InDesign:フレームの角をカチカチした時を疑似再現するやつ

で、昨日の寝呆けたエントリに絡んだスクリプトを書いてみました。



FitTextFrame_f.jsx もろもろ不具合で公開終了。ver_g をどうぞ
CS3で動作確認。
CSは、2、3ヵ所書き直せば動きます。やりません。
※バージョン_eまでは自分用でした。大幅に書き直しました




【用法】
このような、だらしないテキストフレームがあります。
 これを、昨日の角カチカチと同様の効果をもたらしつつ、CS3の誤差を極力抑えつけます。
わかりやすいように、10Qのベタ送り、詰めも入れていない状態です。
 たてよこ両方やってしまうので辺カチカチと同様の結果は出せません。
横組みはどうでもよさげなので、縦組みでやってみましょう。




バウンディングボックスのハンドルをカチカチする代わりに、
 任意のアンカーポイントを選択してから実行します。
例として、普通に右上を選択して実行。試しにあふれさせてからにします。
 背面には確認用に元オブジェクトを複製してあります。
ついでにガイドも引いちゃおう。
 ご一緒にポテトはいかがですか。いらねえ。




ダイアログが出ます。ハイイエ か イイエス で応答して下さい。
 この後オーバーフローがある場合フレームを拡張する動作に移りますが、
 「はい」の場合、各段落の折り返しが解消するまで字送り方向にもフレームを拡張します。
   改段落、強制改行のコードで判別しています。
 今回は「はい」にしてみました




で、ゴニャゴニャ動いて終了します。見た目にはほぼ一瞬ですけど。
 ゴニャゴニャ動いたぶんは取り消してから最終の処理をしているので、
-回転のかかったオブジェクト
-ドキュメントの定規の開始位置がスプレッド以外
に当てはまらない場合はアンドゥ1回で戻せます。




気になる誤差はー…とりゃえずオッケーですね。
 極端なフォントサイズの混在などある場合は誤動作の可能性もあります。
また、geometricBoundsで動かしているので線幅のあるフレームではきちんと動かないと思います。



今後の動きとして、
・タテのみ、ヨコのみ選択可能に
・線つきフレームの対応
・背面に配置された帯オブジェクトの連動処理(これはver_eで実装したけど書き直すので)
などがありますが、またの機会で。。貞操帯で。
Facebooktwitter

InDesign:フレームの隅をつつく話

ってスクリプト公開エントリじゃなくてさぞかしガッカリでしょうけど。。


※以下、自分のプアな環境でもがいた結果をつらつらだらだら書いてますが
 流星さんに検証いただき、CS3のみの謎仕様であると結論。
CS4以降では再現しないようです

※※それ以前に、ぐぐったら事例が山ほど出てきました。。
 これを医学用語で連休ボケと言います。
すいませんすいません。
 いちおう、これにまつわる便利な物作成中ということで。。

知ってはいたけど頑に使用を拒んだでいた機能がありまして。
 テキストフレームの角や辺のハンドルをカチカチすると中味にフィットする機能。
行数が少ない場合、連結マークが邪魔でロクに触れないので忘れる事にしていたんですが。
 が、ちょっと気になって触ってみたんですが。
2011年現在、そんなの機能が実装されたCS3発売直後ににやっとけよって話ですけども。
 ほんとに今さらですいませんが、わかりません。

サンプルオブジェクト その1




『 』内、Adobe InDesignのHelp(環境的事情でとりあえずCS3)より引用
フレームをその内容にすばやく合わせるには、選択ツールを使用してオブジェクトを選択し、ハンドルのいずれかをダブルクリックします。例えば、横組みテキストフレームの中央下のハンドルをダブルクリックすると、フレームの下部がテキストの下部にスナップします。横組みテキストフレームの中央右のハンドルをダブルクリックすると、幅を狭めてフレームサイズいっぱいに合わせる際に高さが保持されます。
との事で、ぜひカチカチしてみた。確かにそうなった。
 が、赤マル内の数値にやや違和感。




今度は角をカチカチしてみた。フレームの高さが辺カチカチの時と違う。




テキストフレームを内容に合わせるには、選択ツールを使用してオブジェクト/オブジェクトサイズの調整/フレームを内容に合わせるを選択します。テキストフレームの下部がテキストの内容に合わせられます。

