InDesign:PlaceOpionalText_1.3h→1.3i 不具合修正

文字だけで失礼します。

 本日、テメエで地雷踏みました orz

まずは修正版をどうぞ。ささどうぞ。
 できればさっさと差し替えて下さい。よろしくどうぞ。



InDesignCS3以降 Mac、Win、プレステ対応
同梱の「つかいかたPDF」をよくお読みの上でご使用ください。




今回の不具合の詳細を以下に記します。文字だけですが。

POTには、一度のカチッで複数のテキストフレームへ一括で流し込む機能が備わっています。
 この「流し込み順」は任意の座標の優先順位の組み合わせで指定でき、仕様に沿った設定を施した背面ドキュメントを忍ばせておけばフレキシブルな順位設定も可能、という事でありますが、
字ヅラ本意で並べられたテキトウなレイアウトデータの中には「並びからちょっぴりハミ出たフレーム」にイラッとさせられる局面もあろうと、優先座標値の差が±2(単位はドキュメント依存)以内の時は同値として扱うという誤差修正を混ぜてありまして、
 今回ここに不具合が出ました。直しました。

フレームAとフレームBのY座標の差がコントロールパネル上でキッチリ2mmだったとします。
 一例として、Aが121.456mm、Bが123.456mmとします。
Y座標を流し込み順の最優先座標とした場合、当然のようにAが上位に来ます。
 が、誤差範囲内なのでまんざら当然でもなくなっちゃいます(わかってー)。

ご存知の方はご存知な話ですが、コントロールパネルや変形パネルで表記される座標値は小数第三位までとなっていますが、実際はもっとすごい細かい所まで数値を持っています。
 フレームAとBをどちらも選択し、同時にテキトウに移動させると、両者の距離関係は一定であるべきなのに、実際0.001以下の範囲でウニャウニャ変動してます。
今回、両者を移動するたびに距離関係が誤差許容値に収まったり収まらなかったりという微妙な現象が起きました。
 結果、流し込み順が毎回毎回狂おしい程に狂いました。幸いにして丁寧めに作業していた時だったので手元の画面ですぐ発覚に至った次第ですね。

修正内容は、座標を比較に回す前に1000倍して四捨五入して1000で割っただけです。
 パネルで確認できる数値まんまで処理する風ですね。過不足なかろうと思います。
以上、言い訳でした orz
 お手数ですが1.3_h は葬ってやって下さい。お粗末さま。

———————
追記追記追記
———————
実はルーラー設定をスプレッドにする処理を入れ忘れてたのが発覚。
 すごい。1年近く気付かないのってすごい。
なので、欲張って見開き一杯ドドンと流すとワヤクチャもいいとこになります。
 近日修正します。
  さすがに謝りたくなってきた。


Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:略して「セッ ……ゴホゴホ

選択ハニー3部作の2つめ。

 とりゃえず最低限の状態までこぎつけたので出します。
ハンパな状態で出しておく事を恥辱と思えばこそ、完成に拍車がかかるので(ImageRep2はどうしたw
 先のSelection Filter 書き換えもこちらの内容を丸ぱくりしただけだったりしますが。
ちょっと使い勝手がよくないのでインターフェイスそのものを見直さないといけないようで。
 それはそれで現状の物を予告的に試して頂ければ。

InDesign CS3-CS4 MacOSX 10.4.11で動作確認。
CS5での動作確認情報求む。です。ウチは特に困ってませんけど。
あと、どうでもいいけどついでにWinも。


【つかいかた】
●1つのオブジェクトを選択した状態で Store ボタンをカチッとします。
 ボタンの脇にオブジェクトの ID と種類が出たら Store されたの事です。お店で買い物とかはできません。
●ドロップダウンリストから、共通項目を選定します。項目リストは、下っ端オペレータに特化した内容で追加する予定です。
●一番下のナントカボタンをカチッとすると、選定項目が Store したオブジェクトと共通する物がベベッと追加選択されます。
 この時ドキュメントに選択ハニーがあれば、その中からフィルタリングします。確か。..その為にStoreボタンを設けたような..
【つかいどき】
●スタイルで管理されていないデータをよこされて頭にきた時
●Illustratorが恋しくなった時
●7番目の橋が落ちる時
●ボーナスが出なかった時
次回、外観をガラッと変えて出直してきます。
 もっとコマカに設定できるように。プリセットなんかも用意して。

