InDesign:アンカーオブジェクトの基準点がおかしくて直したら位置がぶっとんだときに実行すると変更前の位置になるようオフセット値を調整してくれるやつ

半年ぶりー。
なかなか手ごろな規模のネタがなくて更新久々っすな…
またぞろInDesignスクリプトですけど。

アンカーオブジェクト(もう「付き」つけない。めんどいから)があって、
気軽にサイズ変更すると基準点がヘンテコでチキショーッ、ってあるでしょう。
ヒトが作ったデータだと高確率でコレが来たりして、もうチキショーッ
それをちょっとラクして直すやつ書きました。


id_anchoredObjectHelper.jsx


2020.06.22 ver_b  もっとシンプルに直しました
InDesignたぶんどれでも動きます。
ファイル名は自分でてきとうにわかりやすくリネームしてください。
作者の手元では「アンカー位置なおすやつ.jsx」として活躍しています。

あそびかた

動画こしらえました。(が、最初のバージョンの挙動なので見なくていいです)


〜操作の流れ〜

設定のおかしいアンカーオブジェクトを選択、基準点を適正なものに変更
これで一旦オブジェクトがへんな位置に行きます。とても悲しい。

スクリプト実行

以下、スクリプトの挙動

取り消し
オブジェクトは正しい位置、ヘンな基準点、の状態に戻ります。

座標を取得
正しい位置を覚えます。

やり直し
オブジェクトは再度スクリプト実行前の、正しい基準点、ヘンな位置に。

オフセット値を調整
正しい位置に。

完了

となります。やったーばんざーい。

 

設定のおかしいアンカーオブジェクトを選択 
設定を変えたり、目的の変形したりするのはまだ我慢しててください。

スクリプト実行(1回め) 
実行履歴がない場合はダイアログ表示を割愛し、選択オブジェクトの座標値を記憶します。そのむねアラートでお知らせします。

アンカーオブジェクトの設定を修正 
いい感じにやっちゃってください。その結果、アンカーオブジェクトはヘンな場所に飛ばされますが、それも今は我慢。

スクリプト実行(2回め) 
ここでダイアログが出ます。記憶しといた位置に戻したいので「復元」を押してください。

終了 
アンカーオブジェクトは元のイイ位置になってるはずなので、存分にいじくりましょう。

 

えー、以上。くれぐれもコード見て笑わないでください_(┐「ε:)_
ScriptUI久々すぎてなんかマヌケな書き方しちまいましたが…Switch文とか使ってるしw

 

Facebooktwitter

InDesign:段落群に定位置のタブストップを追加するやつ

ひとかたまりの段落群にまとめてタブストップを追加するスクリプトを書きました。
みんなで使いましょう。
場面ごとにタブ位置が異なり、段落スタイルではいちいち設定しきれない、する意味がない、
みたいなやつに便利かと思います。


id_addTabStopLump.jsx

CS6で動作確認。たぶんCS3以降全部でいけます。
2019.02.28.16:20 ver_c CC2015以降でラジオボタンのテキストが見えない問題を修正
2019.09.04 ver_d 座標取り込みボタンを増設。先頭挿入点および中心(先頭と末尾の平均)で取り込み可能に


あそびかた

実行すると、なんかかわいいのが出ます。

タブ位置はパレット中央の入力欄にダイレクト入力してもいいですが、
位置取り込みボタンで、現在の挿入点の位置をキャプれます。 選択テキストから座標をキャプります。
思ったよりはんぱな小数が入りますが、そんなの気にしてたら今日も帰れませんよあなた。

手入力の際は単位も書き込んで可ですが、フィールド内計算式は非対応。
あとで自己理由で対応するかも。

揃え方向、リーダー文字、揃え文字は任意に変更してください。
リーダー文字は空欄にしてもOKですが、揃え文字はタブストップに必須となるので、
仮に揃え文字を空欄にした場合は「.」(半角ピリオド)が強制的に入ります。
その際、パレット上の揃え文字欄にも半角ピリが入ります。おせっかい。

で、タブストップを追加したい段落群を選択して、プリーズボタンをドン。
(タブストップを追加するだけの物なので段落テキスト内のタブ文字入力などは各自でやってください)

やったー。
という感じです。ラクだなあ。ああよかったなあ。

 

