Illustrator:アートボードを「フィッ」とするやつ

ひさびさのイラスター案件ですけども。
ここんとこは図版は専任がいるので自分では微調整ていどしかあまり用がなくて。
でもまあ、アートボードの整備がされてなかったりするですよ。

で、アートボードサイズをオブジェクト(群)に合わせる機能が元からついてますけど。
四辺とも動いてしまうのが都合よくない、という局面がなかなか少なくない。
ので、スクリプト書きました。

アートボード調整じたいは前に自分でもやったことあるんですが、つい予告的にTwitterでぼやいてしまい、
あるふぁさんが140字以内で書いてくださいました(いつもすみませんw)。
あとあれだ、メニューコマンドをいくつか使いたかったのでtenさんのところをがっつり参照しました。いつも助かってます。実際のところココに書かれてないコマンドを使ったんだけど、まあ実際助かりましたw

とりゃえず手間のない範囲でいくつか機能を増やしてscriptUIつけてみました、ということで


ai_artboard_fitter.jsx

MacOSX Yosemite IllustratorCS6とCC2017で動作確認
CS4以降で動く予感がしますが。
ダメならいいとこで落ちると思うので、実行前はなんとなくドキュメントを保存しておいてください。


あそびかた

ダイアログ外観こんなかんじ。

各コントロールとくに説明は必要なかろうかと思います。
だったら見てすぐわかる名前つけろよって話ですけども。
あのーPanasonic製のリモコンとか、そうですよね。「再生」とか「巻き戻し」とか大きく書いてあるよね。。
ま、いいや

プリーズボタンを押すと、アクティブなアートボード
チェックを入れた辺だけがオブジェクトにフィットします。


「アクティブなアートボード」について

説明が必要か微妙ですが、いちおう。
アートボードパネル上でハイライトされているのがアクティブなアートボードです。
アートボードツールでドキュメントウィンドウ上で直接さわって切り替えることもできます。
アートボードツールを持ったとき、点線で囲まれているのがアクティブなアートボードです。


「オブジェクト全体」について

説明が絶対必要だと思うんですが、

アートボードオプションの標準機能「オブジェクト全体に合わせる」は、「隠す」されたオブジェクトを無視します。

でも非表示レイヤー中のオブジェクトは無視されません。
サブレイヤーはというと、これもレイヤーと同様、無視されません。
この意味のわからん仕様を踏襲するためにムダに苦労するハメに。。

とにかく、仕様としては自分の用途にそぐわない&まったくもって気にくわないので、
隠すだろうがレイヤー丸ごとだろうが、当スクリプトの初期値では非表示オブジェクトはすべて無視するように設定してございます
標準機能通りの仕様で使いたい場合はチェックボックス「include〜」をオンにしてくださいまし。

※図版の色味が全体にくすんくすんしているのは、スクショをCMYKドキュメントに配置してしまったせいですorz

Facebooktwittergoogle_plus

4 thoughts on “Illustrator:アートボードを「フィッ」とするやつ

  1. いつもお世話になっております。
    win7cc2015にてバッチリ動きました!
    のですが、当verのイラスターには「クリッピングした元画像の大きさはオブジェクトの大きさとして計算する」という大変ありがたい機能が備わっており,これに関しては無視できていないみたいです。
    丁度最近この仕様に関して「有り難いなぁ…」と思うことがありまして試してみた次第です。
    なんとか回避できないでしょうか?
    あと、貴ブログに肝心のスクリプトのリンクが貼られていないみたいです。
    (自分はkamisetoさんの所から頂戴しました)
    よろしくお願いしますm(_ _)m

    • すみませんリンク直しました。ありがとうございますー。
      ご指摘の件、CC2017で見てみたんですが要領を得ず…
      おっしゃるところのクリッピングとはごく一般のクリッピングマスクの事でしょうか?

  2. おっしゃる通り普通のクリッピングマスクの事です。クリッピングするのは画像でもパスでも違いはありません。
    さらに検証してみたところ…
    オブジェクトを何も選択せずアートボードオプションの「オブジェクト全体に合わせる」→クリッピングされたオブジェクトを含んだ大きさ
    オブジェクトを選択して「オブジェクト全体に合わせる」→クリッピングされたオブジェクト含まず
    オブジェクトを選択して「選択オブジェクトに合わせる」→クリッピングされたオブジェクト含まず
    となりました。2017では改善されてるのかも知れませんね。
    ありがたいなぁ…

    • 仔細にありがとうございますっ理解できました。
      3パターン試したところCS6とCC2017で差分ありませんね?

      ひとまずスクリプトの方はいつでもクリッピングされたオブジェクトを拾ってしまうので、
      オリジナルに寄せるようちょっとやってみます(お時間いただきます…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*