PlaceOptionalText_2.0/13_外部スクリプトの連動 その2

以下の記事は、バージョン2.20からの新機能となります。
 
findingGREPforPOT2.jsxの連動
 
作り置きのスクリプトになりますが、「findingGREPforPOT2.jsx」を連動させる事ができます。
 バージョン2.20以降は、ダウンロードされたPOT2に同梱してあります。
使い方は多様ですが、いくつか例を挙げておきます。
・検索文字列は〈 〉で囲まれた文字列を設定しました。
「検索と置換」ウィンドウ内で設定した、検索範囲(①)以外の項目が有効となります。
この「検索と置換」ウィンドウは設定を済ませたら閉じてしまって構いません。
・findingGREPforPOT2.jsx を起動しておき、検索範囲を指定します。
テキストフレーム全体を選択した場合は図の通りで問題ありません。
そして「POT2と連動」にチェックを入れておきます。
これで、POT2で流し込み実行時、選択範囲内の検索範囲に最初にマッチした部分を返します。
・レイアウト上で複数のテキストフレームを選択、POT2で同数のテキストアイテムを選択、
適用ボタンで流し込んでみます。
・検索文字列にマっチしなかった場合は変化がありませんので、
〈 〉を含む方のテキストだけが有効となります。
 
こういったケースなら検索文字列は空のまま、文字色の指定だけでいけます。
 なるべくズル賢く利用していただければと思います。
 
 
実行後
 
 
 
流し込み直前の外部スクリプト連動
 
バージョン2.20より、流し込み前に外部スクリプトを介入させる事ができます。
 流し込み後とは違い、こちらは流し込み先の選択範囲の整形を主目的とします。
流し込むテキストの整形については、前でも後でも大差はないと思われます。
 流し込み後の外部スクリプトがドキュメントに残った選択範囲を扱うのに対し、
こちらは固有の変数を再定義する物を用意します。
 つまり、POT2連動専用のスクリプトを作る必要があります。
  流し込み先(各種テキストオブジェクト)…targetObj …Story、Text、etc.
  テキストアイテム(文字列)…txtSPObj …String
 
上述のfindingGREPforPOT2.jsxの連動を併用した際は、こちらが後に処理される事となります。
 同梱のサンプルスクリプトでは、流し込み先の既存テキストの内容、
流し込むテキストアイテムの内容を逐一アラート表示しつつ、
 流し込み先の先頭スタイルを選択から除外(単一スタイルの場合は変化なし)、
 テキストアイテムの先頭に「Test:」を付加してPOT2本体に返します。
 7文字以上の物は前後3文字ずつに省略されます。
実用目的ではなく、あくまで変数の扱いの用例を示す物です。ご注意下さい。
 
サンプル実行前
 
 
実行中アラート
 
 
実行後
 
 
スクリプト自作の際は、サンプルと同様のヘッダの記述を2行入れて下さい。
 
 
 連動用スクリプトは「POT_adds_before」フォルダの中に入れて下さい。
ss=”Apple-style-span” size=”2″>「POT_adds_before」フォルダはPOT2本体と同一の階層に置いて下さい。
  ※バージョン2.20より、後連動用スクリプトフォルダの名前を
  「POT_adds」→「POT_adds_after」と変更しました。ご注意下さい。
 
 
Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*