InDesign:段落スタイルの隠し子を探す

あのー、主に自分が作った物ではないデータによくある、
と言いたいところだけど実際自分で作ったデータにもよくあるじゃんすか。

段落スタイルをひとつ編集したら、
それをベースにしている他の段落スタイルもまとめて変わっちゃって大騒ぎになるというやつ。

…それがいったいどれとどれなのか、知りたいことってあるじゃんすか。

まあ、たいがいは塗りカラーをヒョウキンな色にしてみるとまるわかりなんですけども。
にぎやかな4c物では有用でないこともあるかなあ?

ま、ま、とりあえず、スクリプト書きました(最近そればっか)


id_findChildrenStyles.jsx

だいたいの環境で問題なく動くと思います。


あそびかた

目的の段落スタイルが適用されたテキストを選択して、スクリプトをカチカチ。
その段落スタイルを「元」に設定してある段落スタイル、
ついでに「次のスタイル」に設定してある段落スタイルを探し出し、名前だけお知らせします。
孫までは面倒みません。年金暮らしなので。
ここからどうするかはご自由にどうぞどうぞ。

そろそろ、とっちらかっら記事を見やすく一覧する手段を講じないとまずいっすな。。

 

でーす。

 

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:再校で段落コンポーザーをこっそり直して知らんぷりする時に使うやつ

まーその、やらかしました、はい。

新しい環境で、ワークスペースや環境設定の持ち込みも間に合わず、組版ルールに従ってゼロからスタイル作り込んで、とか初々しくやってたつもりが、すっかり見落としてたんです。日本語段落コンポーザーで140ページほどどどどっと流し込みました。

はっや、さっすが、とか言われてエヘヘーとか、思い出すだに恥ずかしい。。
再校時、ちょっぴり赤字訂正したら前の行がニョコニョコッと動いたもんで吠え面。。

そんでその、
一旦ぜんぶ単数行コンポーザーに直して、強制改行を入れながら追い込んだり追い出したりとか、校正紙と見比べながらごにょりごにょりとやってたんですが、ほんの4ページほどですぐにくじけきり、
スクリプト書きました(最近ほんとこの流ればっかり…)


id_compareComposer.jsx

お手元の環境で動かない方はがまんしましょう。


あそびかた

「誤って『Adobe 日本語段落コンポーザー』で組んでしまって、『Adobe 日本語単数行コンポーザー』に直してみたけど行の折り返し位置が変わっちゃって吠え面かかされたテキストフレーム」を選択してスクリプトをカチカチ。
ストーリーをいじるので、選択するテキストフレームはひとつだけでおっけーです。
あ、実行時にカラースウォッチ「C=100 M=0 Y=0 K=0」を使いますので、削除しちゃってる場合は動きません(不親切)
ストーリーに関わるテキストフレームがすべて新規レイヤーに複製され、「Adobe 日本語段落コンポーザー」が適用され、文字の塗りカラーはC100になります。このレイヤーはロックされます。
スタイルに改変は加えないので、確認作業後にご自分で編集してください。

あとはズレのある行を見つけて手動でちまっちま直しましょう。これまで自動化してしまうと人に配るのがちょっとこわいのでやってません。

場合によっては行の増減が発生して見づらい箇所もあるかと思うので、

そこはギョギョーム、ギョギョーマー、ギョギョモジャーなどを駆使してしのぎましょう。

 

お客さん、ご新規さんだったんだけど、早いですねーキレイですねーって喜んでたって…(´;ω;`) スマナンダス

というわけで、実践投入がてら試してみたい人はぜひわざと間違えて初校を提出しましょう。

でーす。

Facebooktwittergoogle_plus

InDesign:セル群それぞれ結合 & セルのコピペ後に属性だけ復元

鮭がひたすら川の上流を目指すように、DTPオペレーターはデザイナーを志して然るべし、
と思っていた時期が長かったんですが(そのくせがんばってはいなかった)
トータルでディレクションできないぶんにはもにょる作業ばっかり多くて…
もうトシもトシなので、まず問題なく一丁前にできる事をやるのが筋だよなあ、てのもあり。

というわけで、行きがかりですが転職しました。年末に。
素人指示の素人赤字な現場にいたせいで、久々に組版してますという実感。自動化がいくらでも生きる職種。
つまり、イラスター現場からインデデ現場に戻ってきました。
以前のように慌ただしい月刊ファッション誌などではなく書籍系ですね。

そんなんで、また今後InDesignの記事ばっかりになっていくと思います。
というかInDesignしか触らないので、ほかの2つはほかの場でのみ使う感じになりそです。
衰えがこわい。


