InDesign:強いんだ 大きいんだ ぱすふぁいんだ

ちょっと前まではIllustratorの専売特許かと思っていたパスファインダ、
 InDesignにもばっつり実装されています。
  Photoshopでも『組み合わせ』で「ごっこ」的な事ができます。便利です。

実際にInDesignなんかでオブジェクトをあらぬ形にしてしまう機会ってなかなかないのですが。
 それでも「直線に」だの「パスの方向を反転」だの「食後に」だの「ご挨拶に代えまして」だの
イロイロついてるもんで、いつかはわざとらしく使ってやろうと手グスネ引いてたんですが

それこそIllustratorでしかパスファインダが使えなかった昔より、
 「前面オブジェクトで型抜き」


と、「背面オブジェクトで型抜き」


がもう、どっちがどっちだかわかんなくなって、
 エーイ両方やりゃあいいんだよ、undoは一回こっきりじゃねェんだよーッ
  とゴリ押ししてたんですが、結局今でもたまに迷うわけで。

上の2つの画像、マウスカーソルを当てといたのでHelp Tipが出てますね。
 それぞれトリミングしたのを重ねて、0.5秒/フレーム のgifにしてみました。 ちなみにCS3。
驚愕。


結局、どっちがどうだって事じゃなくて気持ちの問題だったんだな!
 だもんで、一生迷い続けてても特に恥ずかしくないかなー、なんて


Continue Reading…

Facebooktwittergoogle_plus

Illustrator:バグと呼ぶかは微妙な挙動

またイラスターです。
 ver10の昔から認識はしてたんですが、
ふいに思い出してCS3で試したら再現できたのでガックリうなだれつつ報告。

psd形式の画像があります。
 雷雨をモチーフにしたイラストレーションです。



イラスターに配置します。
 画像はアートボードの左上に沿わせてあります。



何らかの事情で、画像にクリッピングパスをつけます。
 左上部分は、どうせ見えないからオッケーとかゆって
  ドキュメントの外をまわって繋いでいます。



イラスターに戻ります。
 そして更新します。



ア〜レ〜



画像を埋め込んでみたところ



例えば、
 切り抜きは後回しで画像の配置を優先しなければいけないスケジュールが立ってしまった場合、
まんまとこの罠にかかるわけです。
 解決するにはリンク切れの状態でイラスター書類を開き、
パスのハミ出ていない側に整列や吸着用のオブジェクトを用意してから1つずつ……
   とか。

Facebooktwittergoogle_plus