InDesign:PDF_CropViewerだいじな修正

PDF_CropViewer修正

配置済みPDFが何クロップよ、とか
アプリケーションの配置オプションが何クロップよ、とか
何クロップに変えてえんだけどなあ、とか
いうのに作ったPDF_CropViewer.jsx(前回の説明ページ)でしたが、
いき親分より、とんだご指摘がありまして。
再配置したとき、指定ページがすっ飛んで先頭ページが配置されてしまうので直せ、と。
ごもっとも、ごもっとも。
自分ではaiファイルしかほとんど扱わなかったので、とんだ盲点でした。

で、改めてPDF配置時の読み込みオプションを眺めたら、
その他にも、
・「背景を透明に」チェック
・レイヤー表示のオンオフ
・リンクの更新オプション
など、まったく無頓着だった事に気付かされた次第。
再配置したら、最後に設定した読み込みオプションをそのまま使ってしまうんですね。
そんでレイヤーは全部表示される。
PDFやai形式ファイルに於いて、そういうちょこざいなテクニカルな配置をしたレイアウトを手にした事がなかったもので。オホホホ

というわけで、直しました。



※ただいま鋭意修正中。しばらくお待ちくださいまし。。
PDF_CropViewer.jsx

バージョン_d+
InDesignCS3で動作確認済み。
CS4以降もたぶん対応。



ついでにボタンの名称もわかりやすく変えました。
日本語むずかしいです。

 

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:0.5秒で彼(InDesign)を落とす技(テク)

 

えー、はからずも記録更新です。前回はハング系でしたが、今回は爽快感たっぷりにストンッと落ちます。
MacOSX 10.6.8、CS3とCS4で動作確認。他も試してみていただければ。

▼起動直後の状態。見慣れた状態。ことをドラマチックにするため、できれば大事なドキュメントでいくらか作業しておいて下さい。

▼カラー表示をオブジェクトからテキストに。
テキストフレーム内の文字が選択されていたり挿入点が立っていない状態にしておいて下さい。

ここで一閃、イナズママークの「クイック適用」をカチ。
熟練者(笑)はショートカットでも構いません。

……すとん。

▼はい、たちまち落ちまちた(回文)

今年の忘年会の隠し芸はこれで決まりだねパパ!
※オメガさんより「クイック適用の「メニューコマンドを含む(m:)」のチェックを外せば大丈夫みたい」とのコメント頂き、確認しました。解決というか回避策としてはこれでいけますね。

─その後の動作確認報告(よろこびのこえ)要約─ 随時更新。
WindowsXP(sp2) CS3、CS4 でバッチリ落ちた
MacOSX 10.6.8 CS5 きちんと落ちた
MacOSX 10.6.7 CS5 問題なく落ちた
MacOSX 10.5.8 CS3 便利に落ちた
MacOSX 10.6.8 CS5、CS5.5 たちまち落ちまちた
WindowsXPかな? CS6体験版 健在だった

…が、落ちなかったのがありました。
MacOSX 10.4.11 CS2 落ちなかった
WindowsXP(sp2) CS2 落ちなかった

どうやら大幅機能強化されたCS3からの問題っぽいのが見えてきましたね。

というか、自分の手元に最新バージョンのCS5.5がないのでバグレポートを出しあぐねている事はご了承下さいませ orz

 

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:Selection Filter 項目追加&書き換え

 

あまりちゃんとした使い方の説明はしていませんが、過去に少しだけやってます。
これで十分だろう。。
InDesign:Selection Filter のつかいかた

おてもと系ツールとしてはけっこうオススメなんですが…
ある種類のオブジェクトを自動で一括で選択しただけで、それが何なの、という声がちらほら。
選んだだけでその先何もしてくれないって何なの、どうなの、あたしはアレをアレしたいのよ、
そもそもドキュメント全体で何かを何かしてくれる物にならないの、とか何度か言われました。
そもそもというなら、スクリプトで何かを何かするなら選択自体が不要なんですよ。
だいたい、どこの安月給が作ったか正体も知れないスクリプトを大事なドキュメント全体にかけちゃうって、
あなたその後ちゃんと隅々まで結果を確認できるんですか。
ぜんぜん関係のない頼んでもない箇所がおかしくなっちゃってる可能性とかあるのに、こわくないんですか。
と言いたい(言ってる)。

とある処理をスクリプトにやらせるにあたって、
・オブジェクトの振り分け(処理対象として当てはまるかどうか、オブジェクトの種類やプロパティの有無などで分類)
・処理(目的のプロパティをいじったり関数に投げたり)
と、大きく分けて2つのパートがあります。
行き当たりばったりで書いたスクリプトでは、テキストフレームや画像など、用途に合ったオブジェクトをあらかじめ選択していなければ、いじろうとしたプロパティを持っていないため気軽にエラーを出される場合がほとんどです。
自分用に瞬発的に書いたものではそんなのがほとんどです。テキスト関係だとわかってて使うのに、いちいちわざわざ「選択されたオブジェクトがテキストフレームならイェーイ」とかやりませんし。

だから、コレを使ってからソレを使えばいいんです。
頭の柔らかさ次第では、いくらでも便利になります。
しかもタダで、オープンソースですよ奥さん(あたりまえか)

 



SelectionFilter_e.jsx

InDesignCS3、CS4(MacOS 10.6.8)で動作確認
例の10ケタ数字を駆逐したので、たぶんCS5以降でも動くとは思いますが未検証です。




フィルタリング項目を2つばかり追加しました。上図の赤囲み部分。
そのついでで、内部の画像まわりの書式を少々整理しました。
あと、フィルタリング結果「ありません」の時、実行前の選択状態を維持するよう修正。
どこまでも自分仕様ですが。。

 