で、こないだ片付いたのがQuarkドキュメントの改版をInDesignで、というやつ…
もう聞いただけで笑顔が曇りますが。ひとごとならよかったのだがw

中でも表組が、あのー、
タブ送りの複数行に罫線を別置きしただけのやつ。


このまま表に変換してやればいいんだけど、各種セル属性の設定がめんどうなので作り置きの表に流し込みたい。
でも構造上、複数行のセルは実質複数段落でできているので、表に変換するとセルが小分けになっちゃってしまっちゃう。

ので、セルの結合をしたいんだけど、たとえば「n列の3、4行のセルを結合」を列ごとに、みたいなことは一括ではできない(と思う。標準機能で方法わかる方いらしたら教えてください)。

ので、スクリプト書きました。


id_mergeEachLines.jsx

お手元の環境で動かなかったらがまんしてください。


あそびかた

結合したい単位でセル群を選択します。
選択は、1行または1列以内であることが条件となります。
(作り込んでないので)

スクリプト実行します。
上図のような選択であれば、2行分のセルを列ごとに結合します。

で、このような結果に。

逆に、実行時にこのように選択していると、今度は行ごとに結合します。

という判別をしているので、2×2ごとに4つずつ結合、とかは今のところ非対応です。
できると便利なんだろうなあ!(中空を見つめている)


もうひとつある

で、で、整形された表になったとして、ヒョーマットにどう流し込むか、って事なんですけども。
選択セル群の行/列の個数が一致していれば表to表でコピペができます。
が、セルの属性もまるごとペーストされちゃってしまっちゃいます。
表スタイル/セルスタイルなどの用意があっても適用しなおしはちょっとめんどくさい。

ので、スクリプト書きました。


id_restoreCellStyles.jsx

お手元の環境以下略


あそびかた

まず、属性が崩れてもいいので、かまわず一旦コピペしちまいます。

ペースト後の選択状態を残したまま、スクリプトを実行。
セルの文字列を覚えて、ペーストを取り消しして、あらためて文字列を移植する、という処理です。

おーやったー。

コピー元とペースト先、同時には選択できないため、このような設計としてみました。
瞬発的に書いたものなので、複雑なカタチの表では試しておりません。

さあさあさあさあ早く帰りましょう。

 

でーす。

Facebooktwittergoogle_plus

「shag」のこと

えー、長く携わっておきながら自分のblogでは一切触れていなかった「shag」について、
現状とこれからのことをお話します。

「shag」計画は、中綴千頁さん作「仕上げ屋」を原型とする模倣品を制作とする物でした。
当時、本家のほうはInDesignのバージョン対応を兼ねた新バージョンがリリース目前、調整中といった様子のまま長らく動きを見せておらず、主要機能の模造を依頼されたときは業界の需要を感じ、なんとかかんとか形にしてリリースしました。
これがshagバージョン0.46です。

このあと、幾人かの開発協力を得てshagは機能を増やし、精度と信頼性を上げていきました。
当時のウチはコレを実務で大いに活用していたので、有用と思われる機能の発案はとどめるところを知らず。できるかできないかは後で考えるといった体で次第にパレットは肥大化していきました。ハリボテですけど。
それでいて操作性はそれなりのわかりやすさであったと自負していますが…
作り始めた当初、ここまで巨大なスクリプトになるとは思わず、ついついダラッとした設計をしてしまい、後でものすごく苦しむ事になりましたが。

といった流れでみちみちと完成に近付いていってたのですが。
が。
2014年夏、身辺に変化が起こりました。転職というやつです。
これにより、実務での実用・テストの機会を失いました。
加えて、アイドル歌手という職業に於けるタイトなスケジュール管理の下での開発時間捻出は非常に困難となりました。
ウチだけでなく主要開発陣についても同様の変化があったようです。
みんな忙しすぎて身動きが取れないのです。仕事の単価は下がる一方です。

そうしてほぼ2年が過ぎまして。
フリー版としてリリースした物に含まれていない機能は2つ。
処理範囲指定とフィルタリング。
処理範囲指定は完成しております。
画像の種類でふるい分けするフィルタリング機能は、脳内では完成しておりましたが手つかずに終わりました。
拙作「SelectionExpander.jsx」のソースを応用すれば雑作もない事ではあったのですが。

以上で「shag」計画はひとまずの区切りをつける形となりました。

今後のこと

正直なところ、当時の自分が書いたコードを今の自分が見て思った事は
「ぜんぜんわからん」、「ぐちゃぐちゃだなあ」、「見たくないなあ」です。
しかし根幹から書き直す時間的余裕はありません。
今後ですが、
・実装予定で結局実装しなかった機能のコントロールを削除(トルツメ)
・いずれ公開しようとしていたPro版にのみ搭載していた機能(ページ範囲指定など)を有効化
を整えた物を最終版として公開、以後はサポート作業のみ
という事で開発陣一同、手打ちとなりました。
それへの着手もいつになるかさっぱり見えないのですが。。

以上、さえない状況報告でした。

Facebooktwittergoogle_plus