ScriptUIをぽこぽこする

Twitterでもついったんですが(日本語)

 ScriptUIのフローティングパレットが前面ドキュメントとケンカして、
ボタンをカチするためにはパレットをカチしてアクティブにしてから、
 その後ドキュメント上の作業に戻るにはドキュメントをカチしてアクティブにしてから、
という「ひとカチ余計な」仕様にドウンザリしてて、どうにか回避できないか長いこと悩んでたのであるですが
 CS4以降ではケンカしなくなってるという事実に今週やっと気付いた次第。
  今まで何やってたんだろう。。 いや、ま、でも仕事じゃーまだCS3が8割以上だし。
 いつまで経ってもCS3を見捨てない開発しかできてないわけです。

で、せっかくなのでCS3を見切った上でひとつ提案。
 モニタを広く使おうぜー、って話です。
ESTK CS4/MacOS10.6.7 で確認




マウスカーソルに反応してぽっこぽっこします。
 …閉じるのにひと苦労するかも。画面内に引きずり込んだのち、
  イライラ棒感覚でタイトルバー上をなぞってクローズボタンしてやってくださいまし。


以下、DLめんどい方のためにソース。…テキトーなので主題以外は目をつぶってくださいな



var a=new Window("palette{spacing:0, \
G:Group{orientation:'column', alignChildren:'right', \
S:StaticText{text:'info'}}}");
var homeAry=[-70, 400];
a.addEventListener ("mouseover", function(b){
if(a.location[0]<-30){
homeAry=a.location;
a.G.S.text="in"; a.location=[0, homeAry[1]];
}
} , true);
a.addEventListener ("mouseout", function(b){
if(a.location[0] != homeAry[0]){
a.G.S.text="out"; a.location=homeAry;
}
} , false);
a.size=[100, 100];
a.margins=[0, 0, 0, 0];
a.G.size=[100, 100];
a.show();
a.location=[-80, 400];


こういうのが存外に便利だったとしても、ウチの日常業務生活にはヒトッツも面白い事ないわけで、
 どうしたもんにゃら。。



Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:Place Optional Text 1.3l → 1.3m +α

昨日マボロシを見た方には失礼おば。。
 とりゃえずの更新を2つ。
以前のバージョンをお使いの方は、てけとうに入れ替えてください。



PlaceOptionalText_1.3m.jsx
InDesignCS3以降 Mac/Win 両対応(のはず)
はじめてのおつかい
 もとい、1.3を初めてお使いになる方は以下の つかいかたPDFをよくお読み下さい。
まだ既知の不具合が少々残っていますが、それについては責任とれませんので。
http://www14.plala.or.jp/ajabon/killtime/POT_ref_1.3.pdf




【POT1.3m の修正点】
・ウィンドウリサイズ時に一瞬「カックン」となるのを修正
 frameSizeとsizeの混同が原因。「幼稚園」と「たのしい幼稚園」ぐらい違うぞ。。
・アドオン目論見時、アドオンスクリプト側が
 「テキストフレームやテキスト(のみ)が選択状態にあること」を前提とした、
 いわゆる「おうち仕様」である確率の高さを考慮し、
 流し込み実行後は当該テキストフレーム以外の選択を解除した上でアドオン実行に移るよう修正
  結局は自分がそれでコケまくったという話ですが “-;
・アドオンスクリプトの分類箇所におけるVBスクリプトの拡張子判定を修正
  補佐的にVBSけっこう使う方は試してみてくださってください。これだけで動けばいいけど。。

と、もひとつ。わりとどうでもいい。



SelectionExpander_f.jsx
InDesignCS3以降 Mac/Win 両対応(確か)
使用法の概要は過去記事参照。
 http://pub.ne.jp/ajabon/?entry_id=3105805
 http://pub.ne.jp/ajabon/?entry_id=3184685
 http://pub.ne.jp/ajabon/?entry_id=3226048
 http://pub.ne.jp/ajabon/?entry_id=3325007