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:サイズ増加学会

…いや、そんなタイトルにする気はなかったんですが。魔がさすなあ。
 いや別に個人レベルで差別にあたる気はありません。なかよくしましょう。
でも誘わないで。呼ばないで。頼らないで。投票ぐらい好きな党にさせて。
 いえわたくしごとです。

InDesignのお手軽拡縮機能である、
「サイズ増加 / スケール 1%」、同5%増加、1%減少、5%減少というのがあります。
デフォルトではCommand+,(.)、Command+Option+,(.)が充てられています。
 チョンだのテンだのだと覚えにくいので、不等号<>を目印にぶっ叩くといいでしょう。
これがCS2以前とCS3以降で挙動が違うのは、昭和生まれの方ならもうご存知でしょう。
 「サイズ増加 / スケール 1%」したとき、
CS2以前は現状の%に+1%加算され、小数がある場合は繰り上げにとどまりました。
 95.5%(元)→96%→97%→98%…
CS3からは相対的に101%拡大します。
 95.5%(元)→96.455%→97.42&→98.394%…

んーで、どっちがいいか、というより、どっちが好きかという話。
 ウチは職種柄、CS3以降の方で助かってます。ヘンタイなスケールで配置された画像を扱う事が多いので、CS2までは、クソ馬鹿でっかい画像が2%で貼られてるのを-1%したら半分になっちゃったよ、とか、逆に500%とかで貼られたのを+5%して505%にしたところで屁の突っぱりにもなりゃしねえよ、とか、ほとんど業務上では使えなかったのです。。

それでも作業環境は千差万別、CS2以前の方式を好む愛すべきアンティーク野郎共は、少なくない。むしろ多い。みたい。いやほんとは知らないけど。何人かいた。

で、話の流れでこしらえてみました。
 自分用スクリプトの改変のつもりが、まるきり書き直すはめになってますが。
そして、出来上がってみたら自分に用のない物になっちゃってますが。。うはーw
 つまるところ、CS3以降用です。



id_scaleSupport.jsx
InDesignCS3(Mac)で動作確認。
他でもてきとうに動くとは思います。
言って頂ければ気が向いたとき直します。

CS4以降については本記事下の追加情報をどうぞ
※イベントハンドラとして動作します。スクリプトの置き場所は
アプリケーションフォルダ>Scripts>Startup Scripts 内となります。
Windowsはどうなんだっけ。あのーてきとうにやってください。



前述の標準機能「サイズ増加 / スケール 1%」、同5%増加、1%減少、5%減少
 の4つに反応して、標準機能の動作をキャンセルしつつCS2ライクなサイズ処理をします。
  …のはずが、「この操作は添付スクリプトによりキャンセルされました」だかなんだか、いちいち叱られるのを黙らせる手段がおぼつかなかったため、
 「標準機能の処理後、こっそりそれを取り消してからCS2同様のサイズ処理をする」仕様となっております。
・選択オブジェクトが単数の時のみ動作します。複数選択の場合はバージョン間の差異はないはずなので。
・標準機能と違い、グラフィックフレームを選択してサイズ増減を行った際、中身も一緒にやります。
 なんとなくその方が便利な気がしたので、よかれと思って。おまけです。
・その絡みで、テキストフレームに対して行った場合も中のテキストサイズに影響を及ぼしてしまいます。
 これについては難色気味ですが、機会があればいずれ需要に沿いたいような気がしなくもない気がしますかも知れません。
・1%の時は整数に繰り上げ(下げ)、5%の時は5の倍数に繰り上げ(下げ)ます。
・イベントハンドラを削除したい時用のスクリプトを用意していません。手元のテストでワヤクチャになってイヤになった為です。潔くスクリプトをどかした上でアプリケーションを再起動して下さい。

あのー単純にtransform()で済まそうと思ったらば、100%からちまちまやって様子を見ているうちに114.999999999%なんてのが出るようになってしまったので、横スケールと縦スケールが同一の場合は瞬間的にスクリプトプリファレンスのバージョンを4(CS2)に落としてresize()で処理するようにしてみた。
 しかしこれも、元スケール-(元スケール%増減値)とかやってるうちに0.0000000000001ほどの誤差が出てしまったため、一旦小数第7位あたりで丸めてからアレコレとかハラホロヒレハレしてしのいだ。
 結局resize()メソッドも中の人が必死にかけ算する仕組みだったようで。。
結局の結局、任意に設定したアンカーポイントで不具合が出たのでresize()は廃止。

たぶん、ちゃんとやれる人がやれば、きっともっと単純に済ませられるんだとは思います。
 だいじょうぶ、食べたらみんな同じ。女みんな痔。

※12.04.14 追記
 で、ちょっといいもの書いた気でいい気になってたんですが、CS4でびたいち動かない。あれおかしい。
で調べたら、CS4からはターゲットになっているメニューアクションが名前と中身の整理があったようです。
 編集>キーボードショートカット… >機能エリア>オブジェクト編集 を見ると、一番上に下図の並びが見えます。

で、例のショートカットが割り当てられているのが赤枠のほう。
 比率増加…だと…
これを、すぐ上の緑枠「サイズ増加」にショートカットを写してあげるだけで済んだっぽいです orz
 知らなかったーすいませんすいません。
5%の方も同様。1%のより少し下にあります。

しかし、例えば画像オブジェクトを選択して双方を試してみたんですが、挙動まったく変化ありません。
 なんすかこれ。なんなんすか。
なんにせよ、対象にしているメニューアクションの名前を調べて書き直してやるだけで動くはずっぽい気がしないでもないくさいので、
 近日中に修正アップします。週末なので動きわるくてご迷惑おかけしてます。
 やってみたら動きました。CS4以降は「1(5)% 比率増加(減少)」をハンドラ対象にしています。

Facebooktwittergoogle_plus