InDesign:段落スタイルの隠し子を探す

あのー、主に自分が作った物ではないデータによくある、
と言いたいところだけど実際自分で作ったデータにもよくあるじゃんすか。

段落スタイルをひとつ編集したら、
それをベースにしている他の段落スタイルもまとめて変わっちゃって大騒ぎになるというやつ。

…それがいったいどれとどれなのか、知りたいことってあるじゃんすか。

まあ、たいがいは塗りカラーをヒョウキンな色にしてみるとまるわかりなんですけども。
にぎやかな4c物では有用でないこともあるかなあ?

ま、ま、とりあえず、スクリプト書きました(最近そればっか)


id_findChildrenStyles.jsx

だいたいの環境で問題なく動くと思います。


あそびかた

目的の段落スタイルが適用されたテキストを選択して、スクリプトをカチカチ。
その段落スタイルを「元」に設定してある段落スタイル、
ついでに「次のスタイル」に設定してある段落スタイルを探し出し、名前だけお知らせします。
孫までは面倒みません。年金暮らしなので。
ここからどうするかはご自由にどうぞどうぞ。

そろそろ、とっちらかっら記事を見やすく一覧する手段を講じないとまずいっすな。。

 

でーす。

 

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:再校で段落コンポーザーをこっそり直して知らんぷりする時に使うやつ

まーその、やらかしました、はい。

新しい環境で、ワークスペースや環境設定の持ち込みも間に合わず、組版ルールに従ってゼロからスタイル作り込んで、とか初々しくやってたつもりが、すっかり見落としてたんです。日本語段落コンポーザーで140ページほどどどどっと流し込みました。

はっや、さっすが、とか言われてエヘヘーとか、思い出すだに恥ずかしい。。
再校時、ちょっぴり赤字訂正したら前の行がニョコニョコッと動いたもんで吠え面。。

そんでその、
一旦ぜんぶ単数行コンポーザーに直して、強制改行を入れながら追い込んだり追い出したりとか、校正紙と見比べながらごにょりごにょりとやってたんですが、ほんの4ページほどですぐにくじけきり、
スクリプト書きました(最近ほんとこの流ればっかり…)


id_compareComposer.jsx

お手元の環境で動かない方はがまんしましょう。


あそびかた

「誤って『Adobe 日本語段落コンポーザー』で組んでしまって、『Adobe 日本語単数行コンポーザー』に直してみたけど行の折り返し位置が変わっちゃって吠え面かかされたテキストフレーム」を選択してスクリプトをカチカチ。
ストーリーをいじるので、選択するテキストフレームはひとつだけでおっけーです。
あ、実行時にカラースウォッチ「C=100 M=0 Y=0 K=0」を使いますので、削除しちゃってる場合は動きません(不親切)
ストーリーに関わるテキストフレームがすべて新規レイヤーに複製され、「Adobe 日本語段落コンポーザー」が適用され、文字の塗りカラーはC100になります。このレイヤーはロックされます。
スタイルに改変は加えないので、確認作業後にご自分で編集してください。

あとはズレのある行を見つけて手動でちまっちま直しましょう。これまで自動化してしまうと人に配るのがちょっとこわいのでやってません。

場合によっては行の増減が発生して見づらい箇所もあるかと思うので、

そこはギョギョーム、ギョギョーマー、ギョギョモジャーなどを駆使してしのぎましょう。

 

お客さん、ご新規さんだったんだけど、早いですねーキレイですねーって喜んでたって…(´;ω;`) スマナンダス

というわけで、実践投入がてら試してみたい人はぜひわざと間違えて初校を提出しましょう。

でーす。

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:セル群それぞれ結合 & セルのコピペ後に属性だけ復元

鮭がひたすら川の上流を目指すように、DTPオペレーターはデザイナーを志して然るべし、
と思っていた時期が長かったんですが(そのくせがんばってはいなかった)
トータルでディレクションできないぶんにはもにょる作業ばっかり多くて…
もうトシもトシなので、まず問題なく一丁前にできる事をやるのが筋だよなあ、てのもあり。

というわけで、行きがかりですが転職しました。年末に。
素人指示の素人赤字な現場にいたせいで、久々に組版してますという実感。自動化がいくらでも生きる職種。
つまり、イラスター現場からインデデ現場に戻ってきました。
以前のように慌ただしい月刊ファッション誌などではなく書籍系ですね。

そんなんで、また今後InDesignの記事ばっかりになっていくと思います。
というかInDesignしか触らないので、ほかの2つはほかの場でのみ使う感じになりそです。
衰えがこわい。