ボタンを押せ、とは書いてないけど、まあ同じ事だろう、と
「フレームを内容に合わせる」を押した。
13Qの行送りベタで2行。これこれ、これやがな。




って、なんでこんなに結果がバラつくのか、がわかりません。
キッチリカッチリが求められる局面では「フレームを内容に合わせる」以外使ってはいけない事になるんですか。
いや、まあ、今回の検証範囲ではたかだか0.02mmの誤差なので自分的には大してご迷惑ではないとはいえ。

サンプルオブジェクト その2




フレーム内のすべてのテキストに合わせて高さや幅を広げるには、オーバーセットテキストフレームまたはフレームグリッド上でハンドルをダブルクリックします。

はい、カッチカチ(←実際かなりダブルクリック苦手な人)




額面通りではある。しかしどこまでも縦横比維持。
 気持ちはわかる。しかしもうちょっと人間的にやれねえのか。無理か。。


サンプルオブジェクト その3
(フリー素材拾ってくるの面倒なので一度拾ったらしゃぶり尽くすわけ)




フレームをその内容にすばやく合わせるには、フレームのいずれかの隅のハンドルをダブルクリックします。フレームは、クリックした点から遠いほうがサイズ変更されます。辺をクリックすると、フレームはその方向でのみサイズ変更されます。

テキストフレームの時とリクツは一緒なのだろう。
 と思ったけど、角は4つともカチカチの挙動が同様。
リンク位置ママで4辺とも動く。普通に「フレームを内容に合わせる」と同じ。




上辺、下辺の挙動が同様。
 フレームの天地のみフィット、フレームの左上座標はリンクオブジェクトの左上に整列、
リンクオブジェクトの座標はママ。




左辺、右辺も同様。
 フレームの左右のみフィット、フレームの左上座標はリンクオブジェクトの左上に整列、
リンクオブジェクトの座標はママ。




どうしたもんにゃら。。自分がわかってないだけなんでしょうか。
 掲示板で質問するには長くなりすぎたのでココで投げかけますが、
どなたが優しくしてくださるんでしょうか。。
Facebooktwitter

画像差し替え作業に「Q方式」の提案

 
えー、アタリ画像を実画像に手早く精密に差し替えられるツール IFA_id をリリースしましたが、予想通り波も立たず風も吹きません。
 ほとんどの製版オペレータは基本的にアンテナを張らない為です。まして自腹でツール導入など冗談だろとか思っているはず。
 
それはそれで、IFA_idを使わない手作業の、ちょっとタシになりそうな手法を思いついたので記録しておきます。
 思いついた瞬間は「あ…IFA_idいらなくなるかも」とまで思ったですが、あまり精度は出ませんでした。しかし手数はぐっと減るはず。
以下、InDesignでもIllustratorでも同様です。
 
 
IFA_idのパス打ち同様に、アタリ画像に2カ所、目印になりやすいポイントを見つけておきます。
 今回は点Aを目頭、点Bをうなじ(…うなじだよな)にしました

 
 
アタリ画像の上位レイヤーに、点Aを始点として点Bを通過する直線Cを引きます。
説明用に線は太めにしてあります。実際もっと細い方がよいです。

 
 
同様に、点Aを中心として点Bに接する正円Dを作成します。

 
 
アタリ画像と同じレイヤーに実画像を配置。
ここから、作った直線と円を頼りにフィッティングします

 
 
実画像の点A部分をマウスで掴み、直線Cの先端までドラッグ

 
 
実画像の点Aを基準点にして、点Bが直線Cに重なるまで回転。
および点Bが円Dに接するまで縮小。

 
 
あとは実画像コピー、アタリ画像の親フレーム内へペースト、
直線と円を削除で一兆あがり。 いや、そんなにやってない。

 
 
直線を円に収まるサイズにして、円とグループにした物をライブラリに放り込んでおけば、
これで十分戦える気がするんですけど、どうでしょ。

 
過去に人それぞれの多種多様な方法を見てきたわけですが。
 天地左右にガイドを引く人、
 実画像を乗算にしたり不透明度50%にしたりの人、
 まったく合わせる気のない人(ホントにいた)、
 直感が全ての人 (←ウチはコレでした。やればやる程直感力が上がる思って)
どれも最良とは言いがたい感じでした。
それはシチュエーションによるという意味ではなく、
どれもグダグダ感が滲み出てるという本当の意味で。
 そもそもが要らぬ苦労だという点が、どうにもやり切れないんですがね。。
Facebooktwitter