おさかな:小雨とザリガニ

日時:100626 22:30〜01:00 大潮
場所:東扇島西公園テトラ側
仕掛:道糸4号、電気ウキ1号、オモリ1号+2B、ハリス2.5号、ハリ管付チヌ5号
エサ:ザリガニ(極小〜小)4匹、青イソメ(太)

いよいよザリガニ乱獲シーズン到来であります。
 なーんだかザリガニ釣りが流行りに流行っちゃってて、無人捕獲器も設置しがたい。
ムス子の相手でちょっと仕掛けや手網から離れると、すぐ他の人に持っていかれる。それが子供じゃなくてその母親にってんだから困る。ドロママめ。
 なんやかやで他の子に無断借用されまくった手網は日に日にその姿を変え、けっこうなグニャグニャになってますけど。
極小ザリについていくつかのまとめ
(日)オモリ付きのエサからは逃げる
(月)大きなエサからは逃げる
(火)水面に人影が入ると逃げる
(水)いろいろで逃げる
ぼちぼち、昨年暮れから準備していた計画を実行するであります。次回あたりで。
で、そのチビザリに家の水槽から、一匹だけ他より大きいTMG指数の高そうな奴を追加して、18歳、海へ。誰が18歳ですか。
 青イソメを買いに寄ったSMY店は閉まっていた。落ち着き払って自販機で買い求めたものの、ウキの電池も欲しかったのだが。やや不安。
22:40
現地到着。ルアーマンの先客あり。
 陸で準備してるうち、すぐいなくなったので、イザ。
今回は最初からザリ使用で。時合いまで我慢しとけばよかったのかも。
 でも、いつウキがフェンシングで無くならないとも限らないし。ちょっとブランク気味で感覚も掴めてなかったし。
  大きい順に使ってみた。ハリは例によって動きと生命力重視でシッポ掛け。
ザリ1号:たけし君
 ごんごん暴れて、どっかに隠れて出てこなくなって、強めに引っ張ったら家出した。
ザリ2号:みよちゃん
22:59
 無邪気に泳いで、そのうちウキがズボッといったので思わずオリャー。
  セイゴ約40cm。フッコだっけ。いい感じに上唇でヒット。すっかり気をよくしてキップよくリリース。
ザリ3号:さちこちゃん
 ぴちぴちとはしゃいで、すぐ迷子に。
ザリ4号:かずとし君
 何かの魚に養子に行った。詳細不明。
ザリガニ、以上。まさか4匹もいて30分ももたないとは。
では青イソで続行、という時に、足元に赤く光る電気ウキが漂着。
 タモですくえば取れる。
  自分のウキはそろそろ電池切れらしく、輝いていない。
 このウキさえあれば。
  いや、このウキから電池だけを
などと考えつつ、自分の放ったウキに注意しつつチラチラ眺めてたら、頭上から「スミマセーン」と声がかかる。
 振り向くとオジサン。2秒の沈黙があり、漂着ウキを指さして「?」と訊いてみたら首をタテに振った。
竿を置き、タモを取り、「今ウチの竿にアタリが来たら仏頃す」などと思いつつ、約1分かけて回収。遅いな。
 ウキをオジサンに手渡し、お礼を言われて戻ってきて竿を構え直すまで、ウキが微動だにしなかったのが癪に障る。仏頃したかったのか。
眼が闇慣れてきた頃、ゴミとヘドロの量におののく。
 仕掛けを回収するたびに「何か」に引っかかり、「何か」が何なのか判明する距離のすぐ手前でフッと軽くなる。
このオジサンのウキから落ちた仕掛けが手前に浮遊してて、のちのち悩まされる事になるのだが
 それとは別に、明らかに魚の重みでブルブル来るのにハリ掛かりしないで仕掛けが返ってくる。
イソメが長すぎる時に、先っぽだけ歯のない口でくわえたウミタナゴか何かかしら。
いよいよ、という時間帯を前にして、電気ウキが消耗。
 コタツのツマミを「強」から「切」にした感じ。TVの待機電源ランプよりも暗いときた。
0:00
小雨がパラつく中、ようやくウキが消しこむ。
 小気味よい引き。まあ念のためタモ使用。..丸いっ!
メジナ 約30cm。まあまあか。自分にしてはかなり大きい。撮影を終えた頃にはハリは自然に外れていた。
 最後に食べたメジナが、例の激不味スズキと一緒の時だったので腰が引けててリリース。
  ウチ、もうここで釣った魚を食べる気ないのかも。
時間帯からして、このメジナを皮切りにフィーバーが始まるはずだったのだが。
 ..ぜんぜん。
前は10分間なにもないとタナを変えたりしてたのだが、今回は小雨のせいでやる気に欠け、あまり触らなかったである。
 それと、いつまでもくり返す「何か」の重み。何なんですか一体。
0:40
ついに「何か」の正体が。
 小雨で撮影省略。クラゲ。あぶなくビニールゴミと勘違いしてグニャリと掴む寸前。
  その後も、「何かその2」による水中ブルブルは続くのであった。
 そういう手合いの魚は総じて外道扱いなので、これを避ける為、ここで初めてタナ調整。
1:00
翌日の用事も考慮し、ここで店じまい。
 と、最後の仕掛け回収で魚が乗った。そういう引き止め行為はよしましょうよ。
  セイゴ 約30cm。 小雨につき撮影は省略。タモも省略。ハリ呑まれてました。
で終了。
 本命はいつ来ますか。
  右手のヒジ先ばかり徹底的に蚊に刺された。次回はハイテク対策をゼヒ。
結果:
セイゴ:2
メジナ:1
クラゲ:1
手ブラで帰宅してしまったので、次回はもうちょっと欲深に行きまふ

Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*