InDesign:アンカーオブジェクトの基準点がおかしくて直したら位置がぶっとんだときに実行すると変更前の位置になるようオフセット値を調整してくれるやつ

半年ぶりー。
なかなか手ごろな規模のネタがなくて更新久々っすな…
またぞろInDesignスクリプトですけど。

アンカーオブジェクト(もう「付き」つけない。めんどいから)があって、
気軽にサイズ変更すると基準点がヘンテコでチキショーッ、ってあるでしょう。
ヒトが作ったデータだと高確率でコレが来たりして、もうチキショーッ
それをちょっとラクして直すやつ書きました。


id_anchoredObjectHelper.jsx


2020.06.22 ver_b  もっとシンプルに直しました
InDesignたぶんどれでも動きます。
ファイル名は自分でてきとうにわかりやすくリネームしてください。
作者の手元では「アンカー位置なおすやつ.jsx」として活躍しています。

あそびかた

動画こしらえました。(が、最初のバージョンの挙動なので見なくていいです)


〜操作の流れ〜

設定のおかしいアンカーオブジェクトを選択、基準点を適正なものに変更
これで一旦オブジェクトがへんな位置に行きます。とても悲しい。

スクリプト実行

以下、スクリプトの挙動

取り消し
オブジェクトは正しい位置、ヘンな基準点、の状態に戻ります。

座標を取得
正しい位置を覚えます。

やり直し
オブジェクトは再度スクリプト実行前の、正しい基準点、ヘンな位置に。

オフセット値を調整
正しい位置に。

完了

となります。やったーばんざーい。

 

設定のおかしいアンカーオブジェクトを選択 
設定を変えたり、目的の変形したりするのはまだ我慢しててください。

スクリプト実行(1回め) 
実行履歴がない場合はダイアログ表示を割愛し、選択オブジェクトの座標値を記憶します。そのむねアラートでお知らせします。

アンカーオブジェクトの設定を修正 
いい感じにやっちゃってください。その結果、アンカーオブジェクトはヘンな場所に飛ばされますが、それも今は我慢。

スクリプト実行(2回め) 
ここでダイアログが出ます。記憶しといた位置に戻したいので「復元」を押してください。

終了 
アンカーオブジェクトは元のイイ位置になってるはずなので、存分にいじくりましょう。

 

えー、以上。くれぐれもコード見て笑わないでください_(┐「ε:)_
ScriptUI久々すぎてなんかマヌケな書き方しちまいましたが…Switch文とか使ってるしw

 

Facebooktwitter