ことえりユーザ各位

取り急ぎ、


「jyy」と入力するな(または、ちょっとやってみろ)

と忠告しておきます。
追記:
ぐぐったら「zyy」も同様との事でした。
いちおう(ヒマだったので)ぷっぷるちゃんに電話して、ヤマハ音楽教室全体の問題としてどうたらこうたらしました。
Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:カチカチよりもカチがいい

またもや半端な状態なんですが(自覚あり)
 仕事の案件に特化した物だったり、
 その場しのぎに10分ぐらいでちゃちゃっと書いたのが意外と便利で捨てられなかったり、
 役には立ってないんだけど思い出の品だったり、
 他の人が書いた目ウロコな物を「いつかたぶん使う日が来るといいよなあ」と取っておいたり、
いろいろな状況で溜まっていってるスクリプトの整理に困っていませんか。
 いや、困ってるんですよ。
もう、子フォルダ、孫フォルダ、いとこフォルダ(なにそれ)、
 分けてもおっつかない。いやよいやよ。
  ちなみに番号非通知通話は頭に184を付けますが、関西では188なんだそうです。



InDesign CS3以降
MacOS10.4.11でCS3で動作確認。
Windows、プレステ等では未検証




スクリプト本体をテケトウな場所に置いて、InDesignのスクリプトパネルから実行。
 

スクリプト本体と同じ階層にあるフォルダ名でメニュー項目を作成します。
 ※サブメニューは現状非対応です。同階層のフォルダの中にあるフォルダはシカトします。
 ※フォルダやスクリプトの名前に半角の「%」など怪しい文字が使われていると、
  ずっこけます。ぶっ転びます。
 ※スクリプトの出し入れを監視するわけではないので、変化があるたび再構築する必要があります。
 ※アプリ再起動後は、フォルダ名から生成した各メニューの残骸がいます(中身は空です)。
  本スクリプトを実行して「いいえ」でキレーに消えます。
  アプリ終了に関してイベント定義できるんだかできないんだか。
といった感じで、半端です。
 コレを完成させるのはあなたです(誰よ)


実行するとハイイエかイイエスを問うてきます。おとなしく従った方が身のためだぜ。
 
追加したメニュー項目をマッサラにするか、イチから作り直すか、の二択です。
 いずれにしろ一度はマッサラにするわけですが。ウッヘッヘ。
この時、デフォルト11個のメニュー項目(「InDesign」から「ヘルプ」まで)以外、12番目以降を消す
 という事にしてあるので、メニューのカスタマイズをしている環境などでは
スクリプトの冒頭にある変数 mainMenuDefaults の値を適宜書き換える必要があります。
 基本は11なので数えてみましょう。

上記で「はい」したのでメニューが賑やかになりました。
  ついでにちょっとデモ。

 



ちゃんと動いてるみたい。

 

少なくとも、狭いパネル内で上下上下するよりは開放的な気分になれました。
 表示フォントも大きいので押し間違わなくなりました。
自己満足です。わかってます。
 ..ともすれば、Illustratorのスクリプト呼び出しの方が肌に合ってるという事に..
 いやいやいや。ないな

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:βテスター募集系? みたいな

過去になんとなく作って置いといたImageRepというスクリプトがありまして、

 なかなかにして検索数が多かったものの表立った反響がなかったのでヘソ曲げて、
イイ感じにマイナーバグフィクスした物は完全に自分用にして公開はしてなかったんですが、
 このたび、リンク単品からドキュメント全体に対応&置換ファイル名もなあなあでマッチング、
という大幅改造を施してみたので改めて。
 が、処理過程があまりにも長いので、自分の実作業だけでは不具合の起こる条件を追い掛けきれそうにないので、
とりゃえず基本的に動くという段階で置いておきます。

InDesign CS3以降(CS2以前でも動く可能性は非常に濃いですが試してないです)
MacOS 10.4.11 CS3 で基本動作確認済み。
Windowsでも問題なく使え(ますように、と祈って)ます。
プレステでは使えません
 ver.2eを即日DLして頂いた方は、すみませんが重篤な凡ミスを修正した2fに差し替えお願いします。
  すみませんすみません




処理フローが多岐にわたるので、大まかな流れを記したPDFを参照の上、なんとなく把握して下さい。
で、使ってみて、不具合&エラーが出たら教えて頂ければ解決していく、
 というスタンスで進行します。アマエンボですみません。
POTの方はまだ不安定な部分が消えないのであれですが、こっちはドキュメントに致命的な打撃は与えないので
 自由に持ってって下さい。

PDFで説明しきれなかった、ファイル名マッチングについて、ここで説明を。
元リンク(アタリ画像)と置換ファイル、それぞれのファイル名の拡張子以前の部分で判定します。
 〈例〉赤い文字がマッチングに使われる部分 →『image_0001.psd』
その上で、元リンクと置換ファイルのうち名前の短い方が長い方の名前に含まれる場合、
 マッチしたと判断し置換に使用されます。
 〈例〉元リンク名『1234.jpg』に対応した置換ファイルは『DSC_1234.tif』
ただし、この条件で、指定したフォルダ内で複数のファイル名がマッチした場合は
 現状では絞りきれず、その元リンクは置換対象外リンクとして分類されます。

まあ、基本的に直感操作できるとは思うので、こうるさい事はこのぐらいで。

不具合報告・改善要望などはコメント欄にお願いします。適宜対応修正します。
 コレを完成させるのはあなたです。
  そしてウチの仕事をラクにさせてください ^;


Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:乗算、顔だけにしろよ

みんながDTPでムースカーしてるので寂しいので、

 出そうと思って忘れかけてたネタをひとつ。

素材:JRの駅でよく見るアレを記憶の限りアレした物です。


この画像を、タイトルの通り、顔だけ乗算かけます。
下の画像は、フレームに乗算を設定したところ。
イラストの背景は白なので、グリーンの帯がちゃんと出た、以外は変化なし。


なんとなく魔がさして、中の画像にも乗算を設定してみます。
するとどうだ。
こうだ。


帯のかぶった部分が濃くなった。
白がなんぼ乗算になっても濃度には変化ないのが望ましいのだが。
どうしたもんだ。
バグなのか、なんなのか。

Facebooktwittergoogle_plus