InDesign / Illustrator:インデント値を字数で入力したい

 

ことってありますよね。問答無用で。
まあ、級/歯を脳内でミリ換算できて当たり前の業界ではあるんですが、
ウチはもう10Qと12Qしか愛せないっ。
「11Qの2w落ち」とかで既に電卓ラブです。理屈だけわかってればいいんです。…たぶん。
で、現場に、どっかから摘んできた野生のスクリプトがあったので、
そこから着想だけいただいて自分なりに突貫で書いてみました。
自分で拾った物でもなく、コード内にクレジットがないのでほんとにどなたの物やら。でもいいなあこれ。


id_indentSetter.jsx

Yosemite、InDesignCS6で動作確認済み
たぶんCS3でも動きます。たぶん。


ai_indentSetter.jsx

Yosemite、IllustratorCS6で以下略
たぶんCS3ぜんぶで動きますたぶん


あそびかた

原稿です。手近なウェットティッシュの注意書きを書き写しました。
華麗なブラインドタッチで。

テキストフレームをひとつ、もしくはテキストを一部選択してスクリプトを実行。
選択ハニーに絡む段落群が処理対象となります。

実行すると、かわいいダイアログが出ます。
一見、豆腐屋さんのようですが
各入力欄は、InDesignの段落パネル内のレイアウトにならっています。

必要な欄に、数値だけ入力します。空欄は無視されます。
(このため、既存インデント値とのバッティングにはご注意
数値は、段落先頭文字の何文字分、という値を入れます。単位はいりません。
段落前後のアキは、行送り値の単位を数字だけ入力します。
入力が終わったらプリーズボタンをカチ。リターンキーでも大丈夫です。

段落ごとにインデントがかかり終了。
インデント量は段落ごとに先頭文字サイズで計算してます。意味あるかわかりませんが…

ほか、単位つき入力の受け入れとか、現状から相対値で増減とか
いろいろ付けようと思ったんですけども。
一旦最小限でお出ししますっす。
オリジナルの段落パネルと使い分けてやってくだされば。


2017.06.21

で、ちょっとの書き換えでイラスターでも動いたのでそうしました。
・最終行インデントがない
・段落前後アキは元から行送り値の単位と合致しているので割愛
・処理するテキストフレームは1つだけ(めんどい)、もしくはてきとうに文字列を選択して実行
という差異があります。


というわけで、仕事をさっさと済ませて、1本早い電車で帰りましょう(3〜4分?)。
コード内のapp.scriptPreferences.measurementUnitプロパティについては、
あるふぁ(仮)さんより教えていただきました。いつもありがとうございますー。

Facebooktwittergoogle_plus

2 thoughts on “InDesign / Illustrator:インデント値を字数で入力したい

  1. OS X El Capitan 10.11.6
    CC2017でも大丈夫ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*