InDesign/Illustrator:ワタナベのナベ、もう怖くないよ!

皆さん、ナベハラという言葉をご存知でしょうか。
まあ知らなくておっけーです。うちが勝手に作ったやつなので。
しかし、何を指しているか察しのつく鋭い方は
少なからず、い(らっしゃ)るんではないでしょうか。

ええまあ「辺」の異体字のことです。
いっぱいありますね。
というか、いーーーーーーっぱいありますね。。

こと実務の上では、ぶっきらぼうに、つっけんどんに、手書きでよこされるのみ。
やれ特徴を添えるとか、なんなら文字コードを教えてくれてもいいんですよ?
とにかく字形の選別に毎回馬鹿馬鹿しい時間をかけてしまう。
字形パネル上の、どれがそれだかわかりにくい。。
そんな悩みを抱えているのは自分だけではないと感じていたので、
なんとかしたいなあ、と常々思ってたんですが。
ちょっとなんかできたので配ります。

InDesign用

Illustrator用

indd と ai の実ファイルです。
宗教上の理由によりCC2019ドキュメントです。
たしかこれがデフォルトのはずなんですが、InDesignはUnicode順にしてあります。
IllustratorはGID/CID順のまま並びを変更できない(はず)。
(2021.10.13 ai用に検証時のスクショのリンクが残っていたのを消しました)

開いたかんじ、こう。

で、レイヤーパネルを展開すると、こう。

各パーツの分布が、こう。

この表組みの並びは、字形パネルを6列4行で表示して、基本の「辺」を選択した時の状態と対応しています。
InDesign版はUnicode順に(字形パネルメニュー>字形のソート確認してください)、
Illustrator版はGID/CID順となっています。

で、目的のパーツをレイヤー上から選別していきます。
色ごとに1つずつ表示させていくと、対象外の字は黒で目隠しされていく仕組み。
最後にどれか1個だけが残るので、
ドキュメントから文字を直接拾うなり、字形パネル上の場所の参考にするなりするなり。

どうでしょ。いいでしょ。使うでしょ。

InDesign:黒矢印で拡大縮小するときは線幅に気をつけて

とくに何もないのでしばらく更新とまってましたが。
まあ何もあるんですけど、いっぺんにあれもこれもやってたせいでひとつも形になってませんで。

今さらの基本の話なんですけど、うっかり失念しちゃってたので忘備録として。
あれ、忘備録? 備忘録?

InDesign上で、フレームを拡大縮小するじゃないですか。
でも拡大縮小ツールなんて物めったに使わなくて、
主にプロパティパネルで基準点を確認しながら数値入力するんですけど。
たまに見た目でやりたい時でも、たいがいは選択ツールでやりますよねえ。

その時、もちろん線幅も拡縮するかキープするかを頭に入れてないといけないんですけど

これが効くのは「拡大・縮小」にだけ。
紛らわしいことに「サイズ変更」では効かない。

どういうことかというと、
W&Hフィールドの数値変更では線幅は変化しない。ここに「200%」とか入力してもだめ。
拡大縮小フィールドでは線幅は変化する。ここに「50mm」とか入力しても変化する。

で、今回やらかしたのが選択ツールでの変形。

バウンディングボックスをただドラッグするとサイズ変更の挙動となります。
これは⌘キーを併用して一時的に自由変形ツールとして扱うのが正解でした。

グラフィックフレームのガワだけ変形するか、中身ごと変形するか、では明確に使い分けてたんですが。
画像の入っていないフレームだったのですっかり失念しておりました。

その、別に、自分がやらかしたんだからみんなもそうに違いない、と思っているわけではないんですが…

いちおう、いちおう!

