Illustrator:成作をクーマムリト(ぼんととい)

ありませんか。あるんですよ(枕が空転)
いやもう眠いっす。。

今日び、イラスターでトンボ(トリムマーク)がアートボード内にあるようなデータ、まーだ見かけます。
このサイズで自分とこのプリンタで出したい。ごもっともです。
ルールにのっとっている。ごもです。いろいろな事情がおありなのでしょう。たぶんだけど。

とうにご存知かもしれませんが、製版寸法がスペック通りに作られてないうんこデータのトンボは、後工程で出力やさんがきれいにきっちり作り直してくれています。ほんとだよ。余計な仕事増やすんじゃないよこのやろう。

中には、経緯はわかりませんがトンボの元オブジェクトが残っていない物も、まま、あります。
そんな時はトンボの仕上りの直線をニューッて複製してニューッて複製したのを選択して分割、とかで復元します。
煩わしい。七面鳥くさい。手慣れた自分が悲しい。

というわけで、オブジェクト化してあるトンボを元に自動でアートボードや長方形を作ってくれるやつをスクリプト書きました。
信頼のおける出力やさん仲間からのリクエストだったんですが、ウチ自身も出力やさん時代かなり苦渋を吠え面だった案件だったのでノリノリです。
※めっさ記憶違いで、自分が欲しくなって「需要あるかね?」とTwitterで問うたんでしたw



ai_trimMarkToArea.jsx

IllustratorCS6(Mac) で動作確認済み
たぶんCS3以降のMac/Winどれでも動くかもしれない気がします。

2016.09.08 CS3/CS4でキッパリ不具合だったそうですorz
なんとか直しました。CS3では長方形作成のみとしました。
CS2以前は環境がないので試しておりません。


あそびかた

トンボを洗濯します。
160810a
はい、今とても眠くて疲れています。

トンボを選択します。
160810b
スクリプトを実行すると、条件調査が済みしだいダイアログが出ます。
トンボを元に何をするか、たくらみ通りの項目を選んでプリーズボタンを押しましょう。
160810c
久々に出たなあプリーズボタン。

できあがり。
長方形を作成した場合は線なし長方形を選択して終了となります。
160810d160810e160810f



しくみ

X、Y座標とも、トンボを構成するアンカーポイントの座標を調べたのち、
センターから外側に数えて3番目の座標を採用しています。
これにより、イラスター以外のアプリケーションで作成されたトンボにも対応しています。
あたまいい。
160810g
この場合、実行時に折りトンボを選択から外すようにしてください。

また、調査段階で、アンカーポイントが3つのオブジェクトを数えています。コーナーのL字ですね。
これがきっちり8個あると優先して座標を採用します。
つまり、イラスターでそのまま作ったトンボなどでは折りトンボが一緒に選択されていてもへっちゃらなのです。
すごいあたまいい。
160810h

てな感じです。
ウチは足を洗った今でも出力やさんの味方です。
でーす。
あ、へんてこなタイトルについてはわかる人だけわかればいいので説明ありません。

Facebooktwittergoogle_plus

Illustrator:文字の位置そのままで揃え方向を変えたい時に使うやつ

というわけでですね(何が)

しばらくスクリプトのことだらっだら書いてたんですけど、
今ウチの業務ってIllustratorばっかりなんですよな。。
InDesignほとんど出番ないんですよ。。
思い起こせば、Illustratorでドヤ顔できるスクリプトってまだ書いたことなくて。
あるかも知れないけどパッと思い出せないレベル。非公開配布したやつぐらいしか。

