InDesign:画像置換スクリプト

InDesignCS2以降
CSはShift-JIS対応がうざいので未対応。
ファイル名やディレクトリ名を1バイトで整えると動作する可能性はなくないです。

概要
元は1つの画像データから派生したアタリ画像(プレビュー用画像)を実画像に置換するスクリプト。
 「差し替えごっこ」と違うのは絵柄主体ではなく画像サイズ主体で動作する事。
  「標準機能で置換するとぶっきらぼうに処理されてしまうケース」をフォローします。
I.F.A.* やID_adjust*と併行利用することにより、画像差し替え作業が大幅に時間短縮できるといいよなあ。
 I.F.A.やID_adjust ……追って公開。

大まか使用手順
 アタリ画像を選択します。
  スクリプトを実行します。



ダイアログが開きます。 置換する画像を選択して続行します。
 画像では某ソフトのせいでダイアログが多少にぎやかになってます。



内部でこねくり回されたあと、最後に元のアタリ画像をペーストしてスクリプトが終了します。
 パッと見、実行前と変わらないわけです。



そこから undo(Command+Z)すると、実画像が同じ位置に現れます。
 これで作業完了です。




画像を差し替える際、どうしても最後は人の目で「元画像との重ね確認」が必要になります。
 どこの馬の骨がこしらえたかわからない怪しいスクリプトに頼ってみたら尚のことです。
  具体的には、ケス、モドス、ケス、モドス、とかチャカチャカやったりするわけで。
これを「スクリプト実行、undo一発」で1セットとする事により、手数を最小限に停める事ができたと思っております。
 思ってるだけですけど。

内部の情報
 元画像の幅、高さ、回転角、左上座標を記憶し、
実画像を配置後、同じ幅、高さ、回転角になるようにしています。
 それだけです。
  が、
どちらか一方だけが90度回転していた場合、及び180度回転していた場合、
 置換した直後にペーストボードからはみ出てしまうエラー、
  などをちょこちょことセコく回避しております。

180度回転の場合、あらかじめこれを想定して実画像に180度回転を2回、与えているので、
 スクリプト実行後、一度のundoで「おや」と思ったらそのままもう一度undo。



これだけでOKです。



90度回転の場合、スクリプト実行中に縦長か横長かを検出しています。互いに食い違う場合、
90度回転に対応、これも180度回転を与えた後にアタリ画像をペーストして終了するので、
右回転、左回転どちらでも、一度目か二度目のundoでカチ合うはずです。


ファイルパス(フォルダ名、ファイル名)の問題
 CS3で、ダイアログで選択した画像のファイル名、及び内包するフォルダ名に
  全角のカッコやスペースが含まれていると正しく認識せずエラーとなります
   エラー表示後は実行前に戻します。


この場合はファイルパスを修正するか(現実的ではありませんが)、
 実画像の一時的な格納場所として1バイト文字のみでファイルパスが参照できるディレクトリを用意するか、
または同梱の ImageRepCS3.jsx を使用して下さい。
 こちらはファイル選択ダイアログがInDesignのメニューアクション「配置…」をそのまま利用した物です。
  ファイルパスの問題はこれで解決しますが、以下の問題を孕んでいます。
●一部のマシンでは動作しない(手元の環境ではG5でダメでした)
●ダイアログ内で元画像の名前を参照できない(それほど問題でもない)
  元々CS3以降で使わせる予定だったものの、CS2でまんまと動作してしまったので、
対応表を作成しました(逃げてるわけ)。



 どうか歩み寄って使ってみてくれるといいですねえ。

Facebooktwittergoogle_plus

Photoshop:パス切り抜き中、いつの間にか反転してる件

バージョン6.0以降のハナシですが

 商品の画像がダーッと山になってて、片っ端からクリッピングパスを打っていってる時、

フと気付くとパスのクリッピング範囲が反転しちゃってる事ってないですか。
 いや、自分にはない、という方も、他人に頼んだやつが上がってきたら反転してたよツッカエネー、とかないですか
 
まずは、なんで反転しちゃってるのか、から整理していくと、こういう事で
通常はパスの属性をコレ↓でやりますよねえ。
 逆に、わかってない人はコレ以外使っちゃダメとも言う。
 
これを頭では判っていても、切り抜きに集中してるうち、いつしか
 コレ↓になっちゃってる、みたいな現象、身に覚えはないでしょうか。

しかも、気付いたとしても直し方がわからない、人に聞いてもわからない、
 そのうち頭が煮えてきて、せっかく切り抜き終わったのにイチからやり直す、
そんな、ダメな方向に短気な人、お宅の現場にもいないですか?
 いない? なら結構。いい職場だね! うらやましいよ!
 
