InDesign:ページパネルのスクロール

たまたまさわってて今さら気付いた。マウスによるスクロール、もしくはつかみにくいスクロールバーによるスクロールだとページ数によって加減が変わる(気がする)ので⌘+J「ページへ移動」とか多用気味だったんだ。

実際、みんなは知っててうちに教えてくれなかったのかも知れないので、
それほど鬼の首とったような顔もしにくいんだけど
公式ヘルプにも書いてないのでいちおう発信。

サムネイル外の余白をドラッグでスクロールできるんですなあ。
ちょっとのスクロールならもうこれでいこう。

で、マスターページの欄はできねえのか、と嘆いてたんですが、
パネルオプションで「縦に並べて表示」をころして横並び表示にすれば可能でした。

いや、そしたらスクロールあんま要らなくなる…まあいいやw

InDesign:環境設定の振り分けおぼえがき(2021版)

ちょっとね、覚えた端から忘れてしまうので、ごっつり調べました。
慣れで仕事しちゃってると、たまに他者作のドキュメントを開くとわけがわからなくなることがままあって。

現場環境の問題から2021版です。
2022は「UIの拡大・縮小」だけが追加されているのかな。

以下の色分けは、
アプリケーションに働く項目(すべてのドキュメントに反映)、
ドキュメントに働く項目(最前面ドキュメントにのみ反映)、
混在(ムラサキじゃないのね)となっております。

混在の項目はそれぞれ以下の振り分けになってました。ややこしいぞ…
“高度なテキスト” の “デフォルトのコンポーザー” は新規ドキュメント作成時にのみ働きかけるとのこと。

まだ誤りがあれば訂正してもらえると徳が積めます。よろしくー。

InDesign:整列・分布のパラメータをファイル名で指定するやつ

どうもどうも。
前に作って地味に好評だったやつ
InDesign:等間隔で分布のプリセット的なスクリプト
個人的に「1クリックでタテもヨコもいっぺんに整列したいなあ」とずっと思ってたところに、
ちょうど声がかかったので思わず強化してみました。
「前のを知らねえんだよ」っていう強い生き方してる人は先に上記リンクをどうぞ。

alignAndDistribute_=0mm.jsx

2022.08.22 ver_d 前回からいろいろ強化。記事本文参照
2022.09.06 ver_e 分布時、キーオブジェクトなしで動かなかったのを修正

理論上は、CS6以降は大丈夫なはずです。
半角アンダースコア「 _ 」より前の文字列は好きに変えてください。なしにしてもおっけー。


あそびかた

前のは「等間隔に分布」だけでしたが、
今度のは「整列」「分布」「等間隔に分布」をサポートします。
整列基準は「選択範囲に揃える」(キーオブジェクトなし)と「キーオブジェクトに揃える」の2種のみ。
「マージンに揃える」「ページに揃える」「スプレッドに揃える」はルール付けが複雑になりすぎるケネンがあるので今回はナシで。


ファイル名のネーミングルール(命名方法)について、
今回は半角アンダースコア区切りで複数の指定ができるようになりました(しました)。
※2つに限らず何個でも設定可能ですが、ファイル名文字列の先頭から順に処理していくことになります。

メーメーホーホーは、一覧にしたので参考にしてください。
和字かアルファベット、好みのほうで。小文字でもおっけー。間隔値は任意で。

さてテスト。ださめの長方形群。乗算。

コレを実行。左上に整列、という内容。

みてみて結果。やったー。

M100長方形をキーオブジェクトに指定してから実行した結果。

という感じです。これは売れるだろう。
半角アンダースコア区切りのパラメータがメメホホとして破綻している場合は、
ダメな旨のアラートが出て、それ以外の実行できるやつだけ実行されます。

で、冒頭で「1クリックで(ఠ虫ఠ)」とか言ってますが、そこはスクリプト実行という手段の限界があるので、
ストリプクパネルなど併せてご利用ください。

では、よき下っ端ライフを!

InDesign, Illustrator:索引用として配置ai内のテキストを配置先indd上に印刷しない属性で作るやつ

みなさん、InDesignで索引つくってますか? 
いや、作れ。

で、配置図版中の文字まで索引対象にしないといけなくて困ってますか?
いや、困れ。

だもんで、ai内のテキストを、相対座標を反映しつつindd上に作るやつ書きました。

ai_textTransplantToIndd.jsx
名前は自分でわかりやすく変えて使ってください。
Mojave & CC2019で動作確認。
アートボードが絡むのでCS3未満はまずダメ。CS4以降は試してみて動けばラッキー。
あとBridgeTalkを利用しているのでナウい環境では動作保証しかねます。


あそびかた

inddを開いて、図版が配置されたページをアクティブにしておきます。
出力先はアクティブレイヤー上になるので、この時にイイ感じにしておくこと。
未選択状態が望ましいです。

図版のaiを開き、スクリプト実行。

音もなく完了するので、頃合いを見てInDesignに戻ってみる。
黄色いテキストフレームができてますねえ。

作成された黄色いテキストフレーム群はすべて追加選択されているので、
そのままてきとうにリンク内のテキストに重ねて置いておくといいです。
これで索引対象となります。
黄色いやつらはプリント属性:印刷しない、かつ乗算になっています。

注意事項

簡易的に用意したものなので、組み方向、サイズ、書体などまるで反映していません。
黄色スウォッチ(C=0 M=0 Y=100 K=0)はドキュメントにない場合新規作成されます。
またリンクの拡大縮小も考慮していません。
ほか、なにしろ簡易的に略

まあ、どうぞどうぞ。