InDesign:文字の位置そのままで揃え方向をアレするやつ修正&強化


初回がアケスケなタイトルだったが為に継承するハメになってますが。
前回、アホな関数の使用を止めてバグ解消したつもりが、しょうもないところでミスってました。
たぶんCS4以降では全然動かなかったはずです。直しましたすいません。
あと、処理対象がストーリーになっていた為、連結フレームの中腹オブジェクトだと不具合が出ていたと思います。これも直しましたすいません。

そのついでに機能強化したので再度ご案内です。



JustificationSwitcher_id.jsx
ver_c
InDesignCS3、CS4(MacOS10.6.8)で動作確認
CS5以降が手元にありません。。どなたか検証願えれば助かります。



こう、奥付の訂正改版なんかが来ます。来ます来ます。
下に一行追加するだけの簡単なお仕事。

で、いざデータを見ると、このような可愛いツクリになって(以下略)

この場合、確かにデータに従った方がバランスはいいのかもだけど、
赤字には忠実に従うのがウチらのお仕事なので少々イラッとします。
しますします。

そこで出番。
チェックボックスが増えました。

これをオンにすると、ダイアログのタイトルが変更されます。
同時にインデント使用を試みるチェックが操作不可になります。

行方向チェックを入れ、左/上揃え を選択してドーン
したところ。

といった感じです。
例に上げたドキュメントでは、実際のところ3行分のスペースがあったため
上に空行を挿入することでさっさと終わってしまったのですがorz
まあ、それはそれ。

でーす。

 

Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*