とりあえずで、自分にすぐ必要になったやつを書きました。
どんな物かって、むかしInDesign用に書いたやつの劣化移植版ですけども。
概要はリンク先から ↑ 基本機能の使い方を参照してくだされば。



ai_JustificationSwitcher.jsx

CS3以降ならなんでもてきとうに動くはず。

2016.11.01 ダイアログ出現座標を[450, 450]に指定。画面中央までマウス持っていくの大変だったので(自己都合)
2016.06.30 ボタンクリックが煩わしいので、使用頻度の高い「右 / 下揃え」をOKボタンに指定。つまり、リターンキーを叩くと「右 / 下揃え」が押されたことになります
2016.06.27 ドロップダウンリストが煩わしいので(スクリプトは書きやすかったのだが)ボタン操作に変更しました。また、アピャランスヘビーユーザのために単一オブジェクトからなるグループオブジェクトもサポートするよう改良しました。
2016.06.20 左揃えがうまくいっていない件、回避案をコメントいただき反映しました。再度ダウンロードいただき上書きお願いします。
すーませんすーません。
2016.06.17 CS4以降で「左/上揃え」がうまくいかないようです。古くからあるバグみたい…
回避策が出るまで不便なままお待ちください。すーみません。


あそびかた

こういう、かわいいデータがあります。
このままだと、とても直しにくい。

160520a

いい感じにしたいテキストをまとめて選択します。
テキスト以外も選択しちゃっていいです(グループの場合、その内容までは掘り下げてないので白矢印とかでどうぞ)。
そんでスクリプト実行。

160520f
なんか出ます。

リストから目的の揃え方向を選択してプリーズボタンをカチ。
プリーズボタンって久々に出たなあw

160520c

やったー。
という内容。

コードはこちら

ついでにフローチャートも。
原型がコレ

160520d

それをループにして、
ついでにパレットとかつけました。
ってInDesign版のコピペ流用だけど。

160520e

どやっ(自己満足)

ちなみに今回(も)「おーけー流星号」の呪文を唱えました。。
プロパティさえわかればあとはカンタンなんですよ。
(と言いつつ他の箇所を2回書き間違えたんですが)
(しかもフタ開けてみたら当てズッポでも正解しそうな浅い所の簡単なプロパティだったんですが)
(忙しかったんですもの)
コードのやり取りにGitHubを使ってみたんですが、あのーグダグダでしたw

でーす。

Facebooktwittergoogle_plus

Illustrator:すべての線幅を変更のパチモン

高橋としゆきさんがスクリプト「すべての線幅を変更.jsx」公開されました。
すべての線幅を一気に変更するIllustratorのスクリプトを作りました(CS5以降対応)
こんちくしょう便利じゃないかー!

これ、あまりにも有用なんだけどあまりにもCS5以降対応なので、
あまりにもCS3を使う現場にいるせいであまりにも悔しかったので、
あまりにも簡略化して贋作しました。

 



すべての線幅を変更_CS3.jsx
MacOSX 10.9.5 IllustratorCS3で動作確認



 

主な使い方は冒頭リンク先のオリジナルを参照のこと。

 

MITライセンス(水戸市のご当地アイドルかなんかだ)とのことなので
こちらもそれに準じます。誰推しかはないしょです。
(いちおうご本人にはパチモン作ったことを伝えてありますw)

こちらのこれは中身を見ないで機能だけ把握してこっちなりに同じモノを書いた、
という完全なるパチモン路線なので、いくらか劣化してます。
・単一オブジェクトでのみ有効。複数選択の場合は最前面オブジェクトだけ処理。
・修飾キーによるプレビュー切り替えなし
・ヒント表示なし
・設定値は保存されない
まあ、これでも自分的には充分なので…
どうぞどうぞ。

Facebooktwittergoogle_plus

対象が小さいと挙動が変わっちゃってしまっちゃう操作

どもども。だんだん老害芸めいてきてますけども。

アプリケーションを操作してて、結果が一意でないモノが少し見つかったのでメモっときます。
最近たまたま見つけた分だけなので他にもきっとあるんでしょうけど、
この記事に随時追加するほどはマメではないので、読み捨てといてください。


事例その(日)

