Photoshop:パスをあっちからこっちへ複製しまくれり

うちら下っ端オペレータはデザイナ様からお預かりしたデータをアレコレして飯の種にするのですが、
 デザイナ様サイドでアタリ画像をわざわざ切り抜きして頂いているにも関わらず、
それを高解像度の実データに差し替える都合でまた切り抜き直さにゃならん、
 という、どうにも首をかしげたくなるような無駄っぷりを常日頃から背負って生きているわけですが

どうせデジカメ画像なんだし、
 最初っから実画像を切り抜きしてからアタリ画像に落とせばいいのに、
などとはとてもとても恐れ多くて言い出せません(言ってる)。


そんなこんなで時間に追われてワッタワッタやる中、
 どうしても色調補正とパス切り抜きが別進行になる場合がありませんか。いや、あるんですよ。



補正に回してるうちに別の所で切り抜き、
 イー色になって戻ってきた画像と、キレーに切り抜いた画像とを最後にニコイチするという。
  これを、画像を2つ開いてペーストして保存とかいちいちやるのが非常に煩わしい。
人にお願いした切り抜きなどはついでに一つ一つチェックするに越した事はないんだろうけど、
 ウチの現場のように少数精鋭で信頼関係が濃ゆかったりすると、もう。
  チェックしてる姿を見られると気まずいというのもある(笑)

で、手駒の乏しいにわかスクリプシャンはパスをコピペするだけならアクションでいけるか、とか、
 ドロップレットにしてAutomatorと連携させたり、とか考えたものの、ここはやっぱりJavaScriptを書いてしまった。
しかしパスアイテム関連になるとJavaScriptはものすごく自由がきかないようで、
 検索で当たった外人くんのBBSとかを参照しても、
 「パスを選択」、「パスをペースト」するだけなのにScriptListenerで記録しないといけなかったりしてて、まあ。
 実際あまり(にも)詳しくないので、
書類間でパスアイテムをドラッグ&ドロップで複製移動、などが記録できなかったのもやや憤慨モンで。
 既存のパスのプロパティはほぼ全部ReadOnlyだし。
  「Illustratorへのパス出力…」で吐き出されたaiファイルを解析できそうな気もしたけど、
 パスのアンカー座標の書かれた行のケツについたアルファべットの意味がわからず頓挫。

とにかく、100点近くの画像どもを一気に、
 しかしバックグラウンドで処理させたいのでクリップボードには触らない(コピペしない)
でどうにかなんのか、ならんのか、と模索した結果

が、コレです。



PhotohshopCS以降対応(たぶん
 MacOS10.5.8 Photohshop CS3,CS4
 MacOS10.6.2 Photoshop CS3
 で動作確認済み。
  CSとCS2は、てんでんダメダメでした。




種明かしすると、書類内のパスアイテムを次々レイヤーのベクトルマスクに使用していき、
 「レイヤーを複製」で複製先を背面ドキュメントに指定してレイヤーごとパスを送り、
受け取った側でマスクのパスを複製して元のレイヤーを捨てれば一丁上がり、という。
 何

Illustrator:バグを既知なのが自分だけだとよくないので

今回の、Acrobatアップデートに関する不具合で多くの同胞が吠え面かかれていらっしゃるようで..
 幸いにして職場の「やっちまった」マシンはCS3以降しか入れてないので難を逃れました(アップデート自体は闇雲に飛びついた)。
うかつな割れユーザもかなりの数これで撃沈したんでないかな(いや、必要悪っていう見方ではないですが)

バグついでに。
各アプリケーションが持つバグの中で、過去のバージョンからずっと認識されているにも関わらず、まるっと放置されている物はいくらでもあるわけで、ユーザはこれを情報共有してうまいこと回避しつつ飯を食わねばなりません。
 よね。

で、ふと思い出して検索したけどネット上に見当たらなかったバグ情報を1つ紹介しておきます。今後の迷える検索っ子のために。
 単に自分が検索下手なだけなのかも。まあいいです。
物はアクション絡みなので、これはvar_8.0からのバグということになります。

 【実験】
●Illustratorのアクションを記録します。
内容は、今回の為にわざわざ苦労して作ったキャラ “日焼けくん” を、
ちょっぴり左上に移動するだけの物。
左上に行くぜ、ってんで、判定用に左と上をグリッドに沿わせておいてます



●移動しました。目一杯大股のくせになんともつつましい移動量。



●ここでIllustratorを一旦終了します。
アクション系のバグは、大抵アプリ再起動後に発動・発覚するからです。


で、元通り左上がグリッドに沿った状態から、いま作った素晴らしいアクションを実行。

み、右上だッ!


