InDesign:ギョギョモジャー修正&CC2014対応

はいはいどもども。
しつこく何度も直してすみませんねえ。

日の浅いお客さんは、文中の目に慣れない用語についてはサイト内検索などしてみてくださいまし。

ギョギョーム→ギョギョーマー→ギョギョモジャー ときて、
そのついでに覚えたての関数を試したりしてるうち、内部でアホなバグがありました。。
詳細は書いてもせんないのでやめておきますが、3〜4行を境に縮小リサイズできなかったはずです。

で、tenせんせーにCC2014対応の手だてを確立していただいたと共に
ギョギョモジャーのアプデもリクエストいただいたので、この運びに。
人間、ケツを叩かれてるうちが華ですよ、ええ。
まんが描く描く詐欺の頃の人脈なんてもう一声もかかりませんからw

えー、主な使い方は前記事参照のこと。

 



 

gyogyomojier1.2.0

2014.08.25 1.3.0に更新しました

インストールの注意点は同梱のreadmeを参照してください。
ダウンロード先URLは予告なしに変更する事があります。
もろもろ責任とりません。あしからずご了承の上で使ってください。



 

これでさっさと仕事を終わらせて早く帰ってギター拭きましょう(弾けよ)。

ですー。

http://www.maruha-nichiro.co.jp/products/product.php?j=4901901495567

Facebooktwittergoogle_plus

ドキュメント復元したくないんだけどFinderだけは

やれIllustratorだのInDesignだの、おまけでPhotoshopだのも、
職種柄いろんなバージョンを取っ替え引っ替え起動しては作業しておりまして。

で、MacOSX Lion以降は、
システム環境設定 > 一般 の、コレ
20140613

がデフォルトでオフになっています。確か。今は家も会社もMarvericksですけど。
これをそのままで使うと、書類を開いたまま困+Qでアプリケーションを終了させて
別のバージョンで開いたときに、その開かれていた書類たちがまた開かれてしまうです。。
InDesignCCの作業を終えて別の仕事をしにCS4起動、となった時には
「プラグインが見つかりません」だの「保存バージョンが違います」だの
何度も何度もアラートを出してはちくちく叱られます。
書類が一つでなかったらもうほんとにイヤになる。

なので、例のチェックはオンにするんですが、
そしたら今度はシステム終了時、Finderウィンドウが一掃されます。
そういや、お前もアプリケーションだったよな。。
でもFinderだけは次回の起動時もウィンドウ開いていて欲しい。
そうじゃないと、どの仕事をどこまでやったか忘れてしまいますよ(ましたよorz)。

そんな時、どうするか。
スクリプトを書けばいいじゃない。

…いや、実際は書く直前まで行ったんだけど結局書きませんでした。
APIを調べようと検索してたらターミナルコマンドが出てきたので。

トラックバックがおぼつかないので無断リンクですいません
Mac OSX Mavericksで「プレビュー」と「QuickTime」の”復元”機能を無効にする方法

ほぼ、アプリ名をfinderに書き換えただけ。

defaults write com.apple.finder NSQuitAlwaysKeepsWindows -bool true

これをターミナルで実行。システム環境設定>一般の例のチェックはオンに。
で、めでたく以前のOSのような挙動になりました。やったー。

です。

Facebooktwittergoogle_plus

Illustrator:縦中横設定にバグ

どもども。諸事情もないのに最近みょうにイラスターづいてますが。
というか、バグづいてますが。。
ふだん文字組みは全部InDesignでやっちゃうけど、ヨソから来たデータに関してはもう不可避。

なんだか縦中横の文字が見本とズレてて、
根本治療する時間がなかったのでちまちま位置修正してたんですけど。
以下、CS6でスクショ撮ってますがCCもCS5以前も同様です。
前置きですが、ウチは環境設定で単位をそれぞれ、文字は級、送りは歯、としてあります。

