笑わないでください_(┐「ε:)_
ScriptUI久々すぎてなんかマヌケな書き方しちまいましたが…Switch文とか使ってるしw

 

Facebooktwitter

今まで書いたスクリプトの中で今でも使えそうなやつを大まかに紹介するだけ

この記事はDTP Advent Calendar 2019の最後を飾るやつということになります。去年もなんにゃらかんにゃらで大トリを務めさせていただきました(補助席で)が…
むろん、超絶バチクソ気合の入った内容となっております。
(などとのたまうとなぜかブラフに捉えられる損なキャラ位置に置かれているんですが…ご想像の通りです)
今年いろいろありすぎてロクに更新してなかったなあ!

えーここ数年,気を抜くとInDesignの事ばっかりやってしまうと思いつつ,いつでもその時の自分の業務に直結した物しかやってないので、そこはまあ致し方なし。
折しも、自分がそこそこのスクリプトを作り始めてからちょうどほぼ10年ぐらいなので、総括…とまではいかないけど、今でも汎用性が高くて便利だなーって思えるものを独断でピッカップして、新規の使用例を交えて紹介してみます。順不同で。
本記事の概要だけ書くと非常に地味だけど、じっさい大変よこれ大変あるよ時間かかたよ。
量が量だけに、作例がテスト本意で実務とはほど遠い内容なのはご容赦を。
何が言いたいかというと、ビバビバ俺様ビバ俺様、ということです。ぜいたくをいいたいです。
スクリプト案件お待ちしております。堅牢性は最低限ですが発想力には事欠きません。


InDesign

Munchkin

マンチカン。正規表現ちょっとでもわかる人向け。
標準機能の検索でつかまえた文字列それぞれに対応した置換ができるツール。
目玉機能は数字を数値と捉えての増減置換。ヨロズ置換でマンチカン。イェーイ。ニャー。
※動画中の正規表現しくじってました。動作上は問題ないんですが
^([\d+])は ^(\d+)でOK,[㈪-㈰] は ㈪-㈰ でOKでした。録り直す元気はないw

以下、見づらい動画はYoutube上でオリジナルサイズでどうぞ。

PlaceOptionalText_2.2

※有償提供となっております
テキスト原稿をエディタからレイアウト上へ何度も何度もちまちまコピペする仕事の人向け。
専用パレットでぽんぽんとラクーに配置できます。地味に売れ続けててありがたいです。

IFA_id_1.40

※有償提供となっております
集版オペレーター向け。ドキュメント上のアタリ画像をトリミングの合わない実画像に差し替える補助ツール。Photoshopを併用します。
画像差し替え作業をやる人すべてに使ってほしい。そしておかねもちになりたい。
10年前、いちばん最初に書いたスクリプトはコレの原型。あまりにもハードルが高すぎた。

SelectionFilter

Illustratorの選択メニューに似た物を目指して作ったやつ。
選択と選択解除ができる。

SelectionExpander

ターゲットにしたオブジェクトと共通の属性をもつオブジェクトを一括選択するやつ。
たまにべんり。

id_distribute_!!_0mm

等間隔整列のパラメータ(間隔値)をスクリプトのファイル名にしておくだけでそれ専用として働く。
よく使う値のぶんだけスクリプトファイルを複製して使う。
トリミングをしくじっているので心の眼で見ましょう。

タブまとめて打つやつ

任意の挿入点から座標値を取得して、選択した段落群にまとめてタブストップを作成できる。
ウチ自身の2019年中の使用頻度はマンチカンと並びトップクラスでした。

JustificationSwitcher_id

テキストの位置はOKなのに揃え方向が残念なやつを直すもの。
これを機能縮小したIllustrator版ばっかり有名になってしまったけど、こっちが多機能なオリジナル。

gyogyomojier

CC2014まで対応のエクステンション(CC2015以降はCEP版開発までおまちください)
ギョギョモジャー(名前を付け直したい…)。テキストの行送り値を取り込み、カーソルキー移動量にセット。
そしてオブジェクトをリサイズ。
目分量で作られたレイアウトにとても便利。


Photoshop

opacity_Enhancer

Photoshopでピクセルの不透明度を100%に上げきるやつ。
自画自賛してやまないやつ。


Illustrator

ai_artboard_fitter

「アートボードをオブジェクトに合わせる」を上だけとか右以外とか部分的にできるやつ。
マスク内オブジェクトの形状も影響しちゃう残念仕様。その上でも用途は広い。

ai_trimMarkToArea

実体化したトンボをもとにアートボードを作ったり直したりするやつ。
これの出番がなくなる時代がくることを願ってやまんです。


その他

msByESTK

ExtendScriptが実行できる環境(Photoshop、Illustrator、InDesign、etc.)
で遊べるマインスイーパー。別途アイコンデータのダウンロードが必要。仕事中にぜひどうぞ(だめです)。
※空白地帯周辺のオープンに斜めが含まれていない(Windows版の動きに合っていない)と、あるふぁさんよりご報告があり、あるふぁさんが直してくれましたw 2019.12.25.15:55 再ダウンロードの上、上書きしてくださいまし。


んーな感じですね。作る側も見る側もダルいですねw
では、よいお年をー。

Facebooktwitter

InDesign:段落群に定位置のタブストップを追加するやつ

ひとかたまりの段落群にまとめてタブストップを追加するスクリプトを書きました。
みんなで使いましょう。
場面ごとにタブ位置が異なり、段落スタイルではいちいち設定しきれない、する意味がない、
みたいなやつに便利かと思います。


id_addTabStopLump.jsx

CS6で動作確認。たぶんCS3以降全部でいけます。
2019.02.28.16:20 ver_c CC2015以降でラジオボタンのテキストが見えない問題を修正
2019.09.04 ver_d 座標取り込みボタンを増設。先頭挿入点および中心(先頭と末尾の平均)で取り込み可能に


あそびかた

実行すると、なんかかわいいのが出ます。

タブ位置はパレット中央の入力欄にダイレクト入力してもいいですが、
位置取り込みボタンで、現在の挿入点の位置をキャプれます。 選択テキストから座標をキャプります。
思ったよりはんぱな小数が入りますが、そんなの気にしてたら今日も帰れませんよあなた。

手入力の際は単位も書き込んで可ですが、フィールド内計算式は非対応。
あとで自己理由で対応するかも。

揃え方向、リーダー文字、揃え文字は任意に変更してください。
リーダー文字は空欄にしてもOKですが、揃え文字はタブストップに必須となるので、
仮に揃え文字を空欄にした場合は「.」(半角ピリオド)が強制的に入ります。
その際、パレット上の揃え文字欄にも半角ピリが入ります。おせっかい。

で、タブストップを追加したい段落群を選択して、プリーズボタンをドン。
(タブストップを追加するだけの物なので段落テキスト内のタブ文字入力などは各自でやってください)

やったー。
という感じです。ラクだなあ。ああよかったなあ。

 

セル群を選択してプリーズした際は、内容の段落群ぜんぶいっぺんにアレします。
対象がセルの場合は組み方向は識別しないので自己責任でどうぞ。


ver_dより、取り込みボタンが以下のようになりました。

先頭挿入点:選択テキストの先頭の挿入点座標を取得
左右中央: 選択テキストの先頭と末尾それぞれの挿入点座標の中間点を取得

Facebooktwitter