InDesign:文字スタイル[なし]にショートカットあてたいのすけ

どこぞで「一人よがりでニッチなスクリプトを必死にたどたどしく書いてるblog」的なご紹介を頂きましたよありがとうございますちくしょうコンニチワ。少なくともそう読めましたw
まあ評価は皆さんにお任せします。
ただ、きちんと報酬ご用意の上でご依頼頂いた方々まで間接的に下げられてしまうことになるのはちょっとなあ、と。
営業妨害かよ。
まあお任せしますよ。めんどくさ。
さておき、


文字スタイル[なし]にキーボードショートカットを設定しようと思ったんですよ。
そしたら、なんだかできないっぽくて、
だったら文字スタイル[なし]をあてるスクリプトを書いてそれにショートカットを、と思ったら、
ごく単純に書いてみたら、確かに文字スタイル[なし]があたるものの、
適用した文字スタイルで設定されていない属性は(つまりぜんぶ)現状を引き継いでしまう…
のか、なんなのか、正直わからんのですが、とにかくあんまり意味がない。いやぜんぜん意味がない。

あと、みんな忘れてないか「クイック適用」。あれの検索欄に「なし」と入れておけば項目がかなり絞り込まれるので試してみたんですが、
困キー+returnで呼び出し、文字スタイル[なし]が選択されている(だろう)ので適用のためにまたreturn。
つごう、リターンキーを2連打するかっこうになるんですが。
このリターンキー2連打、「タタン」だとだめ。クイック適用を呼び出すたんびに毎回検索ワードで絞り込みが始まるので、目的以外のどうでもいい文字スタイルがあたってしまう。
リターンキー「タン、タン」ならOK。「タタン」はダメ。
ウチの電光石火のオペレーションには堪えませんでした。

2018.04.09
だいぶわかりにくかったので補足追記。
たとえば、文字サイズ13Qで明朝、という段落スタイル内の文字に、書体だけゴシックに設定した文字スタイルをあててあり、さらに手動オーバーライドで12Qにしてあったりします。
書体は明朝に戻し体(文字スタイルの適用をやめたい)、でも文字サイズ12Qはキープしたい。
それを実現するのが、文字スタイル[なし]の適用なのです。
冒頭では暗黙に段落スタイルのオーバーライド削除がかかってしまい、不満に悶えている様子を表しております。

で、ちょっと前に別件でテストしてたことがあって、それの応用で
新規文字スタイル(基準:[なし])を作成して、それをあててみたら、きれいに属性が消えてくれました。
あっちがダメでこっちがダメじゃない事情がよくわからんのですが。
まあいいや。
やったー。
ので、そこまでをスクリプトにまとめてみました。


id_disapplyCharacterStyle.jsx

最近のバージョンならたぶんどれでも動きます。
動かしてみて動けば動きます。
いつものことですが。ダウンロード後は自分でわかりやすいファイル名になおしてあげてくださいまし。
おすすめは「エイトビートって『AとBと』じゃないよそんなコード進行あったらおかしいけどちょっとがんばってみてもいいかも.jsx」です。

2018.01.05 ver_b セルを選択した場合など処理されなかったので処理対象を見直し
2018.08.29 ver_c 表全体を選択した場合は非対応だったのを修正
2018.08.29 ver_d 選択範囲なしの時ドキュメントデフォルトを[なし]にするよう追記

新規文字スタイル作成>それを選択テキストに適用>選択テキストに文字スタイル[なし]を適用>作成した文字スタイルを削除>終了
という処理を行っておりますが、取り消しは1回こっきりで戻せます。

ですー。
図版がないけど、まあおっけーですw

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:文字スタイルを重ねたい時あるじゃんすか

というわけで、昨年末の転職以後、もくもくもくもくと組版ばっかりやってます。
それ自体は飽きがちなんだけど(一人前になってない分際で何言うか)、合間合間のスクリプチングや小技の発見でモチベを維持していくショゾンです。

