おさかな:幸せ家族にまみれて

出し忘れてましたよワハハ(忘れたかったのかも知れない)

日時:110814 6:00〜18:30 中潮
場所:東扇島西公園テトラ側〜中腹
仕掛:道糸4号、電気ウキ(1号)+スイベル、オモリ1号+2B、ハリス2.5号、ハリ チヌ4号
エサ:青イソメ(極太)

ぽっかり一日空いたので、がっつり一日やってやろうと思って早朝出発。
 到着一番、幸せ家族の多さにおののく。
とりゃえず、いつもの場所へ。

6:00
 …音沙汰なし。

9:00頃
 背後から自分に向けて罵声が数回聞こえたので一旦仕切り直し。
釣り座を構え直そうか、人並みにキスでも狙ったらいいのかと思い沖側へ歩いてみた。
 適度な間隔で構えられた各釣り座の、ちょうど中間にまた新手の幸せ家族が入り込むもので、
その間隔、実に3m未満。カーニバルの予感。

てきとうな所に入り込み、チョイ投げ仕掛けを用意する間もたせ用にヘチに短竿を垂らしておいた。
 ら、ピッコンと魚信。
どうにもならんセイゴ。セイゴの稚魚、と呼んでしまいたい。



写真だけとってポイ。
 右も左も、カーニバルは絶好調。

11:00
 うだってきたので、竿だけ仕掛けて背後にある草地の木陰で小一時間おねんね。
腕をアリが登るが…眠いから寝た。たくましい。

12:00
 見やると、風下の幸せ家族のパパがオレンジの糸を盛大にたぐっている。
ウチのヘチ竿の糸である。言いたくないけど自分なりに奮発したやつ。
 目が合うや、弁償するという。3,000円請求。
四つ折りしたお札を手渡す際、置き竿したまま席を外すな、と悪態をつかれた。
 風下の狭いスペースにねじ込んできたそちらがよろしくないと思います。
オレンジの糸をたぐり終えた先端に、ようやく竿とリールが戻ってきた。
 海没した竿とリールを水道で洗い流すこと30分。太鼓のリールなので、まあ、許す。
風下の幸せ家族は、不幸せな顔して去っていった。

15:00
 おひるごはん。コンビニまで走り、種類の多すぎる弁当類からビーフカレーを選択。
店先の物陰で炎天下の中、カレーを一気食い。

16:00
 再開。
幸せ家族たちは、各々1〜2匹のキスを釣って満足してほとんど帰られたごようす。
 ウチはあまりにも釣れないのでタモで大粒のクラゲをすくって遊んだりしつつ、日没を待つ。

18:00
 テトラ付近の幸せ家族たちが減らず、定位置に行けなくて煮えてきたので辞去。


釣果
セイゴの稚魚:1


今年2回しか行ってないのか。。
 せめてもう一回行きたいですぞ。いい加減バイクがポンコツ言い出してますけど
Facebooktwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*