Illustrator:スポイトツールのダメな挙動に詳しくなろう

どもども。
Adobeのフォーラムにも投げといたんですが、
イラスターのスポイトツールがガイドの影響を受けるようなので記録しておきます。
ちょっとOS切り替えの余裕がなかったので2021(25.4.4)でテストしてます。

なんでもいいのでガイドを作成して、
スポイトツールの適用先として長方形を用意しました。
CMYKドキュメントです。

で、オブジェクトのない白地上のガイドをスポイトツールで吸いまくる。

結果、黒、グレー(62.5%相当)、白、なんか濁ったシアン
の4パターン取れます。いや取れなくていいんだけどこれ。。

この「なんか濁ったシアン」は、ガイドのシアンがCMYK変換されたやつのようで、
環境設定でガイドの色をマゼンタにすると、なんか濁ったマゼンタが取れる。

実際のところ、オブジェクト外の白地をスポイトツールで吸うなんてことは運用上ほぼあり得ないことだし、
背面にオブジェクトがある限りはこの挙動は起こらないので、いいっちゃいいのかも知れないけど。けどだよ。
いちおう共有しときます。バグ報告するかは微妙だなあ。
ちなみにガイドを非表示にしても同様の結果でした。


おまけで、過去バージョンであったトンチキ挙動も紹介しておきます。

CS3以前で、こんなテスト。
シアン長方形、マスクされたレッド長方形、という構成。
下にあるのはスポイトツールの適用先に用意した長方形。

で、レッド長方形のマスク外領域を吸ってみる。
白丸をつけたところが吸ったところ。
赤いっ!

おなじみのアイランドガールに差し替えてみる。


「なし」が取れる。

この挙動、どのバージョンまで引っ張られたのか気になり、
CS4を起動してみたら、この点「は」直ってました。
しかし。
こっちはこっちで困った感じになっちゃってた。

シアン長方形の領域内にあるレッド長方形マスク部分を吸うと、シアンが取れる。
ちょっともう意味がわからないw

まあ、終わっちゃったバージョンのことはもういいよね。。
でもせっかく見つけたしほら。

InDesign/Illustrator:ワタナベのナベ、もう怖くないよ!

皆さん、ナベハラという言葉をご存知でしょうか。
まあ知らなくておっけーです。うちが勝手に作ったやつなので。
しかし、何を指しているか察しのつく鋭い方は
少なからず、い(らっしゃ)るんではないでしょうか。

ええまあ「辺」の異体字のことです。
いっぱいありますね。
というか、いーーーーーーっぱいありますね。。

こと実務の上では、ぶっきらぼうに、つっけんどんに、手書きでよこされるのみ。
やれ特徴を添えるとか、なんなら文字コードを教えてくれてもいいんですよ?
とにかく字形の選別に毎回馬鹿馬鹿しい時間をかけてしまう。
字形パネル上の、どれがそれだかわかりにくい。。
そんな悩みを抱えているのは自分だけではないと感じていたので、
なんとかしたいなあ、と常々思ってたんですが。
ちょっとなんかできたので配ります。

InDesign用

Illustrator用

indd と ai の実ファイルです。
宗教上の理由によりCC2019ドキュメントです。
たしかこれがデフォルトのはずなんですが、InDesignはUnicode順にしてあります。
IllustratorはGID/CID順のまま並びを変更できない(はず)。
(2021.10.13 ai用に検証時のスクショのリンクが残っていたのを消しました)

開いたかんじ、こう。

で、レイヤーパネルを展開すると、こう。

各パーツの分布が、こう。

この表組みの並びは、字形パネルを6列4行で表示して、基本の「辺」を選択した時の状態と対応しています。
InDesign版はUnicode順に(字形パネルメニュー>字形のソート確認してください)、
Illustrator版はGID/CID順となっています。

で、目的のパーツをレイヤー上から選別していきます。
色ごとに1つずつ表示させていくと、対象外の字は黒で目隠しされていく仕組み。
最後にどれか1個だけが残るので、
ドキュメントから文字を直接拾うなり、字形パネル上の場所の参考にするなりするなり。

どうでしょ。いいでしょ。使うでしょ。

InDesign:黒矢印で拡大縮小するときは線幅に気をつけて

とくに何もないのでしばらく更新とまってましたが。
まあ何もあるんですけど、いっぺんにあれもこれもやってたせいでひとつも形になってませんで。

今さらの基本の話なんですけど、うっかり失念しちゃってたので忘備録として。
あれ、忘備録? 備忘録?

InDesign上で、フレームを拡大縮小するじゃないですか。
でも拡大縮小ツールなんて物めったに使わなくて、
主にプロパティパネルで基準点を確認しながら数値入力するんですけど。
たまに見た目でやりたい時でも、たいがいは選択ツールでやりますよねえ。

その時、もちろん線幅も拡縮するかキープするかを頭に入れてないといけないんですけど

これが効くのは「拡大・縮小」にだけ。
紛らわしいことに「サイズ変更」では効かない。

どういうことかというと、
W&Hフィールドの数値変更では線幅は変化しない。ここに「200%」とか入力してもだめ。
拡大縮小フィールドでは線幅は変化する。ここに「50mm」とか入力しても変化する。

で、今回やらかしたのが選択ツールでの変形。

バウンディングボックスをただドラッグするとサイズ変更の挙動となります。
これは⌘キーを併用して一時的に自由変形ツールとして扱うのが正解でした。

グラフィックフレームのガワだけ変形するか、中身ごと変形するか、では明確に使い分けてたんですが。
画像の入っていないフレームだったのですっかり失念しておりました。

その、別に、自分がやらかしたんだからみんなもそうに違いない、と思っているわけではないんですが…

いちおう、いちおう!

