PlaceOptionalText_2.13 荒ぶる

リファレンストップページへ

英語の記事でよく新製品の発表が近くなると見出しのケツに「Aravulu」とかローマ字で書いてあるような気がしたので真似してみました。とても自信がない。

ダウンロードはこちら(vector)

2.12からの変更点、1つだけとなります。
・流し込み後、「強制的にドキュメントを他のScriptUIをさしおき最前面に出す」というこれまでの仕様をMac版CS3に限定しました。

ずっと、当のMac版CS3主体で開発していたもので気付くのが遅れましたが、
Mac版だとCS4以降、ScriptUIとドキュメントが「俺が前面」「いや俺が」というケンカをしなくなっていたようです。
CS3では、ドキュメント上の作業中にScriptUIパレットを操作したくなったら、パレットを一度クリック選択してアクティブにしてからでないと操作ができなかったのです。たった一度ボタンを押すだけでも、つごう2回のカチッが必要でした。
もちろん、その後再びドキュメント上のオブジェクトを触ろうとするならば、まずドキュメントウィンドウをクリックして前面に出さないと操作できませんでした。
過去にその煩わしさをどうにかしようともがいた経験もあり、その産物でストリプクパネルというそこそこ便利な玩具も出来たわけではありますが。。

POT2では、その輪図輪らしさを少しでも緩和しようと、今回の変更点の元の状態を仕上げたのでありますが、逆にそれがアダとなりCS4上でもCS3と同様の不便な挙動をしてしまっていたようです。
しかも、たまに何かの拍子で一回のクリックで動いてしまう事もあるようで大変こわい。

そして、Windows版はというと、CS3から既にScriptUIパレットを直接操作できる仕様なのだそうです。一杯食わされました。はい、Windowsのくせに生意気だと思いましたすいません。

ですので、元から便利になっているバージョン or プラットフォームでは迷惑をかけないように修正しました。

注意点ですが、これまでの仕様に体が慣れた状態で適用ボタンを「カチカチ」してしまうと、同じテキストフレームに続けざま2つのテキストアイテムが流れてしまう恐れがあります。ご注意下さい。

余談として「IFA_id」も同様に変更しましたが、こちらは現状ユーザがいないので(笑)

あ、あとバージョン2.20を準備中です。

リファレンストップページへ

 

Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*