【Selection Expander_f の変更点】
追加項目はありません。不具合箇所の修正のみです。
「塗りと線」のグループの、3つある「ドロップシャドウ」にそれぞれブラ下がっている
  「設定値完全一致」のチェックボックスのうち2つの挙動を修正。
 使用頻度でいえばスルーしてもよかったんでしょうけど、せっかくなので。
と、今回よりファイル名にバージョン表記しません。
 いちいちカウンタが初期化されてちょっぴりセンチなので(クソ理由だ)
パレットのタイトルバーにバージョン表記は出るので参考にしてもらえれば。

…です。 はい。

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:『ギョギョーム』の亜種(名前はまだない

『ギョギョーム』がテキスト1行分の距離で拡縮するのに対し、
 今度は全角1文字の字送り分の拡縮ツールをこしらえてみました。
20分ぐらいで作ったのでとりゃえず試用品とします。
 つってももうやる事ないんですけど。



test_moz
InDesignCS3 MacOSX10.4.11 で動作確認。




あれば嬉しいにしろ使用頻度は少ないと思われ、モーダルなダイアログが出ます。

瞬間的に、テキストフレーム内先頭に「■■\r(改段)」を入力してから1文字目と2文字目で測距し、すぐ取り消しています。
 ので、現状どんな文字が入っていても関係ないです。
が、1文字/1行などの、ふざけたテキストフレームだと誤動作すると思います。
ストーリー1文字目のスタイルに依存します。

各ドロップダウンから選択します。いっぺんに4文字分までやれます。
一番下のチェックボックスをONにしておくと、1文字分の距離がドキュメント環境設定のカーソルキー移動量に適用されます。
 こちらは『ギョギョーム』と違い一方通行です(めんどいので)。
ドロップダウンで何文字分を選択していても、常に1文字分の距離が入ります。
 環境設定にだけ用事がある場合は、ドロップダウンで 0文字 を選択しておくとよいです。

・例によって回転のかかった物には未対応。いずれいっぺんに対応します。
 えーとボーナス出た頃に(何年先だろう…)

どなたかボーナスください。

Facebooktwittergoogle_plus

まいん吸いーパー

先日のアレ、なんとなく話の流れでアイコンボタン化。

「こうすればボタンもっと小さくできるよ」と言った張本人からのご提言。ミとかフタとか…w
 というわけで、アイコンデータの同梱が必要なためDL先は久々に自前で用意しやした。
が、DL数がわからないと寂しいのでスクリプト本体だけは最近のいつもの場所へ。すんませーん。





msByESTK(アイコン)

ExtendScriptToolKit2.0
InDesignCS3
PhotoshopCS3
IllustratorCS3* いずれもMacOSX 10.4.11で動作確認済み。
*Illustratorのみ、ファイルメニュー→スクリプト では起動しないので
ファイル→スクリプト→その他のスクリプト(器 + F12)で実行してください


 DL&解凍したmsByESTKフォルダを起動ディスク直下のディレクトリに置いてください。
中のスクリプト本体(msByESTK.jsx)はお好きな場所へどうぞ。
 
【変更点】
・ボタンをアイコンボタンに変更。かわゆい15×15ピクセルにしました。
・幅、高さ、Level設定はスタートアップ時にモーダルダイアログ上で設定するよう改善。
・Level設定の見直し。1:最低分布率1割強 〜 10:最低3割
・判定処理の書き直し(速くなったわけではないです。2つの意味でスッキリしただけ)
・安全地帯の展開をハンドラ利用に変更。当たり前になったともいう。
・最初のカチ〜最後のカチまでの所用時間とボガーンの総数を正常終了時に表示
 
【注意】
・結果、どっから見ても遊んでる風にしか見えないので覚悟の上で臨んでください。。
Facebooktwittergoogle_plus