PlaceOptionalText_2.0/13_外部スクリプトの連動 その2

以下の記事は、バージョン2.20からの新機能となります。
 
findingGREPforPOT2.jsxの連動
 
作り置きのスクリプトになりますが、「findingGREPforPOT2.jsx」を連動させる事ができます。
 バージョン2.20以降は、ダウンロードされたPOT2に同梱してあります。
使い方は多様ですが、いくつか例を挙げておきます。
・検索文字列は〈 〉で囲まれた文字列を設定しました。
「検索と置換」ウィンドウ内で設定した、検索範囲(①)以外の項目が有効となります。
この「検索と置換」ウィンドウは設定を済ませたら閉じてしまって構いません。
・findingGREPforPOT2.jsx を起動しておき、検索範囲を指定します。
テキストフレーム全体を選択した場合は図の通りで問題ありません。
そして「POT2と連動」にチェックを入れておきます。
これで、POT2で流し込み実行時、選択範囲内の検索範囲に最初にマッチした部分を返します。
・レイアウト上で複数のテキストフレームを選択、POT2で同数のテキストアイテムを選択、
適用ボタンで流し込んでみます。
・検索文字列にマっチしなかった場合は変化がありませんので、
〈 〉を含む方のテキストだけが有効となります。
 
こういったケースなら検索文字列は空のまま、文字色の指定だけでいけます。
 なるべくズル賢く利用していただければと思います。
 
 
実行後
 
 
 
流し込み直前の外部スクリプト連動
 
バージョン2.20より、流し込み前に外部スクリプトを介入させる事ができます。
 流し込み後とは違い、こちらは流し込み先の選択範囲の整形を主目的とします。
流し込むテキストの整形については、前でも後でも大差はないと思われます。
 流し込み後の外部スクリプトがドキュメントに残った選択範囲を扱うのに対し、
こちらは固有の変数を再定義する物を用意します。
 つまり、POT2連動専用のスクリプトを作る必要があります。
  流し込み先(各種テキストオブジェクト)…targetObj …Story、Text、etc.
  テキストアイテム(文字列)…txtSPObj …String
 
上述のfindingGREPforPOT2.jsxの連動を併用した際は、こちらが後に処理される事となります。
 同梱のサンプルスクリプトでは、流し込み先の既存テキストの内容、
流し込むテキストアイテムの内容を逐一アラート表示しつつ、
 流し込み先の先頭スタイルを選択から除外(単一スタイルの場合は変化なし)、
 テキストアイテムの先頭に「Test:」を付加してPOT2本体に返します。
 7文字以上の物は前後3文字ずつに省略されます。
実用目的ではなく、あくまで変数の扱いの用例を示す物です。ご注意下さい。
 
サンプル実行前
 
 
実行中アラート
 
 
実行後
 
 
スクリプト自作の際は、サンプルと同様のヘッダの記述を2行入れて下さい。
 
 
 連動用スクリプトは「POT_adds_before」フォルダの中に入れて下さい。
ss=”Apple-style-span” size=”2″>「POT_adds_before」フォルダはPOT2本体と同一の階層に置いて下さい。
  ※バージョン2.20より、後連動用スクリプトフォルダの名前を
  「POT_adds」→「POT_adds_after」と変更しました。ご注意下さい。
 
 
Facebooktwittergoogle_plus

PlaceOptionalText_2.20

リファレンスページ トップへ


けっこう久々の更新となりました。

まずは地味な所から。

環境設定を設置しました

スペースの都合で流し込み順のプルダウンメニュー内に追加しました。

内容は以下の通りです。

・流し込み対象をストーリー/セル全体 に固定
テキストオブジェクトの選択状況がどうであれ、常にそれを内包するストーリーまたはセル全体に流し込まれるようになります。
バージョン1.3以前の使用感がお好みの方もおられるかと思ったもので(自分の事ですが)。
後述のfindingGREPforPOT2.jsxが連動した時は例外的にオフとなります。

・流し込み後、選択ツールに持ち替え
こちらも以前のバージョンの使用感を少し意識して設置しました。
一部分への流し込み後、すぐ他のオブジェクトを触る時など便利ですが、文字列の選択範囲は失われます。

以上の2項目は、スクリプト構文の冒頭にある変数を書き換えることで任意の初期値に変更できます。
変数 fixToStory(true/false) で「流し込み対象をストーリー/セル全体 に固定」を、
changeTool(0〜2)で「流し込み後、選択ツールに持ち替え」を設定します。
0:ツール持ち替えなし  1:選択ツール(黒矢印)  2:ダイレクト選択ツール(白矢印)

ま、スクリプト全然わからないという方も、ちょっとやってみてください。

findingGREPforPOT2.jsxと連動

以前紹介した標準機能のGREP検索を利用した文字列選択スクリプト と連動できるようになりました。
こちらの使用法はPlaceOptionalText_2.0/13_外部スクリプトの連動 その2をご覧下さい。

