ドキュメント復元したくないんだけどFinderだけは

やれIllustratorだのInDesignだの、おまけでPhotoshopだのも、
職種柄いろんなバージョンを取っ替え引っ替え起動しては作業しておりまして。

で、MacOSX Lion以降は、
システム環境設定 > 一般 の、コレ
20140613

がデフォルトでオフになっています。確か。今は家も会社もMarvericksですけど。
これをそのままで使うと、書類を開いたまま困+Qでアプリケーションを終了させて
別のバージョンで開いたときに、その開かれていた書類たちがまた開かれてしまうです。。
InDesignCCの作業を終えて別の仕事をしにCS4起動、となった時には
「プラグインが見つかりません」だの「保存バージョンが違います」だの
何度も何度もアラートを出してはちくちく叱られます。
書類が一つでなかったらもうほんとにイヤになる。

なので、例のチェックはオンにするんですが、
そしたら今度はシステム終了時、Finderウィンドウが一掃されます。
そういや、お前もアプリケーションだったよな。。
でもFinderだけは次回の起動時もウィンドウ開いていて欲しい。
そうじゃないと、どの仕事をどこまでやったか忘れてしまいますよ(ましたよorz)。

そんな時、どうするか。
スクリプトを書けばいいじゃない。

…いや、実際は書く直前まで行ったんだけど結局書きませんでした。
APIを調べようと検索してたらターミナルコマンドが出てきたので。

トラックバックがおぼつかないので無断リンクですいません
Mac OSX Mavericksで「プレビュー」と「QuickTime」の”復元”機能を無効にする方法

ほぼ、アプリ名をfinderに書き換えただけ。

defaults write com.apple.finder NSQuitAlwaysKeepsWindows -bool true

これをターミナルで実行。システム環境設定>一般の例のチェックはオンに。
で、めでたく以前のOSのような挙動になりました。やったー。

です。

Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*