おうん…おうごんひ

組版・出力オペレーターでなくなってから2年経ちます。
もう文字組みのこと半分忘れてます。
現在は純度100%の制作オペレーターなんですが、会社の名刺にはデザイナーと書かれてしまっています。
そして、日々ダサい物を量産しております。
このままではいかん。でもこのトシからどうにもならん。でも少しでもなんとかしないと。

そんな折、ひどぐち先生のご著書を入手しまして
161024

もりもりっと読み進めてたんですが、ものの30ページもいかず読む手が止まっちまいまして。
というのも、P.26で記載された黄金比・白銀比にピピンと来てしまったもので。
黄金比しゅごい。

今までなんとなーくの比率で分けてたものを、もうちょっと意識してみようかな、と思いました。
というわけでスクリプト書きました(なぜそうなる)。


ai_goldenRatioMaker.jsx

MacOSX 10.9.5 IllustratorCS6で動作確認。
動かない環境の方は泣いて我慢しましょう。


 

あそびかた

なにか単一のオブジェクトを選択しといてください。
単一のグループも単一オブジェクトと見なします。
ここはひとつ、長方形などが望ましいです。
ていうか長方形がいいです。
むしろ長方形じゃないとだめかもです。実際なんでもいいです。
161024a

スクリプトを実行すると、なんかかわいいのが出ます。
※現状、このあと単一オブジェクトの選択ハニーがないと動きません。
161024b

何もいじらず、そのままPleaseボタン(リターンキーでも可)を押してみると
オブジェクトの縦横サイズが黄金比になります。
やったー。
(図中のガイド線およびサイズ比の数字は目安に置いたもので実際は生成されません)
161024c

各コントロールの大まかな説明。
下半分は「黄金比」⇔「黄金分割」によって表示が切り替わります。
「黄金分割」で、任意方向にオブジェクトを分割します。
「間隔」はミリメートル限定ですが分割時にアキを入れれれます。
161024d

たとえば、
・白銀比 ・白銀分割 ・間隔:3mm
・狭/広 ・ヨコに
としてプリーズするとこのように。
黄金比リサイズ後であれば、間隔が0mmだと片方は正方形になる勘定です。
161024e

たぶん、いつか、なんかの役に立つ気がしないでもないです。
たぶんたぶん。

Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*