ESTKとSnow Leopardと酒と泪と嘘とビデオテープとYシャツと私とこたつと宇宙船 2

前回、神がかった仮説を立てたっきりすっかり放置してましたが

 コピーやペーストの失敗は起こり得るのですが、失敗するかしないかをある程度ですが捕捉する方法が
若干ながらおぼついたので書き留めておきます。

元の状態。仕事用スクリプトです。危なっかしいので公開してません。


コピーしたい範囲をくくります。
 そしてコピー実行。



普通にコピー失敗して(普通に、というのがイヤだ)
 選択範囲が消え失せました。



ここで、なんでもいいので和文を入力してみます。
 「あ」と入れてみたところ。


カーソルとは程遠い、先頭に入力されました。変換受け付け中なのでアンダーラインがついています。
 このまま入力確定(Returnキー)します。


しました。すぐ削除します。
 そしてカーソル位置を別の所に移動します。
  任意のカーソル位置に「あ」が出るまで、以上を延々繰り返します。
 たいがい1回。ひどいと3回ぐらい。


狙った所に「あ」が出たらオッケーです。削除して、コピーとかカットとか正常にできるはずです。
 ただし、ペースト先が他のESTK書類だった場合、ペースト先でも上記手順を踏まないとまたワヤクチャです。
  目的のカーソル位置がコードの先頭だった場合、逆にわざと別の位置でテストする必要があります。
 あくまでも「映りの悪くなったテレビの有効な叩き方」の示唆にすぎませんが。
  だって、真新しいテレビですら...ねえ。

■ ←冷ややかな拍手ボタン

Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*