Photoshop:チャンネルミキサー使ってますか〜RGB編〜

 

と続き、こんどRGBです。

当初はコレだけをやる予定だったんですが。
が、正直、Camera RAWで直した方が百倍ラクだし、トーンの破綻も起きません。
ので、あくまでチャンネルミキサーでできることの紹介と割り切っていただければ、
というスタンスを取らざるを得ません。
ひどい写真をよこされた時、無理にチャンネルミキサーに持ち込む必要はないのわよ、
という事だけ念頭に置いていただければ。なんでも便利な物を使うのがいいです。

つまり、言いにくいんですが、あのー、もはや余興以外の何者でもないですw

色かぶりしたRGBをチャンネルミキサーで

簡潔に。
色かぶりしたRGB画像は、いずれかのチャンネルのコントラストがほとんど死んでいる状態です。
無理に濃度を上げ下げしてみても、もう飛んじゃってる箇所、潰れちゃってる箇所は
どうにもなりません。それを他のチャンネルのコントラストを借りて助ける作業です。

先日の#深夜補正で出たお題。色かぶり、というかまず露出がアンダー。
撮影時のホワイトバランス選択が適切でない系ですね。提供者ひどい人ですねw
菓子折り持って出向き、使用許可をいただいております。

例によってチャンネルを眺める。
どすぐろい。。まるで撮影者の内面を覗いているようだ。

ちょっと3チャンネルともまんべんなく暗いと手が出せないので、
今回は先にそれをどうにかします。
まずシャドウ&ハイライトで暗部を浮かせました。「露光量」でもいいかと。

明るくなった。黄色いんだかミドりいんだか。。
地面と花の状態からみて、グリーン寄りでしょうか。
R版以外はコントラストが平ため。

では、チャンネルミキサーをば。。

RGBの場合はCMYKと違い、チャンネルが1つでも濃度変化すると
画像全体の明るさに強く影響するので、
合計%表示やヒストグラムをを目安にしつつスライダを操作していくといいんでないでしょうか。
欲しいチャンネルを増やしたら他のチャンネルを減らす。場合によっては平行調整。
それでいて色が偏っているようなら合計%を減らしていく。

…みたいな事ゆってますが、実際なんとなくスライダを右往左往させながら
てけとうに追い込んでゆきます。説明できねえよおぉぉぉ
適用値はこんなかんじ。例の#深夜補正タグから元画像拾えるので、
よかったら似せてやってみてはいかがかと。

一発で決める気ではなかったのでそれほどムリはせず、ここまで取りました。
さらば緑内障体験。

ちょっと桜のピンクを意識して出してしまったので中央の要塞のハイライトもピンクに。
これを特定色域の選択で押さえ込んでみた。
白色系:マゼンタ −30%
中間色系:マゼンタ +1%(意味あるんかいな…)
ブラック系:マゼンタ −5%、イエロー +3%
あ、絶対値で。

最後にトーンカーブで全体のコントラストをパキッと。
各チャンネルはいじってません。これ一発だけ。

で、↓この状態でアップしたわけです。いま見ると不満も多いものの。。
地面マダラ模様だし。

どうあれ、この画像がきっかけでチュートリアル要請が出たようなもんなので
そのまま素材にしてしまいましたが。

以上、かなりの尻すぼみな内容となりましたが、
ちょっとでも参考になったでしょうか。。
なりませんね、はいorz
ものぐさせず、色を出したいポイントにカラーサンプラーを打っておくと多少スムースかもしれません。

どうも、おそまつさまー。

 
…と、一旦筆を置いたところで急にカッとなって、元画像からトーンカーブを一発がけしてみた。

 
何のてらいもない調整。
 
…………うわ、けっこう出る。記事自体が破綻したっぽいwww

 
………。
 でも、でも、桜のデテールなんかはチャンネルミキサー経由のほうが出てーる。
  ちょっと安堵。。
 実用段階では、突っ張らないで選択ハニー作ってやってみてください、ということですよね。
  わはは。
 
でーす。
 
 
Facebooktwittergoogle_plus

6 thoughts on “Photoshop:チャンネルミキサー使ってますか〜RGB編〜

  1. これ、桜だったの?ふつーのペイントソフトで自分のセンスで出来ることだよね、

  2. RGB編に限って言えば、たぶんおっしゃる通りです。
    Photoshopしか使ったことないんでわかりませんけど。
    Photoshopはふつうじゃない特別なペイントソフトなのでしょうか? わかりませんけど。
    「チャンネルミキサー」でぐぐってみて貰えれば、この記事の理念というかスタンスがご理解頂けると思います。ふつうの人なら。

  3. モノクロの写真をカラーに復元するために、使ってそうですね。話題になるわけがわかりました。

  4. 基礎編のリンクを記事中に貼り忘れていました。。
    その基礎編で述べていることですが、
    どうもカラー写真をモノクロ調にしちゃおうぜー(逆ですね)、
    というのが世間一般の使い方のようでして。
    実際チャンネルミキサーのデフォルトプリセットにもモノクロにするやつしか入っていませんでした。
    しかもアドビ公式のヘルプでも、使用例はモノクロ化だけでした。
    で、チャンネルミキサーって、その気になればもっといろいろできるんですよ、と三記事にわたってしたためた次第です。
    色調変更や補正の目的で、この方法が最善ですよという内容ではなく、ひとつの機能を使い倒してみた系である事はおわかりいただきたいですね^

  5. 黒い服の調子をなんとかヒネりだすのに使ってたりしてたり。
    あとはドレか1チャンネルだけ階調があって、ほかのチャンネルがベタベタなときにヒネり出したりしてます。
    最近はヒネらなくても、うっかり放屁のツモリがニュルっと。

  6. 痛>
    ぬぉ、RGBいじるのか。というか画像やるのか。時代が変わった?
    いや業務以外かw
    Camera RAW が圧倒的にいいよー。チャンネルミキティは選択ハニーがないとどこかでトーンが破綻するよー。
    …ウチは使ってるけどねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*