InDesign:アンカーオブジェクトの基準点がおかしくて直したら位置がぶっとんだときに実行すると変更前の位置になるようオフセット値を調整してくれるやつ

半年ぶりー。
なかなか手ごろな規模のネタがなくて更新久々っすな…
またぞろInDesignスクリプトですけど。

アンカーオブジェクト(もう「付き」つけない。めんどいから)があって、
気軽にサイズ変更すると基準点がヘンテコでチキショーッ、ってあるでしょう。
ヒトが作ったデータだと高確率でコレが来たりして、もうチキショーッ
それをちょっとラクして直すやつ書きました。


id_anchoredObjectHelper.jsx


2020.06.22 ver_b  もっとシンプルに直しました
InDesignたぶんどれでも動きます。
ファイル名は自分でてきとうにわかりやすくリネームしてください。
作者の手元では「アンカー位置なおすやつ.jsx」として活躍しています。

あそびかた

動画こしらえました。(が、最初のバージョンの挙動なので見なくていいです)


〜操作の流れ〜

設定のおかしいアンカーオブジェクトを選択、基準点を適正なものに変更
これで一旦オブジェクトがへんな位置に行きます。とても悲しい。

スクリプト実行

以下、スクリプトの挙動

取り消し
オブジェクトは正しい位置、ヘンな基準点、の状態に戻ります。

座標を取得
正しい位置を覚えます。

やり直し
オブジェクトは再度スクリプト実行前の、正しい基準点、ヘンな位置に。

オフセット値を調整
正しい位置に。

完了

となります。やったーばんざーい。

 

設定のおかしいアンカーオブジェクトを選択 
設定を変えたり、目的の変形したりするのはまだ我慢しててください。

スクリプト実行(1回め) 
実行履歴がない場合はダイアログ表示を割愛し、選択オブジェクトの座標値を記憶します。そのむねアラートでお知らせします。

アンカーオブジェクトの設定を修正 
いい感じにやっちゃってください。その結果、アンカーオブジェクトはヘンな場所に飛ばされますが、それも今は我慢。

スクリプト実行(2回め) 
ここでダイアログが出ます。記憶しといた位置に戻したいので「復元」を押してください。

終了 
アンカーオブジェクトは元のイイ位置になってるはずなので、存分にいじくりましょう。

 

えー、以上。くれぐれもコード見て笑わないでください_(┐「ε:)_
ScriptUI久々すぎてなんかマヌケな書き方しちまいましたが…Switch文とか使ってるしw

 

InDesign:段落群に定位置のタブストップを追加するやつ

ひとかたまりの段落群にまとめてタブストップを追加するスクリプトを書きました。
みんなで使いましょう。
場面ごとにタブ位置が異なり、段落スタイルではいちいち設定しきれない、する意味がない、
みたいなやつに便利かと思います。


id_addTabStopLump.jsx

CS6で動作確認。たぶんCS3以降全部でいけます。
2019.02.28.16:20 ver_c CC2015以降でラジオボタンのテキストが見えない問題を修正
2019.09.04 ver_d 座標取り込みボタンを増設。先頭挿入点および中心(先頭と末尾の平均)で取り込み可能に


あそびかた

実行すると、なんかかわいいのが出ます。

タブ位置はパレット中央の入力欄にダイレクト入力してもいいですが、
位置取り込みボタンで、現在の挿入点の位置をキャプれます。 選択テキストから座標をキャプります。
思ったよりはんぱな小数が入りますが、そんなの気にしてたら今日も帰れませんよあなた。

手入力の際は単位も書き込んで可ですが、フィールド内計算式は非対応。
あとで自己理由で対応するかも。

揃え方向、リーダー文字、揃え文字は任意に変更してください。
リーダー文字は空欄にしてもOKですが、揃え文字はタブストップに必須となるので、
仮に揃え文字を空欄にした場合は「.」(半角ピリオド)が強制的に入ります。
その際、パレット上の揃え文字欄にも半角ピリが入ります。おせっかい。

で、タブストップを追加したい段落群を選択して、プリーズボタンをドン。
(タブストップを追加するだけの物なので段落テキスト内のタブ文字入力などは各自でやってください)

やったー。
という感じです。ラクだなあ。ああよかったなあ。

 

セル群を選択してプリーズした際は、内容の段落群ぜんぶいっぺんにアレします。
対象がセルの場合は組み方向は識別しないので自己責任でどうぞ。


ver_dより、取り込みボタンが以下のようになりました。

先頭挿入点:選択テキストの先頭の挿入点座標を取得
左右中央: 選択テキストの先頭と末尾それぞれの挿入点座標の中間点を取得