MacBookPro壊れましたが直りました

 

テレワーカーの皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
皆さまは勤務先からの支給PCでお仕事されてるのでしょうか。
うちは切り替えがめんどいのと、仕事中にいろいろ見たいので自前のMacBookProでやってます。
でもこれ、仕事のしすぎで壊れたらどうするんでしょうね。
そんなのは、壊れてみないと誰にもわからない。でもきっと会社は修理に関して何もしてくれない。
でもまあ、そんないきなり壊れるわけないじゃんすか(危険な思想)。

 

先日、朝起きてMacをジャーンしたんですよ。
そしたら、
ジャーーン、ジャーーン、ジャーーン、ジャーーン………
起動音が鳴りやまなくて。

この時点で、自分の知識で「ジャーンが続けて鳴る」ってのはPRAMクリアしか知らなくて。
キーボードにホコリが溜まって⌘+option+P+R がたまたま押しっぱなしになっているのかもしれない
と思って(今思えば笑うしかないんだけど当時はほんとにそう思った)、
キーボードをガサーガサーッとなでてみた。それでもやまないので電源5秒押しでいったん強制シャットダウン。

iPhoneでトラブル事例を検索。ほんとに便利な世の中になった。
昔はPCが起動しなくなったとき、トラブル解決法をPCで調べられないというジレンマに毎回悩まされたものよ。

「ジャーンが続けて鳴る」そのまま当てはまる記事がいくつかヒット。
SMCリセットで回復するらしい。ctrl+option+shift 押しながら起動ですって。
…直らなかった。

というわけで、久しぶりにAppleStoreのGeniusBarを予約してお世話になってきました。

まあ、いろいろとオシャレな会話に興じたのは割愛して、結論をいえば
ケロッと直りました……。SMCリセットで。
ここでもう一度SMCリセットの手順を振り返ってみましょう。
ctrl+option+shift を押しながら起動。
やってくれたのを見て、違和感があったわけ。自分が押したのと手つきが違う。
というか、押している場所が違う。
このとき、ハッとしたんですよウチは。

ごくごくナチュラルにcapsキー押してました。。

 

サポートの流れで行なったハードウェアテストでは、
電源アダプタの不良と出た。持ち込みじゃなくお店で用意してきたアダプタが。
自分のアダプタでも同様。これは本体のアダプタ付けるとこのパーツの不良かも知れない、と。
しかし通電は問題なく行われており、充電がまずいだけのようで。
心当たりはある。なぜかユーザーを切り替えると充電が始まるので、
それ専用にアカウントを用意したぐらいである。

ちょっと本体開けてみてみますね、で留守番。

戻ってきて開口一番「端子のクリーニングで解消したみたいです」
赤面苦笑。すみませんこまめに掃除します。。

中、けっこうホコリとか溜まってました? と訊いてみた。
「いえ、問題になるほどではありませんでした。ねこちゃんかな? 動物の毛がいくらか」
まあそれはしょうがない。

まあとにかく無事でよかったっすわ。
まだ新調する余裕なんか全然ないんですの。

Facebooktwitter