InDesign:ページパネルのスクロール

たまたまさわってて今さら気付いた。マウスによるスクロール、もしくはつかみにくいスクロールバーによるスクロールだとページ数によって加減が変わる(気がする)ので⌘+J「ページへ移動」とか多用気味だったんだ。

実際、みんなは知っててうちに教えてくれなかったのかも知れないので、
それほど鬼の首とったような顔もしにくいんだけど
公式ヘルプにも書いてないのでいちおう発信。

サムネイル外の余白をドラッグでスクロールできるんですなあ。
ちょっとのスクロールならもうこれでいこう。

で、マスターページの欄はできねえのか、と嘆いてたんですが、
パネルオプションで「縦に並べて表示」をころして横並び表示にすれば可能でした。

いや、そしたらスクロールあんま要らなくなる…まあいいやw

InDesign:環境設定の振り分けおぼえがき(2021版)

ちょっとね、覚えた端から忘れてしまうので、ごっつり調べました。
慣れで仕事しちゃってると、たまに他者作のドキュメントを開くとわけがわからなくなることがままあって。

現場環境の問題から2021版です。
2022は「UIの拡大・縮小」だけが追加されているのかな。

以下の色分けは、
アプリケーションに働く項目(すべてのドキュメントに反映)、
ドキュメントに働く項目(最前面ドキュメントにのみ反映)、
混在(ムラサキじゃないのね)となっております。

混在の項目はそれぞれ以下の振り分けになってました。ややこしいぞ…
“高度なテキスト” の “デフォルトのコンポーザー” は新規ドキュメント作成時にのみ働きかけるとのこと。

まだ誤りがあれば訂正してもらえると徳が積めます。よろしくー。

Illustrator:スポイトツールのダメな挙動に詳しくなろう

どもども。
Adobeのフォーラムにも投げといたんですが、
イラスターのスポイトツールがガイドの影響を受けるようなので記録しておきます。
ちょっとOS切り替えの余裕がなかったので2021(25.4.4)でテストしてます。

なんでもいいのでガイドを作成して、
スポイトツールの適用先として長方形を用意しました。
CMYKドキュメントです。

で、オブジェクトのない白地上のガイドをスポイトツールで吸いまくる。

結果、黒、グレー(62.5%相当)、白、なんか濁ったシアン
の4パターン取れます。いや取れなくていいんだけどこれ。。

この「なんか濁ったシアン」は、ガイドのシアンがCMYK変換されたやつのようで、
環境設定でガイドの色をマゼンタにすると、なんか濁ったマゼンタが取れる。

実際のところ、オブジェクト外の白地をスポイトツールで吸うなんてことは運用上ほぼあり得ないことだし、
背面にオブジェクトがある限りはこの挙動は起こらないので、いいっちゃいいのかも知れないけど。けどだよ。
いちおう共有しときます。バグ報告するかは微妙だなあ。
ちなみにガイドを非表示にしても同様の結果でした。


おまけで、過去バージョンであったトンチキ挙動も紹介しておきます。

CS3以前で、こんなテスト。
シアン長方形、マスクされたレッド長方形、という構成。
下にあるのはスポイトツールの適用先に用意した長方形。

で、レッド長方形のマスク外領域を吸ってみる。
白丸をつけたところが吸ったところ。
赤いっ!

おなじみのアイランドガールに差し替えてみる。


「なし」が取れる。

この挙動、どのバージョンまで引っ張られたのか気になり、
CS4を起動してみたら、この点「は」直ってました。
しかし。
こっちはこっちで困った感じになっちゃってた。

シアン長方形の領域内にあるレッド長方形マスク部分を吸うと、シアンが取れる。
ちょっともう意味がわからないw

まあ、終わっちゃったバージョンのことはもういいよね。。
でもせっかく見つけたしほら。

InDesign/Illustrator:ワタナベのナベ、もう怖くないよ!

皆さん、ナベハラという言葉をご存知でしょうか。
まあ知らなくておっけーです。うちが勝手に作ったやつなので。
しかし、何を指しているか察しのつく鋭い方は
少なからず、い(らっしゃ)るんではないでしょうか。

ええまあ「辺」の異体字のことです。
いっぱいありますね。
というか、いーーーーーーっぱいありますね。。

こと実務の上では、ぶっきらぼうに、つっけんどんに、手書きでよこされるのみ。
やれ特徴を添えるとか、なんなら文字コードを教えてくれてもいいんですよ?
とにかく字形の選別に毎回馬鹿馬鹿しい時間をかけてしまう。
字形パネル上の、どれがそれだかわかりにくい。。
そんな悩みを抱えているのは自分だけではないと感じていたので、
なんとかしたいなあ、と常々思ってたんですが。
ちょっとなんかできたので配ります。

InDesign用

Illustrator用

indd と ai の実ファイルです。
宗教上の理由によりCC2019ドキュメントです。
たしかこれがデフォルトのはずなんですが、InDesignはUnicode順にしてあります。
IllustratorはGID/CID順のまま並びを変更できない(はず)。
(2021.10.13 ai用に検証時のスクショのリンクが残っていたのを消しました)

開いたかんじ、こう。

で、レイヤーパネルを展開すると、こう。

各パーツの分布が、こう。

この表組みの並びは、字形パネルを6列4行で表示して、基本の「辺」を選択した時の状態と対応しています。
InDesign版はUnicode順に(字形パネルメニュー>字形のソート確認してください)、
Illustrator版はGID/CID順となっています。

で、目的のパーツをレイヤー上から選別していきます。
色ごとに1つずつ表示させていくと、対象外の字は黒で目隠しされていく仕組み。
最後にどれか1個だけが残るので、
ドキュメントから文字を直接拾うなり、字形パネル上の場所の参考にするなりするなり。

どうでしょ。いいでしょ。使うでしょ。