PlaceOptionalText_2.12 アップデート

Vectorにアップしてあるスクリプト本体を更新しました。
直前のバージョンである 2.10 からの変更点を列挙します。
2.10までの変更点はリファレンストップページ、または現在ダウンロードできるPOT2に同梱されているリリースノートを参照して下さい。
 
 

思った以上にハイペースなアップデートが続いておりますが。。

まず、2.11の更新分。
テキストファイル読み込み時の「読み込みオプション」で、半角スペースにチェックを入れたとき、
分散禁止スペースも含むように変更しました。JeditXなどで黒三角▲で表示されるやつです。
Word書類からテキストを抜き出した際、けっこう入ってきます。自分だけかもですが。。

次に、2.12の更新分。
‥目玉機能の一つ「スタイル保持」で、大目玉です。。
以下、不具合事例を示します。

シンプルに2段落で構成されたテキストフレーム。
これに2スタイル分の区切りをもつテキストアイテムを流し込みます。
要点は、各テキストスタイルに段落スタイルが当たっている事。
手設定で属性分けした物では再現しません。そのせいでで見落としました。

1つ目のスタイルが5文字(改段を含まない文字数)の元テキストに対して、
7文字の物を流してみますと、まあ普通にいきます。

今度は元テキストよりも文字数の少ない、3文字の物を流してみます。
はいギャー。
2スタイル目が1つ目の段落スタイルに揃ってしまいましたギャー。

…というのを、修正しました。GREPを使わない検索・置換でもおなじみの仕様らしいですが直しました。

ついでに、スタイル保持における仕様のおさらいをしておきます。
・元テキストのスタイル(同一属性)の固まりの末尾にある改行・改段文字は無視される(残る)
・同様に、スタイルの先頭にある改行・改段文字も無視される(残る)
・前後の文字と属性の異なる単一の改行・改段文字は流し込み対象から外される(残る)

というわけで、今日もみんなで早く帰りましょう(姿勢だけは)。

リファレンスページ トップへ

Facebooktwittergoogle_plus

One thought on “PlaceOptionalText_2.12 アップデート

  1. […] 2011.09.13 2.12 複数の段落スタイルで管理されたテキストに「スタイル保持」で流し込むと2つ目以降の段落スタイルが1つ目のスタイルに同化してしまうアプリケーション仕様による不具 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*