流し込み直前の外部スクリプト連動

今までは流し込み後のみ連動可能でしたが、需要あるかもなーと思って実装してみました。
流し込み先の選択範囲変更、流し込むテキストの事前整形などが主目的です。
上記同様、詳細はPlaceOptionalText_2.0/13_外部スクリプトの連動 その2をご覧下さい。

リファレンスページ トップへ

 

Facebooktwittergoogle_plus

PlaceOptionalText_2.13 荒ぶる

リファレンストップページへ

英語の記事でよく新製品の発表が近くなると見出しのケツに「Aravulu」とかローマ字で書いてあるような気がしたので真似してみました。とても自信がない。

ダウンロードはこちら(vector)

2.12からの変更点、1つだけとなります。
・流し込み後、「強制的にドキュメントを他のScriptUIをさしおき最前面に出す」というこれまでの仕様をMac版CS3に限定しました。

ずっと、当のMac版CS3主体で開発していたもので気付くのが遅れましたが、
Mac版だとCS4以降、ScriptUIとドキュメントが「俺が前面」「いや俺が」というケンカをしなくなっていたようです。
CS3では、ドキュメント上の作業中にScriptUIパレットを操作したくなったら、パレットを一度クリック選択してアクティブにしてからでないと操作ができなかったのです。たった一度ボタンを押すだけでも、つごう2回のカチッが必要でした。
もちろん、その後再びドキュメント上のオブジェクトを触ろうとするならば、まずドキュメントウィンドウをクリックして前面に出さないと操作できませんでした。
過去にその煩わしさをどうにかしようともがいた経験もあり、その産物でストリプクパネルというそこそこ便利な玩具も出来たわけではありますが。。

POT2では、その輪図輪らしさを少しでも緩和しようと、今回の変更点の元の状態を仕上げたのでありますが、逆にそれがアダとなりCS4上でもCS3と同様の不便な挙動をしてしまっていたようです。
しかも、たまに何かの拍子で一回のクリックで動いてしまう事もあるようで大変こわい。

そして、Windows版はというと、CS3から既にScriptUIパレットを直接操作できる仕様なのだそうです。一杯食わされました。はい、Windowsのくせに生意気だと思いましたすいません。

ですので、元から便利になっているバージョン or プラットフォームでは迷惑をかけないように修正しました。

注意点ですが、これまでの仕様に体が慣れた状態で適用ボタンを「カチカチ」してしまうと、同じテキストフレームに続けざま2つのテキストアイテムが流れてしまう恐れがあります。ご注意下さい。

余談として「IFA_id」も同様に変更しましたが、こちらは現状ユーザがいないので(笑)

あ、あとバージョン2.20を準備中です。

リファレンストップページへ

 

Facebooktwittergoogle_plus

PlaceOptionalText_2.12 アップデート

Vectorにアップしてあるスクリプト本体を更新しました。
直前のバージョンである 2.10 からの変更点を列挙します。
2.10までの変更点はリファレンストップページ、または現在ダウンロードできるPOT2に同梱されているリリースノートを参照して下さい。
 
 

思った以上にハイペースなアップデートが続いておりますが。。

まず、2.11の更新分。
テキストファイル読み込み時の「読み込みオプション」で、半角スペースにチェックを入れたとき、
分散禁止スペースも含むように変更しました。JeditXなどで黒三角▲で表示されるやつです。
Word書類からテキストを抜き出した際、けっこう入ってきます。自分だけかもですが。。

次に、2.12の更新分。
‥目玉機能の一つ「スタイル保持」で、大目玉です。。
以下、不具合事例を示します。

シンプルに2段落で構成されたテキストフレーム。
これに2スタイル分の区切りをもつテキストアイテムを流し込みます。
要点は、各テキストスタイルに段落スタイルが当たっている事。
手設定で属性分けした物では再現しません。そのせいでで見落としました。

1つ目のスタイルが5文字(改段を含まない文字数)の元テキストに対して、
7文字の物を流してみますと、まあ普通にいきます。

今度は元テキストよりも文字数の少ない、3文字の物を流してみます。
はいギャー。
2スタイル目が1つ目の段落スタイルに揃ってしまいましたギャー。

…というのを、修正しました。GREPを使わない検索・置換でもおなじみの仕様らしいですが直しました。

ついでに、スタイル保持における仕様のおさらいをしておきます。
・元テキストのスタイル(同一属性)の固まりの末尾にある改行・改段文字は無視される(残る)
・同様に、スタイルの先頭にある改行・改段文字も無視される(残る)
・前後の文字と属性の異なる単一の改行・改段文字は流し込み対象から外される(残る)

というわけで、今日もみんなで早く帰りましょう(姿勢だけは)。

リファレンスページ トップへ

Facebooktwittergoogle_plus