20140611a

縦中横にした文字を選択して、縦中横設定。
ちょっと左にシフト。-5H。ちょっとじゃないけど、どんまい。
20140611b

でOKボタン。
…その後、なんとなくもうちょっと直したくなって、また縦中横設定を開いた。
そしたら、こう。
20140611c

この数字、おわかりの方も多いでしょうけど、Point値の整数なんですね。。
ドロップダウンリストの中もPointしかいない。CS4までは文字サイズもこうだった。

イラスターさんは距離に関わる処理はすべて中の人がPointでケーサンしてます。
それはともかく任意の単位の整数入れたんだから言う事きけよ。
こっちは歯にしたくてカネ払ってんだよ(たぶん)

で、疑問。
どのタイミングでPoint整数値に直してくださりやがっていらっしゃるのか、確認しました。
左右位置未調整の縦中横文字の両脇にガイド。そのガイドを外側へ向けて1ptずつ複製。
くさめりまさお。…誰だw
20140611d

これで、選択ハニーを非表示にしつつ縦中横設定。
プレビューにチェックを入れながら左右位置をマイナス(左)にシフトしていってみたところ、
わあ。ガイドにぴったりだー。つまりすでにPoint整数。
20140611e

これも、一度OKボタン押して再度、縦中横設定を開くと-4.23Hと出る。
このまま環境設定>単位 で、日本語オプション(CCでは東アジアなんちゃら)
を「ポイント」にしてやると
当たり前のようにこんなかんじ。
20140611f

なんかもう、ハナッからPoint整数から外れる気がないみたい。ぐぬぬぬぬ
…というわけで、不具合報告を出しておきました。

アホ! アホビ! アホビシステムズ!

(縦中横機能が日本語版独自機能であるのを思い出すにあたり、
「英語版ではちゃんと動作してたりしてー」なんて思って
言語環境を英語に切り替えてシステム再起動までしちまいました恥ずかしいorz)

でーす。


2014.06.18 追記
ショートのパツキンでミニスカの人。
InDesignなんかだと、スクリプトでなら制御可能な要素もあったりしたのを思い出し、
オブジェクトモデルをほじくってみました。

teteChuYokoHorizontal、tateChuYokoVertical
いずれもデータ型がInt32。つまり整数のみ。単位がポイント限定な事の是非はさておき、
これはバグというよりは仕様の範疇…うそん。いやん。
ちなみに記事を投げたと同時に不具合報告を出しておいたのですが
Adobeさん様からはリアクションが一切ありませんorz

最後に、この仕様の詳細。
通常は、任意の単位つきで数値入力→ポイント値に換算の上四捨五入されます。
これをスクリプトで単位なしで小数指定してやったら小数は切り捨てられました。Int型は整数部分しか受け付けませんので当然なのですが、
この仕組みにより、元から環境設定で単位をポイントで扱った場合のみ、
小数の指定は四捨五入ではなく切り捨てとなりますのでご注意おば。

ですです。

Facebooktwittergoogle_plus

Illustrator:拡縮の母

かつてはマブダチだったイラスター※、現在の業務ではかなり使用頻度がウスいので、
記事を書く頻度も0.02mmぐらいな感じなんですが。
前回も確かそうだったと思うんですが、お寺さんの掲示板から持ち越してきました。

リンゴさん、名前が名前なのに環境がWindowsで勝手にツボッて一人で笑ってましたすいません。
当該スレッドで例に挙げられたエリア内文字オプションってのは、
いつから実装された機能か思い出すのも億劫なぐらい前からあるんですね。
CSだとしてももう10年以上も前なのか。。
まとめると、こういうことです。
テキストフレームがあります。図はテスト用の簡便な物ですが、
もうこれで完成したものとします。アンカーポイント多いわー多いわー 20140609a

