PlaceOptionalText_2.0/リファレンスマニュアル トップ

みなさんの人気者(妄想)PlaceOptionalTextが2.0になりましたということですが、

 今回より、憎まれっ化を承知でシェアウェアとなります。収益は恵まれない家庭の為に使われます。

1.3以前をお使いの方はいろいろご不便でしょうけど、そのまま使って頂いて構いません。

 また、バージョン1.3の最終版1.3mは、2011年7月31日をもって使用できなくなります(土下座)

よろしくお願い致します(m_ _m_ _m)

05_まとめて流し込む その2

06_まとめて流し込む その3

07_一部分に流し込む

08_原稿の一部分を使う

09_原稿を編集する

10_スタイルごとに流し込む

11_表組内に流し込む

12_外部スクリプトの連動 その1

13_外部スクリプトの連動 その2

 

リリースノート

2011.07.20 2.00 リリース

2011.08.01 2.01 スタイル保持機能に関する国宝級のバグを大慌てで修正 Vector FTPの更新は8/4〜あたりと思われます。すごくすみませんorz

2011.08.05 2.04 新OS(OSXラーヨン)対策として、ID生成ルーチンを一部変更しました。新ID発行のお願いを順次しております。ベクターよりシェアウェア登録予定の方は、ダウンロードしたスクリプトのバージョンが2.04以上なのをご確認の上手続きを続行してください。ご迷惑をおかけします。

2011.08.12 2.10 2.00→2.01の修正時のコンソール書き出しテストの命令を消し忘れており、スタイル保持を使用するとExtendScriptToolKitが起動してしまう不具合を修正(すみませんすみません)

テキストアイテム不足で流し込みされなかったテキストフレームを事後の選択範囲から除外するよう修正

アイテムリストの表示文字数を6w→20wに変更

アイテムリストの天地のテキストアイテム間隔をやや拡張

パレットリサイズ時、左のアイテムリストも拡大するように変更

2011.08.22 2.11 テキストファイル読み込み時、分散禁止スペース(Jedit Xなどで▲に見える記号)を半角スペース同様に空行扱いに含むよう修正

2011.09.13 2.12 複数の段落スタイルで管理されたテキストに「スタイル保持」で流し込むと2つ目以降の段落スタイルが1つ目のスタイルに同化してしまうアプリケーション仕様による不具合を修正

2012.02.22 2.13 Mac版CS3以外での動作を改善

2012.07.18 2.20 環境設定を設置

findingGREPforPOT2.jsx の連動機能を追加

流し込み前の外部スクリプト連動機能を追加

Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*