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:Selection Filter 大幅書き換え

ただ単に書き直しただけです。使用感は全く前回といっしょです。自己満足です。

 でもまあその、コードが100行も縮まったんならいいんじゃないの、ぐらいの。
改変内容は、「おそ松、チョロ松、カラ松、トド松、市松、十四松」(順番てきとう)
 の「松」を共有しただけです。こうしておけば後で項目追加する時も「ガッツ石」と書くだけで済む、と。

InDesign CS3-CS5対応
MacOSX 10.4.11(CS3)
MacOSX 10.6.4(CS4)
WindowsXP(CS3、CS5)で動作確認済み。




と、事あるごとに「反響の無さが公開への餅ベイションを下げる」旨、女々しくもガタガタゆってきましたが、
 POT1.3の時に、なんか礼節も常識もまたいだようなメールよこされてイラッとしたので
  もうどうでもいいかなって。エサは欲しいけど不味いのは要らないというか。
いや、ひょっとしたら、あのメールでウチの人間を試していたのかも。企業スカウトが。きっとそうだ。


Facebooktwittergoogle_plus

おさかな:写真ないんです

その1
日時:100725 13:00〜17:30
場所:江東区某所
仕掛:道糸2号、オモリ2B、ハリス0.8号、ハゼ用ハリてきとう、目印少々
エサ:ミミズ(極細)

ムス子さんもそろそろ、おさかながビビッとしてググッとしてピチピチッと気持ちよくてモグパクッとおいしい事を覚えていいはずなので、
 例えそうじゃなくてもウチがそうしたいので、
例えビールを買えない程貧しくなっててもニセビールで慣れてしまったので、
 夏といえばハゼなのでわりと強引に。
ただしJR下車徒歩5分以上不可、トイレ徒歩1分以上不可。それが、クルマのない人の親の品格。
 このままでは来年あたり無理矢理バイクにムス子を積んでしまうかも。

とにかくモッタモタ歩いて目的地到着。何をしでかすかわからんので手は繋いだままだったのだが、川沿いの遊歩道でつい気をゆるめて手を放した途端にヘッドスライディング。両ヒジずるむけ。泣かなかったので予定通り開始。えらいぞー(棒読み)
 先客から情報収集。 今年は渋い。 1時間で30尾ぐらいのペースだ。 だそうです。
横並びで小一時間。5尾釣れ、1尾ひっくり返ったので川に返し、また1尾釣れ、のループ突入。
 先客、帰りしなウチのバケツを覗き込み、かける言葉を失い気まずそうに退場。
  このままではいかんと思い、ひっくり返った個体もおさかなのうち、にルール改変。
 フツウのミミズを買いに入った店で「極細」を見つけてしまったのがよくなかった。
  フツウのでよかったのだ。 それ以上細いのになると引っ張り回された時に景気よくプチプチなのだ。失敗した。

川は地元のボート部がひっきりなしに漕ぎ漕ぎしている。女子部員が増えたなあ。

16時過ぎ、自転車の青年登場。釣れそうだな、と思ってたとこに釣り人がいたから見に来た、だそうで。本分はルアーマンとのこと。あっちの橋の下が波も穏やか、日差しも避けられ、流れもゆるく、よさげですよ、と言う。
 何をこの若造、などとは微塵も思わずのこのこ移動。
  確かに。潮溜まりで磯遊びしてるかのような。穴場というかメッカというか。気に入った。
 ムス子はそろそろ飽きてきたらしく、幼稚園でやってるおゆうぎのおさらいをフルコース開始。
  釣れるたんびに見せてみるも、ハゼ===おさかな ではないようで..フッコの時と大違いだ。
 青年はその後小一時間水中を覗き込んでは「ここに大きいのいますよ」「ここにカメが、ほら」「こっちにセイゴが来ますよ」と教えてくれるので釣果は上がったがのんびりはできず。
  帰投後、カーチャンに「あんたのおさかな調理はいつも時間がかかるので待ち切れない」言われ、ウチが開く端からカーチャンが隣で衣つけてジュウ。
 低温長時間で骨まで、を目指していたのだがほぼ真逆。
  あげく、ハゼのアゴの骨が刺さってイヤな思い。
釣果
マハゼ:50ぐらい。うち、お持ち帰り30ぐらい。
ダボハゼ:1