で、文字スタイルを重ねがけしたい時ってあるじゃんすか。ありませんか。そうですか。

でも2つ同時にはかけられないじゃんすか。
でも、そんなんで「下付き+ボールド」とか「下線+イタリック」とか文字スタイル増やしたくない。死んでもやだ(とまでは言わん)

そこで、正規表現スタイルに仕込みを入れるじゃんすか。

おー、やったー。

たまーにかからない時がありますが、てきとうに文字を入れたり消したりしてるうちにかかります(危険w)

いまでも先頭文字スタイルをどっぷり愛用されている場合は使えませんのであしからず。。

あとあと「先頭文字スタイルの終了文字」を挟むつごうで検索や索引作成の妨げになる事だけは留意しておいたほうが。ウチはそれでもやりたい派。
※あとで電子化する人達が苦労するそーです スーマセンスーマセンw

え? スクリプト? ないよ? 何で?
Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:タブ位置ぜんぶずらすやつ

…みたいな、タブ送りまくりのページで、しかもパターンが多様すぎてタブ位置が段落スタイルで管理しきれなくて「もうこれきり触りたくない」「できれば直さず済ませたい」とか思ってたところに、以下のようなヒドい思いつきを突っ込まれまして

イラスターなら問題文の段落の左インデントをマイナス入れるだけで解決するんだけど。

InDesignだと、タブ位置をぜんぶ1こ1こつまんでずらさないといけない。数値入力すると、距離によっては移動じゃなく新規追加されてしまう。
ぎゃー。

という局面に追い込まれてスクリプト書きました。4〜5分w


id_tabStopShifter.jsx

CS6で使用しました。
たぶんどのバージョンでも動く気がします。


カチカチすると、きかれます。
数値を入れます。単位はタブルーラーに準じること。

おおー、やったー

ニッチすぎるorz
でも、たぶんいつか誰かの役に立つはず…
その時は、ご自分の背負わされた作業の不毛さに嘆くのをお忘れなく。
こんなことやらされて、涼しい顔してちゃダメです。おのれー。

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:等間隔で分布のプリセット的なスクリプト

現場からのリクエスト物ですけど。

整列パネルの「等間隔に分布」に定型の「間隔を指定」してけっこうかなりすごく使うんだけど、
いちいち数値の出し入れがめんどい。ごもっとも。ごもっとも。
でスクリプト書きました。


id_distribute_=_0mm.jsx

Yosemite + CS6で動作確認
たぶんNintendo Switchとかでも動きます

2017.09.22 ver_c キーオブジェクト未指定だった場合の挙動を改善しました
2017.11.13 ver_d 水平分布時の記述ミスを修正

あそびかた

ファイル名のルールはこの通り。


(日)垂直方向なら半角イコール(=)、水平方向なら半角アマダレを2本(!!)入れてください。
2017.06.27:当初「||」でしたが、Windows環境で無理とのことで変更しました。すーません
(月)間隔を入れます。単位つき可。単位省略の場合は定規の単位に依存します。0.5mmを「.5mm」と書いてもおっけーです。
(火)お飾りです。お好きな言葉に書き換えても影響ありません。アレとか。
(水)拡張子とアンダースコアはデリケートな部分なのでそっとしておいてください。

という感じでーですね、
毎回わざわざ間隔を入力しなくても、毎回わざわざスクリプトのファイル名を変えるだけで簡単に間隔を指定できちゃうんですねえ。
じゃなくて、
スクリプトファイルを複製して名前をつけて使い分けるかんじです。ショートカットも登録できるし。

引数(適用値)をファイル名で指定する案は、けーっこう前から脳内で「いつか、そのうち、できれば、なるべく」
ってずーっと思ってたんですけど、なかなかやらんですね。

今回もおーけー流星号したんですがバカンス中のようで、
さんに教えていただきました。
スクリプトが書けるからといって決してオブジェクトモデルに明るくないのがウチです。


現状の注意点(あとでなおします) なおし(てもらい)ました 2017.06.23 14:00

・整列パネル上で「間隔を指定」にチェックが入っていないとエラー
・選択オブジェクト群にキーオブジェクトが指定されているとエラー

 

Facebooktwittergoogle_plus