InDesign:せっかくだから俺はこの文字列を選ぶぜ

赤字訂正や部分流し込みなどの軽作業時、対象の文字列を何度も何度も同じパターンで選択するのに疲れたので、ちょっと作ってみました。

findingGREPforPOT2.jsx
InDesign CS3、CS4で動作確認(Mac)
たぶんCS5以降やWindowsでも動くと思います。

「検索と置換」ウィンドウ内のGREP検索設定を使って、検索結果の選択ハニーを作成するスクリプトです。
「検索と置換」ウィンドウ内の「検索」ボタンでも同様と言えますが、でかくて邪魔なんだよあんた。。
  あと検索範囲がころころ変わりやがるし。

一例として、このように。
 検索文字列、大文字小文字、半角全角、マスターページアイテム、ロックされたレイヤー、非表示レイヤー、検索形式など全て反映されます。
  ただ一点、検索範囲(すべてのドキュメント、ドキュメント、すべてのストーリー、ストーリー、選択範囲、など)だけ反映されません。ここだけスクリプトのパレット内で制御します。

パレット側の検索範囲は4パターン用意してあります。

でPleaseボタンをカチ。選択ハニー(テキストフレーム)内の検索結果が選択されます。
 元の選択ハニーが文字列だった場合、それに「噛む」検索結果が選択されます。

検索範囲が「選択範囲」以外の時は「選択文字列を含まない場合も有効」チェックが操作可能になります。「ストーリー」の場合、選択されていない連結フレーム内のテキストを指します。
この例の場合も上の図と同じ検索結果が選択される事となります。

やれカッコの中身を全部とか、
やれ任意の文字スタイルの部分全部とか、
やれ行頭ビュレットと「ここまでインデント」以降全部とか、
 そういうのをささっと選択できればいいと思うんです。

で、スクリプト名が「forPOT2」とありますが、
 しばらく忘れててもらっていいです。
ではでは

Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*