約2週間、サイトが死んでました(21.03.26〜21.04.10)

というわけで、まる2週間サイトが機能してませんでした。ようやく直りました。

あまりにも、しょーもない話なので語るも聞くもダルいことうけあいなんですが、
また日本のどこかに1人ぐらいは同じアホがいるかもしれん、
ということで記録しておきます。。


ウチは勉強がしたかった

発端はそう、前向きな姿勢から出た行動。
データベースを構築・操作したかったんです。
ちょっと調べて、MySQLだな、ということになりました。
名前だけは聞いたことあるけど、実際なにする物なのかも初めて紐解いた具合です。

MySQLの学習は滞った

例によって昼休みだけの学習タイム、
HomeBrewからMySQL5.7のインストールに始まり(というか始まるまでもえらい時間かかった)、
起動、停止、まではなんとかできるようになった。
でも会社のMacでテーブル作って、それが実際何の役に立つのかもわからなかった。
結局、いいところまで作り込んだらテーブルをエクスポートして、
実地のデータベースにインポート、操作するphpを設置、という流れのようで。
よしわかった。
でもデータベースって何。

データベースがあった

データベースを用意しなきゃいけないんだな、段取りを調べよう、となり、
レンタルサーバー(ロリポップ)に置けるかどうかをまず、と思ったら
実際もう用意されているのに気が付いた。
正直、WordPressを利用している時点でそりゃないだろ、という話ではあった。
でも知らなかったんだ。。
データベースは既にある。でも使っていない(間違った認識)。
メニューには削除ボタンと作成ボタンがある。
んじゃ心機一転、わかりやすい名前で作り直そう(間違った判断)。

データベースを消しちゃった

もう、迷いの欠片もなく、消しちまいました。アフターカーニバル。
そんで、ぼくのかんがえたかっこいい名前のデータベースを作成。
これであとはMySQLの学習を進めるだけだ。ぜんぜん進んでないけど。

「サイトがまた見れない」と知らされた

あるふぁさんから、「サイトがまた見えなくなってる」とメンションをいただいた。
またというのは、この少し前にWordPressのプラグインをてきとうに更新した影響で
サイトが機能しなくなっていたんでした。
当該プラグインの削除と、機能する類似プラグインのインストールで解決したばかりだった。
ここで初めて、WordPressのデータは主にデータベースに格納される事実を知った。
青くなった。耳もなくなって声もガラガラになった。

自分と同じアホがいるかGoogleで調べまくった

いました。何人か。
その方たちが記録してくれていたおかげで自分も死の淵からどうにか。
助かりました。

サポートに問い合わせた

ロリポップ側としては「面倒みないよ」と明記してあるのだが、
web検索で前例を見つけてしまったからにはそうは金玉。
かといって「ネタは上がってんだぜ出すもん出しな」などとは書かず。
低頭平身、すがる思いをぶつけた。
このあと、「地獄の沙汰も銭次第」な連絡がくるはずなんだ。

連絡が来なかったので追いメールした

…おかしいw
おかしいので「あれー、もしかして連絡もらったのに間違えてメール消しちゃったかもアハハ」
的な白々しさでもう一度問い合わせをした。
これは嫌われるやつだ。

さすがに来た

今度こそ連絡がきた。
知ってたとおり、作業手数料11,000円をスイス銀行に振り込んでいただきたい、という内容。
大急ぎで振り込んだ。
焦らされた分だけ財布のヒモというかお金払いたさがマシマシになってた。
うまいなあちくしょう。

データベースのバックアップファイルはサイトスペースのルートディレクトリに放り込まれる。
少し前の同胞たちのスクショではzip圧縮だったけどgz形式だった。
これをローカルにダウンロード。
ついでに大事にとっておくといいです。

 

自分と同じく、データベースを削除しただけじゃなくて
マヌケな名前で新規に作ってしまった人は、
元の名前で作り直す必要があるので、このディレクトリに置かれている
「wp-config.php」を開いて内容を確認する。
データベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名を控えておく。

 

次いでログイン、サーバーの管理・設定 > データベース に移動。

 

前述の、マヌケな名前でデータベースを作り直してしまった人は
ここで「データベース削除」と「データベース作成」をやり直し。手順は一度やっただろうから割愛。
「wp-config.php」の内容から拾っておいたデータベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名
が合致するように。
逆に、自分でかっこいいと思った名前で作ったものに合わせて
「wp-config.php」の内容を書き換えてもOKな気はするけどお勧めはしません。

「phpMyAdminを開く」ボタンで管理ページへ。
管理ページは別のタブ・ウィンドウで開けば、
ユーザー名とパスワードはメモしなくても順にコピペでいける。

 

phpMyAdmin でユーザー名とパスワードを入力、サーバーを選択。
で実行ボタン。

 

「インポート」押す

 

「ファイルを選択」で、ダウンロードしておいたバックアップファイルを選択。
あとは何もいじらずに「実行」ボタン。
アップロードはファイルの容量なりの時間がかかる。自分は20MB弱で1分近くかかった。

 

せっかく復旧したのを、手順の説明のためにやり直すのはちょっとリスク感じるので
以後のスクショはありません。

完了画面が出たらログアウトして、WordPressのトップページを開いてみて、
無事に元どおり開かれたらおしまい。やったー。

まー、授業料も支払うことになったし、いい勉強になりまs…嗚咽。

今後の対策

・「WordPress バックアップ プラグイン」でぐぐる
・レンタルサーバーの有償バックアップサービス利用を検討する
・定期的にデータベースのバックアップを取る(エクスポート)

てなかんじで。
どうも多方面にご迷惑をおかけしました。