いちいちアクティブにしないscriptUIパレット

やれIFAだのPOTだの、一部の下っ端どもにそこそこ好評を頂いておりますが

懸念は、気軽にパシッと操作する為にいちいちパレットをクリックしてアクティブにしてからじゃないと操作できない所にありました。
ファミコン買ってもらった日から半年ぐらいは遊び終わったらいちいち化粧箱に戻してました。姉に触られると癪だったので。だだこねたのは俺だぞ。お前は脇でウンザリ眺めてただけじゃねえか。

閑話休題

scriptUIの手軽さの反面、SDKプラグイン系に大きく遅れを取る厄介な問題であります。ありました。

着火ボタンの代わりにListBoxを置く事で解決しました。
今後、公開済みの大物スクリプトに順次組み込んでゆく予定です。年末進行おさまってからになりますが。。

以下、シンプルなテスト。

#target indesign
#targetengine “session”
dlg=”palette{ text : ‘test_activate’, L : ListBox{}}”;
win=new Window(dlg);
win.L.add(“item”, “ignore”);
win.L.onChange = function(){
if(win.L.selection != null){
win.L.selection = null;
alert(“ハッセルホフ!”);
app.activeDocument=doc;
}
}
doc=app.activeDocument;
res=win.show();
InDesignCS3以上で、ドキュメントを開いた状態でお試しくださいまし。

実行するとこんなのが出ます

リストボックスに、ぽつんとリストアイテム。
このリストアイテム「ignore」を選択すると反応します。パレットが非アクティブ状態でも反応します。
反応した後はアラートを出し、リストアイテムを非選択状態に戻し、アクティブドキュメントに戻します。
これで、上述したようなわずわらし、わずらし、わらわざ、
えー、イヤな感じから解放されます。

課題は、スクロールアロー等のぶんの余分スペースをどう削ぐか。
まあ、なんとかします。


Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*