Snow Leopard をねじ込んでみた

2009.09.09_いいことあったどーを参照のこと。やっと、やーっと整理がついたので、いよいよインストルです。


こう、脇の穴っちょにグイグイと



がんばって合成したのに、ただ本体の下に敷いてるだけにしか見えなくて無念です。


ま、余興はさておき、入れました。残暑もなくなりつつあるし、寒い季節はヒョーよりはユキヒョーの方がさぞかし動きもよいのでしょう。
 まだTimeMachine がずっとぐるぐるしてて正当な速度体感ができていませんが。

QuickTime Player X は、pro版という概念があるんだかないんだか、登録もなにもせずして動画の前後トリミングやYouTubeへの書き出しなどホイホイできてしまう。
ただ、コントロールが簡素化しているせいで倍速再生がクリックで2x → 4x → 8x と順に切り替わる方式に退化。
 OSインストルオプションでQuickTimePlayer7を入れておいたので、併行使用しなさいよしますよって事なんだろう。7のコントロールパネルの使い勝手がわかりやすくてよかったのに。
とりあえず、こないだJingで撮ったSWFファイルを再生しているのを「デスクトップを撮影」してみた。
 それをYouTube にアップしました。
さあ、オペレータふぜい達、アタクシと共にアタリ画像をお差し換えあそばせっっ
 ものぐさだなあ。


あ、やっとTimeMachine更新終わりのようです。
 役に立つレビューは他の方に譲ります。
とりあえずいつの世も新OSは気分がよいです。 うすぼんやりな事しか言わないよなあしかし。


Facebooktwittergoogle_plus

Comments are closed.