 
以上が「なぜ、そうなのか」の説明ですが、
以下で「なぜ、そうなったのか」を説明しときます。
 
 
すぐ上の画像の使いまわしですが、あえてもう1つと並べておきます。
  
4つ並んだアイコンのうち、↑この2つだけちゃっかりショートカットが割り当てられています
 プラスとマイナスです。ペンツールを持っている時(上記アイコンが表示されている時)だけ反応します。
  こんなの使わねえよアホ! アホビ! アホビシステムズ!
ここで「あっ」と思った人、
 あなたは画面の拡大率をコマンド+プラス、コマンド+マイナス でちょこちょこいじる人でしょう。
おそらく、ざっと以下の流れで起こる物と思われます。
(日)絵柄の入り組んだ、細かい箇所の切り抜きしている。表示拡大率は大きめ。
(月)面倒な箇所を抜け、なだらかな曲線、あるいは直線の輪郭で出来た大味な部分にさしかかる
(火)大味な部分を少ないアンカーポイントでやっつけようと、画面をズームアウト(コマンド+マイナス)
(水)いつしか、操作ミスでコマンドキーから指が外れ、マイナスだけ押してしまっちゃう
   あれ? 押しちゃってしまう? いや、押しちゃってしまっちゃう?
 
..で、『マイナス』が単独で押された瞬間には何も起こりません。
 その時に取りかかっているパスを切り終わった時、それは起こります。
具体的には、作業中のパスを閉じた(始点と終点を合わせた)瞬間、アイコンが変わります。
 そして、次に打ち始めるパスに影響が出ます
「一体、いつ、何を触ったらこうなっちゃったんだ」と思案を巡らせている時間帯よりも、
  おそらくずーっと前にうっかりやっちゃってるわけ
個人的には、実は自他共に『やっちゃい』続けてきて10余年、今日はじめて謎が氷解できたので
 つい書き留めておく所存です。
 
 
最後に。どなたでも判りやすいように、『やっちゃった』事後の救済ソチ。
 本当は作成後のパスの属性は、パス選択→希望の属性アイコンをクリックで変えられるハズなんだけど
左から2番目のやつで打ち始めてしまうとサブパスの親オブジェクトが属性を握ってしまうらしくて戻せないので
 こういったまわりくどい方法しか思いつかないのですが
↓うっかりやっちゃった、反転パス。

 
選択範囲を作成してみると、外側が選択されちゃってるし。
 これ、このまま他のソフトに配置するとガワしか見えないし。泣ける。笑える。

 
このダメパスを、新規パスにコピペで移します。
 まず、Optionキー&パスパレットのサムネイルをクリックでサブパスを全て選択状態に。
..手違いで1枚目と変わりないですが。まぁ選択状態に。大きくドラッグして選択でもなんでもいいです。

 
これをカット。コピー&消去でもいい。クリップボードに入ればなんでもいい。

 
と来たら次はペーストだろうよ、と予想はつくでしょうが、ただペーストすると堂々巡り。
 中マド属性のアイコンを選んでから新規パスを作成。
パレットから新規ボタンで作成してもよし、ドキュメント上にダミーパスをテンと打ってもよし。

 
ここにペースト。例ではダミーパスをテンと打ったのでもう中マド属性がついてます。
 パレットから新規作成した場合は、このペーストしたサブパスが選択された状態で
属性アイコンを選び直すと素直に変わります。
 
ダミーパスを削除。ありがとうダミーパス。
 キミはダミな奴なんかじゃなかったよ!
パスパレット上の白黒を見ても、もう安心ですな。

 
最後に選択ハニー作成してみた。
 ちゃーんと内側が選択されてますから。

 
 
参考になりましたらコレ幸いです。
 ご賛辞でもご助言でもアレでも、何らかの反応が頂ければうれしいです。
お前の検索ワードの組み合わせから察するに、絶対に役立ってなきゃウソだ、ぐらいの
 超どストライクな検索ワードでウチに迷い込んで来てる人、けっこういます。
なんか書いてって下さい。トモダチ欲シイデース(うそ)
 
この件あと2つ続きがあるんですが
 『フォトショ パス 反転』とか、超ぶっきらぼうな検索でココ(1件目)に飛んできて、そのまま完結編を見ずに戻るもったいない人が、えっらい多いので
飛べるようにしときます。
 ↓ここで万事解決。
それにしても本気で困ってんなら「フォトショ」とか「イラレ」とかで探すのやめろよってんですよ。
 それでも検索ヒットされてしまうウチが恥ずかしくなるですよ。
Facebooktwittergoogle_plus