Illustratorで長方形を置いてみます。
挙動がわかりやすいように左上をアートボードのカドに合わせてあります。
160216a

バウンディングボックスで下辺をつまんで、上方向にきゅーっと縮めます。
すると。
バウンディンスボックスが少し外側につき直ります。はあ。
160216b

 

再度、下辺をつまんで、今度は下方向ににゅーっと伸ばします。
すると。どうだ。
(自堕落スクショの関係で一時的にShift押したせいでフレームがヨコにも伸びてますが許す)
160216c

表示の都合でひとまわり外側についていたバウンディングボックスがそのまま基準になって変形が行われてしまい、上辺が元の座標から大きくズレてしまう結果に。
160216d

この件、わけがわからなくてTwitterで数名様に確かめていただいたところ、
オブジェクトのサイズそのものは関係なくて、ドキュメントの画面上の表示が小さいときにこうなってしまうみたい。
バウンディングボックスのつまみポイント(なんていうの、カドとか辺の中央にある玉っこ)
が重なって潰れないようにとの施策と思われます。
PhotoshopとInDesignでは起こりませんでした。
なんか、どうでもいい箇所がどうでもいいなりにけっこうズレる事があるなあと思ってたらコレのせいだったようで。。
寸法がきっちりしてないといけない作業は基本的に値入力してるから、いいっちゃいいんですけども。
おおこわい。


 

事例その(月)

InDesignのパスファインダーパネルのヤンチャな一番手「パスの結合」
今度はこいつ。
160216e

InDesignでオープンパスを用意します。
人に頼まれてタダでトレースしてやったやつの流用ですけども。
160216f

オープンパスを選択して「パスの結合」ボタンをカチ。
えー、パスが閉じます。
160216g

今度は絵柄をめっさ縮小してから同じことします。
すると挙動が変わる。パスの座標が平均化される。
160216h

こちらは最初のイラスターの事例と違い、パス間の距離によって変わるみたい。
ちまちま試したところ、2.2166mm以下だと平均化されるようで。

しかし。
「パスの結合」ボタンの2つお隣に「パスを閉じる」ボタンというのがありまして。
機能はというと、まんま、オープンパスを閉じる物。機能がかぶってる。
ともすると、オブジェクトが小さい時の挙動がむしろ正常なんでしょうかね。
InDesign上でパスいじりもメッタにしないけど、覚えておきます(自己完結)。

にしても、
一体どっちが正しいんだろうと思ってオンラインヘルプ見たけど書いてませんでした。
期待はしてなかった。
それはそれでまたよくわからん文章が。

Adobe Community Help InDesign / パスの編集

以下引用:

InDesign では、パスファインダーパネルを使ってパスを結合することもできます。 オープンパスのパスを閉じるには、選択ツールを使用してパスを選択してから、パスファインダーパネルの「パスを閉じる」をクリックします。2 つのパスの間の終点を閉じるには、パスを選択してから「パスの結合」をクリックします。「パスの結合」を 2 回クリックすると、2 つ目の終点を結合します。

2回クリック…とな。
なんかわからんけど、やってみましょうか。
オープンパスを2つ用意。
160216i

「パスの結合」ボタンを、
1回、
160216j

2回。
ほうほうなるほど。
160216k

…でもこれ、ほんとに終点なの? と疑問に思ったら、どうも違う。
2つのオープンパスの端点のいちばん近いものが結合する仕様みたい。
始点も終点も関係ない。
160216l

ズラしてみたらこのザマだよ。
うそつきめー。

というわけです。クセを理解してうまく使ってやりましょう。
仮にバグだとしてもどうせ報告しても直りゃせんです。何度も報告したさ。
「うんー、わかったー、今度ゆっとくー」しか言われないしね。むかむか。
個人情報漏らされようがシステムに悪さするアップデートがあろうがついていくしかないんです。
アホビめー。

ですー。
あ、今回はスクリプトありません(最後に言うやつ)

 

Facebooktwittergoogle_plus