その2

日時:1007xx 22:40〜03:30 中潮
場所:東扇島西公園テトラ側
仕掛:道糸ナイロン4号、電気ウキ1号、オモリ1号+2B、ハリス2.5号、ハリ管付チヌ5号
エサ:青イソメ(極太)
カーチャンとムス子が平日4日間、避暑地に行ってしまったのだ。
 お留守番は歓迎だが平日はダメでしょう。仕事してたら終わってしまうんですもの。
というわけで無理して出撃。
今回、年に3度ほどのペースでムラムラッとやる撒き餌を実施。
 これで結果が出たらレシピはヒミツでウフフにしようと思ってたのだが、結果が出なかったので恥さらしに書いておく事に。真似しないほうがいいです。
・道中のSMY店でアミコマセ315円を購入。冷凍なら210円。夜だと溶けてくれないかもと思ってちょっぴり贅沢。
・遠投のため、つなぎにパン粉を使用。通常、市販のマキエベースとかヌカとかを使うらしいのだが。100均商品で代用できんものかと考えた結果のこと。まるきりつながりません飛びません。
・パン粉溶きに、海水ではなくコーン
スープ(100均商品)を使用。黒鯛はトウモロコシを食うのだ。だからといってこれはないだろう、と後で思った。
上記のフレンチな朝食にもなりそうな(気のせいだろ)材料を調合した結果、
 アミコマセの臭いが強烈すぎてトウモロコシの香り、まるきり出ず。
  今思えば、パン粉をもっと増やしてやればいい感じのハンバーグの種的な物になってびゅんびゅん飛んだのかも。
 あと、荷物置きに重宝してた古タイヤが移動してあった。これは潮位が上がった時に浮いちゃったんだろうかね。残念なこと。
さておき、投げ込んだ仕掛けの周囲に、上記の撒き餌が、
 届かず。手首をものすごくスナップさせても全然。なんかいつもこれで嘆いているような。
そのうちコマセバケツが邪魔になり、隣の足場へ置いた。
 ら、バケツに挿しておいたコマセスプーンが海にポチャ。 あ、と思った。
プラスチック製品なのでプカ〜と浮かんだ所を見計らってタモで拾ってやろう、と思う間もなくスプーン、海没。スプーンの反対端には、凍ったアミコマセを砕氷する金属のピックが仕込んであるので。
 その後、
・バケツを手に取る
・バケツの中でハンバーグをこねる

・周囲に人の目がないか、よく確認する

・素早く手で投げる
...を、した。効果のほどは、なし。そもそも届かない。
 後で思い直して、ソレが届く距離に仕掛けを入れ直してみたが、そもそも魚いるのかいないのか。
うなだれてきた頃、0:00
 ウキが小気味よく沈み、あれこれあってフッコ40cm。
  スズキファミリーには食傷気味なので写真はなし。それでもいちおうキープ。
以後2時間、何もなし。
で、ちらちら左を気にしていたのは、誰かが諦めた電気ウキが少しづつこっちへ流れてきてたせい。
 射程距離に入ったので獲得。遠矢ウキ的な物。これはいいものだ。
今までフェンシングした分、たまにはこういうの貰っちゃってもいいんじゃないかなあ。
 前回は持ち主が頭上にいたが、今回は届け出に来ないので活用させて頂きます。今期もボーナス出なかったし。
いい加減変化がなくて困り中の 2:30
 さっきより一回り大きいフッコ50cm獲得。
  例によって写真なし。キープ。
もうかなり眠いんだけど、もうちょっとだけがんばってみようと思った矢先、またも左から電気ウキ漂着。ナイスボーナス。
引っ込みのつかなくなってきた3:30、
 SS級のライントラブルに見舞われ、ハサミでチョキチョキしつつ強制終了。
ストリンガーの先には、鮮魚店で買ってきたばっかりのような状態のフッコが2尾。
 息があるうちにリリースして帰投。
釣果
フッコ:2(リリース)
電気ウキ:2(キープ)
次回、ちょっと別のとこ行く予定。 ちゃんと写真取らなきゃなあ。

Continue Reading…

Facebooktwittergoogle_plus