 【解説】
アクション記録の際に入力した数値(またはオブジェクト操作によって記録された変化量)が
 0 > 数値 > -1
のとき、アプリ再起動後に「マイナス」が飛び、プラスに化けます。
 -0.5°回転するアクションは、再起動すると0.5°回転に化けます。
距離に関わる数値は、pointに換算した上で上記の条件にかかります。プラスになります。
 プラス思考はよい事です。ウチらもアメリカ人のように何事もポジティブに
  しません。


 【対策】
●オブジェクト回転の場合は、元からプラス方向に一回転弱で記録する事で簡単に回避できます。
-0.7° 回転したかったら359.3°と入力しておけば化けません。

●オブジェクト移動の場合は、これも地球をひと回りして反対側から、
というわけにはいかないので、
一旦プラス方向に1point以上の仮移動を記録しておきます。


●しかるのち、- ( 希望の移動量 + 仮移動量 ) ぶんの移動を記録します。
これで数値は-1pointより小さくなるのでバグ回避でけます。


このとおり
(とかいって、ほんとは実行してなくて2枚目の画像をまた貼っただけですが)


シアーなんかも同様でなんとか。

「パスのオフセット」の場合は性質上、プラス方向に一旦逃がした時点でオブジェクトが余分に追加されるので、
最終的に消したいオブジェクトが選択されているタイミングでオブジェクトにメモを付けるように
アクションに記録しておき、最後にそのメモで検索して選択・削除するよう仕向けるとよいです。
何の事かわからない人はアクションパネルのサイドメニューの項目をわざとらしく全部試してみるといいです。
メモ機能やパス格納、警告、中断、など、いろいろ便利になってます。

ただし、ここにもバグ
 オブジェクトの塗りカラーをいじったりしているとメモが消えます
『塗る』と『null』のダジャレが不愉快きわまれり。

時間があるならスクリプトでいいんだけども。
 スクリプト習得に乗り出す前は変態的なアクションばっか作ってました。
  若かった。

ESTKとSnow Leopardと酒と泪と嘘とビデオテープとYシャツと私とこたつと宇宙船

MacOS10.6Snow LeopardでESTK(ぐぐるとEyes Sets To Kill がたっぷり出てくるがExtendScriptToolKitの方でひとつ)

を使っていると、Copy, Paste のショートカットの辺りが特にだが、ものすごく挙動がおかしい。
 というのを薄々思ってたものの、ぐぐってもヤホっても情報がない。
OS発売当初とっくに問題提起していたパイオニ屋な人の記事にすら四半年遅れて気付く始末で、今から何ができようか、と思ったものの未だに解決策がないとゆう。
病院の待ち合いでヒマ潰しにタカタカする事が多いので、そのたんびにいろいろひねくり回してはいるのだが。

こちらの方はDTP畑ではないようだが、AfterEffectを使ってらして、やはり頻繁に落ちるという。
 FinderのサイドバーからBonjourちゃんを消したら改善されたという。
ホホウと思って真似してみたが、コピペの不具合には無関係のようである。

でー、Command + C、Command+V などのショートカットをゆっくりやれば動作する、
 一度うまく動作すれば二度目三度目以降ほぼ心配ない、という仮説を立ててはいたのあるが、
せうぞーさんのコメント欄に確証の取りきれてない事をべちょべちょ書き込むのもナンなので自分とこで。


仮説:ゆっくりやれば大丈夫

 ...むしろ都市伝説。
このゆっくり加減が微妙。
 具体的には、Commandキーを押下→そのまま数秒待つ→CだのVだのショートカットのコンビネーションキーをチョン押し→Commandキーは依然押下状態のまま、数秒→成功
という流れ。
 この「数秒」は、心の中で「しっぱいしませんように。たのむ、たのむ、たのむ!」と重々しく唱えるぐらいの時間で。
コピーなりペーストなりが成功していた場合は、CなりVなりを押した瞬間の挙動で一目散じゃなくて一目瞭然なのではあるが、
 それではなぜ成功後もCommandキーを数秒押していなければならないのか。
  ここが「たまたま今回だけうまくいった」と「一度うまくいったからもう以後ダイジョブ」の分かれ目なのだ。

  たぶん。

少なくともウチの環境下では信憑性があるであります。
 あ、参考までにウチの環境。本体は貰い物。
●MacBook 2008後期モノ 2.4GHz Intel Core 2 Duo R (PCエンジンと混同してないか)
 メモリ:2GB
 アプリ:Adobe CS3(Extend Script Tool Kit 2.0)
 壁紙:メビウスのイラスト

というわけです。
 今後また、何か思いついたら書きます。
しれっとひどい事書いてますが、本当にあくまで思いつきです。自宅環境でしか検証できないし。
 よかったらお付き合いください。
「牛丼を食べながらだとうまくいく」とか書き出しかねませんが。

21世紀の大人(オペレイター)達へ 〜第一回 の大幅訂正

Photoshopのイマ風なパス切りに関して補足が必要な感じなので補足しようと思った次第で。

2つ以上の物体の輪郭が重なり合ったような画像は、複雑な箇所を複合的に捉えず、
 それぞれをそれぞれなりに切った方が手数も減るしズレも軽減するというメリットがあります。
  誰しもスキマの個数なんかでイライラしたくないわけで。

