InDesign:画像差し替えごっこ ver0.5

昨日の今日でもう更新。せせこましくあるが、重要箇所なので取り急ぎです
今回から過去エントリのコピペ多用してるのバレバレ。むしろ普通。


画像差し替えごっこ_idcs3 (ver0.5)
http://www14.plala.or.jp/ajabon/killtime/IFA_idcs3.zip

対応バージョン:CS2、CS3
すっかり定型文ですが、Winで解凍するとばっちり文字化けします。
●「画面の表示座標を維持したまま実画像を(フレームは残して中身のみを)選択させる」が、
結局できない自分がアホだったというオチだったようで。
mixiで質問投げてみて、それで初めてselectionがReadOnlyじゃないのに気付かされたというお粗末。
というわけで、予告通りCS2対応はここまでになりそうです。
今ガスガスとUI作ってます。ちょっぴりづつ動く回転・拡縮小、カーソルキー移動量の切り替え、等盛り込む予定。
年内はムリでしょう。
すっかりお馴染みの使用法概要。
次の段階でマニュアルPDF添付とかします

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:画像差し替えごっこ ver0.4

0.3はどうしたのか、と。

実は海外で発表後、日本語版にローカライズする前に次バージョンが
仕事の波というか山に泳がされ、アップより先に更新が先に進んでしまったのでした。


画像差し替えごっこ_idcs3 (ver0.4)
http://www14.plala.or.jp/ajabon/killtime/IFA_idcs3.zip

対応バージョン:CS2、CS3
すっかり定型文ですが、Winで解凍するとばっちり文字化けします。
●ver0.3はIllustrator版のバグフィクスに伴う併行アップデートのみ。むしろ割愛というか。
●ver0.4より、ようやっとCS2対応しました。作る順番が違うよなあ。
CS2で手軽に使えたrotateとresizeがCS3には無いので、同時対応は逆に容易だったのだろうと。
「急がば回れ」してしまったような。
●環境設定まわりをいじってもCS2上ではundoの対象にならないので復元用カウント量を調整
●不透明度の記述が全然違うのでバージョンで振り分けて処理
目先に残る課題としては「画面の表示座標を維持したまま実画像を(フレームは残して中身のみを)選択させる」ですが。
これをクリアしてしまうと、以後の更新はCS2切り捨てになりそうですわ。あら短命..

Facebooktwittergoogle_plus

Illustrator:画像差し替えごっこai ver1.2

ほんのりと、しかし重要な箇所を修正。

※本バージョンよりアーカイブ名が変わってます。旧記事からのリンクは死にました。段取り悪い。



出力オペレータの『アタリ画像(粗画像)を実画像に貼り替える作業』の支援スクリプト。
Illustrator10.0〜CS3
ご不便をお掛けですが、まだWinで解凍すると文字化けします。時間が解決するであろう(なげやり)

●実画像用パスを、倍数で偏倍かけてた事が判明したので本来あるべき姿に。
結果、これまで妥協して始点パスと終点パスで角度算出してたのを、
始点パスから各パスまでの角度、の平均値で出すよう戻せた。
●統計的理由から、偏倍判定未満の挙動を縦横の平均値から最大値に変更。
あくまで感覚的な問題なので追求はやめときます。
●上記同様の事情から、偏倍判定時の選択肢のデフォルト値を「最大値」に変更。

↓最低限の使用法


Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:画像差し替えごっこ ver0.2

ほんのちょっと改良。

プロンプト状態でリターンキー連打すると、アタリ画像に重ねた実画像を消したり戻したりして精度確認できるようにしました。
その後、差し替え完了まで持って行くか、自分で微調整をしたいので差し替え直前段階で停めるか、キャンセルか、の選択をする流れ。
まだ軽いので、前回と同じアーカイブ名で旧バージョンの0.1を同梱してあります。あまり意味はない


画像差し替えごっこ_idcs3 (ver0.2)


対応バージョン:まだCS3だけ。
自分の業務内容からしてCS2への最低限機能対応を急がないといけない。使えないと意味ない。
「選択範囲内へペースト」の挙動が違うのが主な原因なのであるが、直すとちょっと手間になるかも。

あと、親フレームを含まない、画像をダイレクト選択した状態を作り出すのにshow()を使っているのも、あまりうまくない。
ドキュメントの表示位置&倍率がドムッと変わってしまう。ここも改善の余地あり。
あと、角度を当初の予定通り平均値で割り出さないと。現状は角度に関してのみ精度が信頼し難いといえる。
以上、自分メモでした

余談として、「MacOSXで作成したアーカイブなのでWin環境で解凍するとファイル名がばっちり文字化けします」という常套句を添えてしばらくやってましたが、今さらにしてconvmvの存在を知った次第。遅れすぎ。
で、存在に気付きはしたが、どこでダウンロードなのか、なんか入れ方が難しいというか何かの知識が必要っぽいので、すみませんが今回も「Winでは解凍後のファイル名がばっちり化けます」 すまんごめん。

Facebooktwittergoogle_plus