PlaceOptionalText_2.0/03_細かい機能

ここでは、基本機能に関わる細かい機能を紹介します。
 
「1段落目を無視」チェックボックス
 
入稿された出力見本のコピーに流し込み順の合番が書き込まれ、
支給された原稿テキストの各行頭には対応する合番が入っているという形態であったり、
あるいは各テキストの行頭に<見出し>、<キャプション>などが入っていたり、
せっかく空行で区切られていても1行目にこういった余計な物が挟まっている場合に使います。
 

 
「1段落目を無視」は、テキストファイル読み込み時と流し込み時、それぞれに作用します。
 
「1段落目を無視」チェックが入った状態でテキストファイルを読み込むと、
アイテムリストは1段落目を無視した2段落目の先頭文字列で作成されます。
この時点で1段落目は削除されるわけではなく、リストの表示にのみ影響します。
アイテムリストが全て
<リード>
<見出し>
<キャプ>
‥で埋まってしまう時などにご活用下さい。
 
テキストファイル読み込み後、テキストアイテムを選択すると表示されるサンプルテキストにも
「1段落目を無視」は作用します。こちらは実際に流し込みの結果が変わります。
無視しなくてもよい1段落目をうっかり無視してしまわないよう、サンプルテキスト上部の狭い欄に
無視された1段落目の先頭2文字が表示されます。
 

 
通常は、読み込み時オフ、流し込み時オン、がいいでしょう。
 

 
 
「アイテム削除」ボタン
 
のちのち邪魔になりそうな使わないテキストアイテムをリストから削除できます。
消しすぎに注意。
 
 
 
「初期化」ボタン
 
アイテムリストを初期化します。
使用済みチェックと削除済みアイテムが読み込み直後の状態にリセットされます。
また、「1段落目を無視」チェックボックスの状況はその都度反映します。
 
 
 
「検索」ボタン
 
テキストアイテムを検索できます。
 


ヒットしたテキストアイテムが選択状態になります。
検索は1文字目から該当する物に限られます。「いう」と入れても「あいう」にはヒットしません。
また、複数該当する場合は一番上の物しかヒットしません。
 
 
 
「クローズ時に状態破棄」ボタン
 

 
PlaceO
ptionalText_2.0 は、
パレットを一度閉じてしまっても次回の起動時に前回の最後の状態を維持します。
諸々の設定をクリアしたい時はこのチェックを入れてから閉じて下さい。
※アプリケーションを終了すると状態はすべて破棄されます
 
 
ポップアップ機能
 
ノート型PCで作業される方など、モニタ環境によってはパレットがけっこう邪魔な局面もあるかと思います。
ポップアップ機能を試してみて下さい(一部バージョンのWindows版で動作しないとの報告あり)…試すだけ試してみて下さい。
①パレットを画面左端に隠す
②ドキュメントをアクティブにする(作業をする)
③パレットをアクティブにする(流し込みの用事ができる)→画面内にポップアップする
④「適用」する(自動的にドキュメントがアクティブになる)→元の位置に隠れる
 

 
流し込み作業の合間にちょこちょこ手で直す方の作業スタイルにはけっこう合うかと思います。
マウスでパレットを触る以外の要因でパレットがアクティブになっても反応しますのでご注意下さい。
(他のスクリプト使用後、ダイアログ消去後、など)
 

リファレンスページ トップへ

Facebooktwitter

Comments are closed.