で、こないだ片付いたのがQuarkドキュメントの改版をInDesignで、というやつ…
もう聞いただけで笑顔が曇りますが。ひとごとならよかったのだがw

中でも表組が、あのー、
タブ送りの複数行に罫線を別置きしただけのやつ。


このまま表に変換してやればいいんだけど、各種セル属性の設定がめんどうなので作り置きの表に流し込みたい。
でも構造上、複数行のセルは実質複数段落でできているので、表に変換するとセルが小分けになっちゃってしまっちゃう。

ので、セルの結合をしたいんだけど、たとえば「n列の3、4行のセルを結合」を列ごとに、みたいなことは一括ではできない(と思う。標準機能で方法わかる方いらしたら教えてください)。

ので、スクリプト書きました。


id_mergeEachLines.jsx

お手元の環境で動かなかったらがまんしてください。


あそびかた

結合したい単位でセル群を選択します。
選択は、1行または1列以内であることが条件となります。
(作り込んでないので)

スクリプト実行します。
上図のような選択であれば、2行分のセルを列ごとに結合します。

で、このような結果に。

逆に、実行時にこのように選択していると、今度は行ごとに結合します。

という判別をしているので、2×2ごとに4つずつ結合、とかは今のところ非対応です。
できると便利なんだろうなあ!(中空を見つめている)


もうひとつある

で、で、整形された表になったとして、ヒョーマットにどう流し込むか、って事なんですけども。
選択セル群の行/列の個数が一致していれば表to表でコピペができます。
が、セルの属性もまるごとペーストされちゃってしまっちゃいます。
表スタイル/セルスタイルなどの用意があっても適用しなおしはちょっとめんどくさい。

ので、スクリプト書きました。


id_restoreCellStyles.jsx

お手元の環境以下略


あそびかた

まず、属性が崩れてもいいので、かまわず一旦コピペしちまいます。

ペースト後の選択状態を残したまま、スクリプトを実行。
セルの文字列を覚えて、ペーストを取り消しして、あらためて文字列を移植する、という処理です。

おーやったー。

コピー元とペースト先、同時には選択できないため、このような設計としてみました。
瞬発的に書いたものなので、複雑なカタチの表では試しておりません。

さあさあさあさあ早く帰りましょう。

 

でーす。

Facebooktwittergoogle_plus

Photoshopのブレンドモードのオブジェクト名

なんだか降って湧いた話があって、いまIllustratorとPhotoshopとInDesignいっぺんに動かす贅沢なスクリプト書いてるですが、

なんでかESTKのオブジェクトモデルビューアにPhotoshopCC2017のDOMが表示されない。ウチだけですか。そうなのかな。まあいいや。

まあいいやって、CS6のDOMを参照してるんですけど、
あのーブレンドモードがドレがドレだかわかんない。

ので、いっちいち試しては、あーコレかって、メモを作ってみたんですわ。

そしたらいくつか不足があって_(┐「ε:)_
アホビ! アホビシステムズ!

というわけで、設定済みのレイヤーを叩いて調べました。
たぶんまた忘れた頃に同じことをしそうなので、
自分用に記しておくとします。


※列挙順はPhotoshopのレイヤーパネルに合わせてあります。
(テーブルを置こうとしたけどHTMLの書式が忘却の彼方)

通過(レイヤーセット(グループ)のみ)
BlendMode.PASSTHROUGH

通常
BlendMode.NORMAL

ディザ合成
BlendMode.DISSOLVE

比較(暗)
BlendMode.DARKEN

乗算
BlendMode.MULTIPLY

焼き込みカラー
BlendMode.COLORBURN

焼き込み(リニア)
BlendMode.LINEARBURN

カラー比較(暗)
BlendMode.DARKERCOLOR

比較(明)
BlendMode.LIGHTEN

スクリーン
BlendMode.SCREEN

覆い焼きカラー
BlendMode.COLORDODGE

覆い焼き(リニア)
BlendMode.LINEARDODGE

カラー比較(明)
BlendMode.LIGHTERCOLOR

オーバーレイ
BlendMode.OVERLAY

ソフトライト
BlendMode.SOFTLIGHT

ハードライト
BlendMode.HARDLIGHT

ビビッドライト
BlendMode.VIVIDLIGHT

リニアライト
BlendMode.LINEARLIGHT

ピンライト
BlendMode.PINLIGHT

ハードミックス
BlendMode.HARDMIX

差の絶対値
BlendMode.DIFFERENCE

除外
BlendMode.EXCLUSION

減算
BlendMode.SUBTRACT

除算
BlendMode.DIVIDE

色相
BlendMode.HUE

彩度
BlendMode.SATURATION

カラー
BlendMode.COLORBLEND

輝度
BlendMode.LUMINOSITY


以上でーす。
ありがとうこの日の自分(感謝前払い)

Facebooktwittergoogle_plus