セル群を選択してプリーズした際は、内容の段落群ぜんぶいっぺんにアレします。
対象がセルの場合は組み方向は識別しないので自己責任でどうぞ。


ver_dより、取り込みボタンが以下のようになりました。

先頭挿入点:選択テキストの先頭の挿入点座標を取得
左右中央: 選択テキストの先頭と末尾それぞれの挿入点座標の中間点を取得

Facebooktwitter

InDesign:マンチカン更新 v1.16

アドベント・カレンダーっていうんですか。
カレンダー通りにみんなでかわりばんこになんかアップするやつ。
…という認識で合ってますか。

DTP Advent Calendar 2018というのやるので、それ用に用意するつもりだったんですが、出し物として成立するのを確認してからエントリーしようと思ってるうちにカレンダー埋まっちゃいましたねえw
どーすんだこれww

と、クチにユビ4本くわえてアワワワしてたら,のえるさんの粋な計らいで特別枠を用意していただきました。
ありがたーい。
果たしてトリが務まるのかどうかですけども。


えー本題。
春頃に公開したマンチカンというやつ。
いずれ、(日)(月)…にも対応しなきゃなあとは思っておりますがw
文中の数字を増減したり別種の数字にしたりと、さぞ世界中で大暴れしてくれるかと思ったんですが
(実際のところ正規表現ありきなのでエンドユーザーへの浸透度は推して知るべしなんですが)

行頭の「1)」の2字を「①」1字に置換したい時、なんてのが自分需要でものすごく高くて、
そのくせそんな時こいつ役立たずで。
検索結果が数字だけで構成されていないと動作しない、というハードルを設置していたせいでした。


というわけで、安易にして強力なチェックボックスを増設しました。
設置場所もうちょっとなんとかしたかったものの。

 

チェックが入っていれば、演算の冒頭で ↓ 非常に乱暴な正規表現置換をかちこむようにしました。
val.replace(/[^0-90-9Ⅰ-Ⅸⅰ-ⅸ①-⑳⑴-⒇〇一二三四五六七八九]/g, “”);

カッコで括られた数字、検索置換用に独自のタグでマーキングしておいた箇所、
など、とっぱらってしまいたいオマケ文字を、いい感じにうりゃうりゃできるようになりましたよっ
いや、初回リリースの状態ではできなかったんですよねこれが。ものぐさで。
左のテキストフレームが置換前、右が置換後。

次の課題は、「追加文字列」欄でメタ文字を扱えるようにゼヒ…

あ、で、問題なんですが、いつものスクリプト置き場がはてブのアカウント絡みでログインできず、
すみませんが配布ちょっとまっててくださいっていうw

こんなオチですみませんねえ。

kamisetoさんのご尽力で更新でけました。いつもありがとうございますー。
というわけでダウンロード先は前回と同様ですが、どうぞどうぞ。

Munchkin 1.16.jsx

あーよかった。あーよかった。

 

Facebooktwitter

InDesign:段落スタイル各々の親を晒すやつ

他者がこしらえたドキュメントをさわるにあたり、スタイルを編集する必要が出てきたとき、
目先の段落スタイルをいじったら、ぜんぜん関係なさそうな段落にまで影響しちゃうことがありまして。
直したスタイルが実は他の段落スタイルの基準だった、というやつですね。。
正規表現スタイルなどは特にで、大部分が共通してるからという気持ちもわかるんだけど、作ったあとは基準を[段落スタイルなし]にするなどのケアをケアしといてほしいんだよなあ…

といったボヤキは製作者にもデータにも届かないので、がんばるしかない。
その補助用にスクリプト書きました。


id_viewParaStyleBasedOn.jsx

MacOS 10.10.5 CS6 で動作確認済み
わりとどの環境でもたぶん動くかと。


あそびかた

ドキュメントが開かれた状態で実行すると、
新規ドキュメントに表が作成されます。たったそれだけ。

前面ドキュメントの段落スタイルパネルのようす

実行結果

段落スタイルパネルグループの中身はスペース4個のてきとうインデントで表現してます。
グループ内にグループがあれば、されにてきとうインデントがかかります。
これを参考にして、全体の親になっているスタイルを特定したり、スタイルの親子関係を整えたりできるなあっていう。

やや残念な仕様として、段落スタイルパネル上での並び順はそのままでは再現されません。
上から順に、スタイルがひととおり、そのあとにグループがひととおり、という並びになります。
がまんしましょう。

もうひとつの残念仕様が、右列の基準スタイルは、スタイル名しか教えてあげてません。
その段落スタイルがどの段落スタイルグループに属するのかまで一応わかるんですが、表示がムダに煩雑になるため今回は割愛しました。
なので、みなさんは別々の階層に同じ名前の段落スタイルが存在しているような気持ちわるいデータ作りをしないように心がけましょう。
もしそういうデータを預かってしまったなら、一緒に泣きましょう。

でーす

Facebooktwitter