例えばこんな商品画像。
 わりとよくあるウンザリ系。


仮に黄色をダーリン、緑色をハニーと呼ぶことにします。
 体毛は重なり合っていて、うざいボールチェーンは頭髪のフサフサの中から出ています。
最悪です。

これを、わざとらしく、こう切り分けます。
属性の区分で色分けしてあります。


ダーリンとハニー両者のスキマは、ひとまずダーリンだけを意識して中ヌキ(右端アイコン)で切ります。
 そしてハニーの内側を通り、重なり合いのない域に来たら見た目通りハニーに沿って切る。


で、ハニー側を合体(左端アイコン)の属性を持ったパスで補間します。


こうすることで、ハニーの体毛をまたいだダーリンの毛がみっともない段差になったり
 エッジが丸くなったりの不整合が解消され、
且つわりとぶっきらぼうに切ってもそこそこの見栄えに仕上がります。
 テキトーし放題です。

ボールチェーン部分はタマとサオを別に作ります。
 属性はいずれも合体(左端アイコン)で。


タマはパースがついていない限りはシェイプツールで手軽に真円を1つ作り、ぽこぽこ複製するだけ。
 サオはよほどの職人系アクセでない限りはほとんど一本線の一往復で済むわけです。



以上で作業上の手数とストレスは激減します。
 帰宅する頃にはTVもDSも見たくないよ、ってぐらいの疲労にもなりにくいかと。

ただ、保存と出力の所要時間がとっても非常に激増します。これはしょうがない。しょうもない。
 どうしても我慢がきかない場合は一旦「Illustratorへのパス書き出し…」を経由して、
  パスファインダでこねくり回して戻します。


古いバージョンは未確認ですが、
 PhotshopCS3から書き出したパスをIllustratorで開くと各パスに属性に関したメモが記載されているので、アクションやスクリプトで便利に使えます。属性パネルで確認できます。



今回は「形状エリアに追加」(パスファインダパネルの上行左端)
 と「形状エリアから前面オブジェクトで型抜き」(その隣)でどうにか整いました。


パスの整形が済んだら、いちおうプレビューモードで塗りを入れて確認しつつ、
 オブジェクト→トリムエリア→解除 


で、トンボが元ドキュメントサイズの長方形のパスになるので、
 それも含めて全てのパスを選択&コピーしてPhotoshopに戻る。
  ペーストがうまくいかない人は環境設定のアレをアレして下さい。AICBなんたら。

で、ペースト。ダイアログでは当然「パス」を選択。


コピーした内容がドキュメント中央にペーストされます。
 この時点で全てのベジェ曲線がドキュメント内に納まっていれば、
トンボを解除してできたパスがドキュメントサイズでぴったり配置されるのでそのままでOK。


そうでない場合


は、編集→パスを自由変形 
 で、ハミ出ていない辺を頼りに基準点の選定と距離の入力で元の位置に持ってきます。
例では右がハミ出ているので左上を基準点にして原点距離をゼロゼロにしたところ。


※上下左右のうち、上も下もハミ出ていた場合、もしくは右も左も、は、ご臨終。鼻から牛乳。

最後にトンボを解除した分の長方形を削除して、
 整形前のパスも丸ごとポイして一丁上がり。これ削除しないと重いままです。










……という流れがFAだと信じてここまで進めちゃって、
 Illustratorパートでのパス整形はこれからスクリプトでイイ感じにしよう、と思ってたら、
  とんだ無知ちゃんでした。とんだご迷惑をお掛けしましたのでした。とんだ。おれはばかだ。
   以下を参考にして下さい

バージョン6.0より新登場した「パスコンポーネント選択ツール」。黒〜い矢印。
 その存在があまりにも地味な上にツール名もヒトッツもときめかない物なので、
  その詳細も知ろうとしないまますっかり10年近くも放置してたわけですが
 これ、ただ選択できるだけじゃなかったんですねえ。

選択する、属性いじる、複数選択する、「組み合わせ」ボタンをカチっとする。するとパスが混ざる。
 にわかパスファインダ機能です。まさかPhotoshopがとっくにこれを備えていたとは。
  いや、なくて不便だねーって毎度毎度思ってたんですが。。。


Illustratorのと大きく違うところは、
(日)合成方法に即したボタンはなく、それぞれのパスに4属性のうちいずれかを与え、
   文字通りその組み合わせで合成結果を任意に作り分けるという手順
(月)合体系、型抜き系、交差系、苅り込み系に相当する結果は作れるが、分割系が無理。
   無理というか無用なのかな? いや、あればドスドス使うけどなあ。

まあ、さっそくダーリンとハニーを合体させます。オス同士なのでベイビーは生まれません。
 が、