これを、他の版面サイズに変更しなければいけなくなった、
あるいは、えーと、いや、いいや。あるいません。
レイアウトまるっと拡大縮小してサイズを変えたくなった、
とします。
こういうケースってB5-A4間というパターンが比較的多い気もしますが、
ここではわかりやすくするために、A5→A3、
つまり200%拡大したくなったことにします。
オブジェクトのロックや非表示に気をつけつつ、
全て選択して、拡大200%。 はい、ドン。 20140609b

きゃー。 というわけですね。
 エリア内文字オプション「外枠からの間隔」が拡大を反映しません
挙動としては正しいような。かといって有り難くないような。
レイアウト制作段階でテキストフレームの大きさを変える事などはフツーにあるわけで。
でも、上図のように「まるごとでっかくしたい」という局面だって、
いつでもごくフツーに発生します。
どっちもフツーでよかったね。いや、よくない。
なので、スケール変更に関しては属性値の追従は選択制が望ましいのかと。

いちおう他の手段もモサクしてみたんですよ、使用頻度ウスいなりに。
最近ほんとにスキルの伸び悩みが課題で。。

安直に、
他のオブジェクトとグループ化してから拡大
→ ぜんっぜん意味なし

テキストフレームを分割・拡張
→ 折り返しに改行が入りポイントテキスト化。フレームの塗り消滅

イラスターの花形機能、アピアランスで拡大、そののちアピアランスを分割
→ 一見成功。しかし数値を確認すると元のまま。
しかもそこから少しでも形をいじった途端に元の姿に。
なにその瞬間芸。なにその罠。こわいわ。

実際のところ、完成してしまったデータを一個として大きさだけを変えたいのであれば、
新規のドキュメントにファイル配置してしまうのが無難。
気苦労しなくて済むんですが。
内容をいじりたくなったら配置ファイルを開いて編集することになりますが。
しかしスケールや座標を数値で管理するような編集となると無理ゲすぎる。
配置先で5mm移動したことにするには拡大前のレイアウト上で何mm移動すれば、
なんてことにも。

なので、やっぱり何も考えず「フツーに」で通じるカンタンさが欲しい。
これについてはいずれ要望を出す気ではあります。。
しかし過去バージョンと付き合い続けなければならない身としては
あまり解決にはならない。

で、で、
掲示板の方にも書きましたが、
他にも拡大縮小についてこない属性値があるはず、
と思って きっとテキストまわりは宝庫に違いない、
と決め打ちして少し洗い出したんですが、
以下の項目はダメでした。今後も追加発見されるはず。

エリア内文字オプションから、
・段組の間隔(列方向)
・段組の間隔(行方向)
・1列目のベースラインの最小値

テキストの回り込みが適用されたオブジェクトの、
・回り込みオフセット量
20140609c

…テキストまわり、クソまみれじゃないか!

というわけで、ようやく長い前置きが終わりました。
スクリプトを、あらよっと書きました
(ほんとはtwitter上で泣き言たれながら少し助言もらったりして書きました)


ai_rescale_mother.jsx

MacOSX 10.9.3 IllustratorCS6で動作確認。もっと前のでもたぶん動きます。


 

あそびかた

拡大を済ませたオブジェクト群を、選択状態のままスクリプト実行。
上の図例のうち、拡大後の物だけ選択して実行します。
入力を求められるので、拡大・縮小した倍率を%値で入力。
単位は要りません。 ウソの値を入れないよう注意。マイナス値でもオッケー。 210/157 とか簡単な計算式を入れてもオッケー。 20140609d

すると選択ハニー内の当該オブジェクトのダメな子たちに入力値がかけ算されます。  なおったなおった。やったー。
20140609e

…といった感じ。

 

逃げ口上として

やる気のないテストしかしてない上に、
未確認の困った属性があるかも知れないので 参考出品ていどにお考えくださいまし。
新情報があったら教えてもらえれば反映します。

ですー。

※個人的にどうしても「イラレ」という略称に微塵もセンスを感じられず、 どうにも愛せないのでウチは「イラスター」と呼んでいます。まねしていいのよ

Facebooktwittergoogle_plus